必殺仕掛人 全話パック

  • 料金:330メダル
  • 視聴期間:30日間

購入する

第1回~最終回(全33回)がご視聴いただけます。

パック内容

第1回「仕掛けて仕損じなし」

  • 時間:48分
  • 放送日:1972/9/2

新番組、池波正太郎の原作を素材として、テレビドラマ化したもの。仕掛人、即ち殺し屋を主人公とした異色の時代劇で、三人の仕掛人には、山村聰、林与一、緒形拳の三人が扮し、個性を生…

>>詳しくはコチラ

第2回「暗闇仕掛人殺し」

  • 時間:48分
  • 放送日:1972/9/9

仕掛人、藤枝梅安(緒形拳)が別の仕掛人に狙われることになった。依頼人は昔、梅安のために妻を殺された小野寺源十郎(遠藤達雄)という男。
一方梅安も音羽屋半右衛門(山村聰)の…

>>詳しくはコチラ

第3回「仕掛けられた仕掛人」

  • 時間:48分
  • 放送日:1972/9/16

女好きの仕掛人、藤枝梅安(緒形拳)は、殺す相手が女だと聞いて油断したため大失敗。その女というのは盗賊の首領、御座松の孫八(小池朝雄)の情婦、お照(弓恵子)で、今はろうそく問…

>>詳しくはコチラ

第4回「殺しの掟」

  • 時間:48分
  • 放送日:1972/9/23

半右衛門(山村聡)のところへ商人、山形屋徳兵衛(金田竜之助)が、知り合いの町医者、木下玄竹(寺島雄作)と一緒にやってきて"殺し"を頼んだ。松永彦七郎(亀…

>>詳しくはコチラ

第5回「女の恨みはらします」

  • 時間:48分
  • 放送日:1972/9/30

殺しの依頼は、油屋相生屋の下請、亀屋利助(宮本曠二朗)、相生屋の息子、仙太郎(笠原明)ほか五人の若者たちに一人娘おいち(丘夏子)を乱暴され、おいちは気がふれてしまったのだ。…

>>詳しくはコチラ

第6回「消す顔消される顔」

  • 時間:47分
  • 放送日:1972/10/7

深川の木場の材木問屋、文珠屋多左衛門(三国連太郎)は、火事のたびに、自から避難民に救いの手をさしのべ「人助けの多左衛門」と呼ばれていた。
藤枝梅安(緒形拳)は、音羽屋半右…

>>詳しくはコチラ

第7回「ひとでなし消します」

  • 時間:47分
  • 放送日:1972/10/14

殺しの依頼は御家人、伊庭頼之丞(中尾彬)の妻、お此(河村有紀)、夫を殺してほしいという。一度は断った音羽屋半右衛門(山村聡)も、内情を調べた結果、殺しを引き受けた。
だが…

>>詳しくはコチラ

第8回「過去に追われる仕掛人」

  • 時間:47分
  • 放送日:1972/10/21

西村左内(林与一)は偶然、以前同藩だった松岡弥太郎(東野孝彦)と出会った。六年前二人は同志の者数名と奉行、矢部主膳(戸浦六宏)に直訴したが、その時左内は反省の色のない主膳を…

>>詳しくはコチラ

第9回「地獄極楽紙ひとえ」

  • 時間:47分
  • 放送日:1972/10/28

御寄屋坊主の伊皿子日乗(神田隆)は、人の弱点をつかんでゆすりを働いていた。今もやむを得ず公金を使い込んだ小心の勘定方、桜田嶺之進(剣持伴紀)をおどし、嶺之進の妻、千代(笠原…

>>詳しくはコチラ

第10回「命売りますもらいます」

  • 時間:47分
  • 放送日:1972/11/4

小間物屋の伊助(園井啓介)は病身の妻おりん(日高なみ)と幼い吉太郎(岡本崇)の三人暮し。その伊助が音羽屋半右衛門(山村聡)に実の兄、巳之吉の殺しを頼んできた。巳之吉は島帰り…

