新・必殺仕置人 第31回~第40回パック

  • 料金:200メダル
  • 視聴期間:14日間

購入する

【10話パック】
第31回~第40回がご視聴いただけます。

パック内容

第31回「牢獄無用」

  • 時間:46分
  • 放送日:1977/8/26

伝馬町の牢で、囚人たちが病弱の奉行を人質にたてこもった。牢にいる仕置の相手、船頭かしらの常神の十郎太(清水紘治)の様子を探るため、牢内にもぐりこんでいた巳代松(中村嘉葎雄)…

>>詳しくはコチラ

第32回「阿呆無用」

  • 時間:46分
  • 放送日:1977/9/2

三年前、阿波の徳島から江戸に出てきたおみつ(小坂知子)は、主水(藤田まこと)が袖の下をせしめたり、おてい(中尾ミエ)のスリの現場をみては金をせびり、主水らを手こずらせていた…

>>詳しくはコチラ

第33回「幽霊無用」

  • 時間:46分
  • 放送日:1977/9/9

船蔵に入ったままの将軍家御座船に幽霊が出るというもっぱらのウワサ。主水(藤田まこと)に探索役のお鉢がまわり、しぶしぶ船蔵に出かけるが、お船蔵番・宇津木和市(藤原釜足)の娘婿…

>>詳しくはコチラ

第34回「軍配無用」

  • 時間:46分
  • 放送日:1977/9/16

江戸の人気を二分する関脇の綱錦(大前均)と刀の岩(団巖)。このふたりの大関の座をかけた大一番で、立行司・日下清風(岩田直二)の軍配は綱錦にあがるが、旗本の飯塚典馬(中村孝雄…

>>詳しくはコチラ

第35回「宣伝無用」

  • 時間:46分
  • 放送日:1977/9/23

輪島塗りの商いのため、娘のおゆみ(桑垣浩子)と共に江戸にやってきた平蔵(小林尚臣)は、勘当中の義理の兄・宇之吉(有川博)に会った。
宇之吉は、塗り問屋の唐木屋と手を組み、…

>>詳しくはコチラ

第36回「自害無用」

  • 時間:46分
  • 放送日:1977/9/30

仕置人探索の命を受けた与力の福原(新田昌玄)は、自分の邸で働く仲間の粂次(藤江喜幸)をだまして、妻の志乃(荒砂ゆき)に不義を働くようしむけ、粂次を殺した。粂次の姉のお糸(テ…

>>詳しくはコチラ

第37回「生命無用」

  • 時間:46分
  • 放送日:1977/10/7

島帰りの銀造(垂水悟郎)は、預り証に細工しては悪どい金もうけをしている質屋・大黒屋(天津敏)の手先となっている伜の銀平(高峰圭二)を戒めるため、自分の腕をたたき切った。銀平…

>>詳しくはコチラ

第38回「迷信無用」

  • 時間:46分
  • 放送日:1977/10/14

丙午(ひのえうま)に生まれた材木問屋・檜屋の娘おもん(鮎川いづみ)の亭主が二人も事故で死んだ。自分は不幸を呼ぶ女だとおもんは気も狂わんばかり。だがすべては、死んだおもんの父…

>>詳しくはコチラ

第39回「流行無用」

  • 時間:46分
  • 放送日:1977/10/21

江戸の町で、飾り職人・藤五郎(江幡高志)の作った細工物が大変な人気。その藤五郎の二代目の跡目を清太郎(石沢健)が継ぐことになった。驚いたのが、藤五郎の娘・おくみ(村地弘美)…

>>詳しくはコチラ

第40回「愛情無用」

  • 時間:46分
  • 放送日:1977/10/28

正八(火野正平)は、川原で仕置人のお徳(八木孝子)が仲間の長次(戸浦六宏)一味に殺されるのを見た。男ができたので仕事をしぶったお徳は始末されたのだ。
お徳の男というのは、…

>>詳しくはコチラ

(C)ABC・松竹
ページトップへ戻る
Copyright(C) tv asahi All rights reserved.