>>詳しくはコチラ

第11回「大奥女中殺し」

  • 時間:47分
  • 放送日:1972/11/11

今回の殺す相手は江戸城大奥の筆頭年寄、浦尾(磯村みどり)という女。三千人の奥女中を取締る地位にあり、その顔を半右衛門(山村聡)はじめ左内(林与一)や梅安(緒形拳)たちは知ら…

>>詳しくはコチラ

第12回「秋風二人旅」

  • 時間:47分
  • 放送日:1972/11/18

梅安(緒形拳)と左内(林与一)は京都の仕掛人の元締、白子屋菊右衛門(原健策)に仕掛の仕事で招かれた。菊右衛門の配下で昔なじみの彦造(小林昭二)と気楽な道中を続けていた梅安は…

>>詳しくはコチラ

第13回「汚れた二人の顔役」

  • 時間:47分
  • 放送日:1972/11/25

両替屋の唐津屋伝兵衛(市川男女之助)はバクチ好きの息子、貞次郎(酒井修)のために店も、一人娘、志乃(尾崎奈々)も失いかけていた。その相手は内藤新宿を縄張りにする角筈の重五郎…

>>詳しくはコチラ

第14回「掟を破った仕掛人」

  • 時間:47分
  • 放送日:1972/12/2

別な仕掛人の一味が汚いやり方で半右衛門(山村聡)たちの邪魔を始めた。旗本、井島玄斉(下条正巳)から依頼の殺しも、半右衛門たちはおとりに利用されただけで、殺しは他の仕掛人たち…

>>詳しくはコチラ

第15回「人殺し人助け」

  • 時間:47分
  • 放送日:1972/12/9

新興の仕掛人、烏越の松十郎(津川雅彦)は、半右衛門(山村聡)たちを失脚させ勢力拡大をねらっていた。まず梅安(緒形拳)がわなを仕掛けられ、同心の畠中孫三郎(寺島達夫)に追われ…

>>詳しくはコチラ

第16回「命かけて訴えます」

  • 時間:47分
  • 放送日:1972/12/16

代官の悪政と村民の窮状を訴える書状を持って、百姓の弥んぞ(松橋登)と甚八(林ゆたか)は江戸へ向った。代官からの追手もあり、老中への直訴は重罪だし文字通り命がけの旅なのだ。

>>詳しくはコチラ

第17回「花の吉原地獄の手形」

  • 時間:47分
  • 放送日:1972/12/23

下総二十五ヵ村の大庄屋、庄右衛門(加藤嘉)は、村人たちの信頼を悪用して、江戸では藩の留守居役、深尾金太夫(西山辰夫)と結託して甘い汁を吸っていた。年貢の重さに耐えかね一揆の…

>>詳しくはコチラ

第18回「夢を買います恨みも買います」

  • 時間:47分
  • 放送日:1972/12/30

若い浪人武宮源之丞(近藤正臣)は、富くじ興行の蓮華寺の用心棒だが、美人芸者おぎん(野川由美子)を通じて梅安(緒形拳)たちを知り、左内(林与一)と親しくなる。
半右衛門(山…

>>詳しくはコチラ

第19回「理想に仕掛けろ」

  • 時間:47分
  • 放送日:1973/1/6

反幕府の学者、清沢正堂(佐藤慶)は同志の浪人たちと、時の実力者老中や若年寄らをつぎつぎと暗殺、幕府に追われていた。正堂の大胆な行動と、彼に心服する愛人鳴枝(珠めぐみ)に左内…

>>詳しくはコチラ

第20回「ゆすりたかり殺される」

  • 時間:47分
  • 放送日:1973/1/13

徒目付一色主水(高野真二)は岡っ引きの仁助(玉川長太)と組んで商人をゆする悪徳役人。利根屋はついに骨までしゃぶられ一家心中。仲間が金を出し合い半右衛門(山村聡)に主水殺しを…

>>詳しくはコチラ

(C)ABC・松竹
ページトップへ戻る
Copyright(C) tv asahi All rights reserved.