必殺仕事人V・激闘編 全話パック

  • 料金:330メダル
  • 視聴期間:30日間

購入する

【全話パック】
第1話~第33話(全33話)がご視聴いただけます。

パック内容

第1話「殺しの番号壱弐参」

  • 時間:46分
  • 放送日:1985/11/15

奉行所の仕事人狩りがいよいよ厳しくなり、主水らは裏稼業から手を引いて鳴りを潜めることに。しかし困窮した加代は、標的が北町奉行とは気付かずに闇の会からの仕事を引き受けてしまう…

>>詳しくはコチラ

第2話「大仕事!大名殺し」

  • 時間:46分
  • 放送日:1985/11/22

江戸市中では、井戸水を飲んで急死する者が続出。何者かがあちこちの井戸に毒を入れたらしく、奉行所は警戒にあたることに。そんな中加代は闇の会で仕事を請けるが、その標的は江戸留守…

>>詳しくはコチラ

第3話「大難関!大奥女ボス殺し」

  • 時間:46分
  • 放送日:1985/11/29

闇の会に出席した加代は、大奥御年寄・阿茶局殺しを五十両で請けることに。しかし主水・竜・政は、この難仕事を素っ気なく断ってしまう。そこに現れた弐は、加代に仕事料の大半を分け前…

>>詳しくはコチラ

第4話「顔と態度で損した親分の一生」

  • 時間:46分
  • 放送日:1985/12/13

今回の仕事の標的は、「関八州一の親分」と呼ばれ民百姓にも人望が厚い上州伊香保村の親分・仁吉。主水らはさっそく伊香保へ向かうが、そこで加代はこの仕事の依頼人を見かける。男の正…

>>詳しくはコチラ

第5話「りつの家出で泣いたのは主水」

  • 時間:46分
  • 放送日:1985/12/20

奉行所に「鬼を見た」という訴えが相次ぎ、主水は目撃談のあった芝・金杉へ赴く。が、そこには南蛮渡来品を扱う長崎屋があるだけで、鬼などいるはずもない。その頃闇の会に出席した加代…

>>詳しくはコチラ

第6話「加代、丸坊主になる」

  • 時間:46分
  • 放送日:1985/12/27

今回の標的は、芝・建徳寺の大僧正・隆顕。しかし隆顕は公方様も一目置く大物で、常に屈強な僧兵を従えた難敵であった。政の調べによれば、この寺は駆け込み寺として有名な尼寺・忍性院…

>>詳しくはコチラ

第7話「主水、正月もまたイジメられる」

  • 時間:46分
  • 放送日:1986/1/10

闇の会に、評判の悪い新興やくざ・入船屋銀平殺しの頼みが入った。頼み人は、梅若一家の老やくざ・滝夜叉の佐吉。しかし仕事料は安く、やくざの助太刀仕事ということもあってこの依頼は…

>>詳しくはコチラ

第8話「初夢千両殺し」

  • 時間:46分
  • 放送日:1986/1/17

京の闇の会から、「姉三六角蛸錦」と呼ばれる外道仕事人一味を仕置して欲しいという依頼が。前渡し金だけで五十両という大仕事に張り切る加代は、奉行所務めの主水を残して竜や政と共に…

>>詳しくはコチラ

第9話「せん、むこ殿をイビる」

  • 時間:46分
  • 放送日:1986/1/24

近頃江戸では、金を貰って盗みを働く「盗み屋」なる商売が噂になっていた。そんな中、加代は火盗改方頭・神谷一徳殺しの仕事を請けることになるが、仕事料が少ないため主水には頼み辛い…

>>詳しくはコチラ

第10話「主水 雀の丸焼きを食べる」

  • 時間:46分
  • 放送日:1986/1/31

将軍の甥・田安忠清は、噂では仕官を餌にして集めた貧乏浪人を嬲り殺しにする「人間狩り」を楽しんでいるという。そんな中、闇の会に田安殺しの依頼が入った。加代が迷っている内にこの…

>>詳しくはコチラ

第11話「加代、何でも屋婆さんに驚く」

  • 時間:46分
  • 放送日:1986/2/7

加代と同じ長屋に住む偏屈な婆さん・ぎんが、北町奉行所同心・中村左門を仕置して欲しいと闇の会に頼んできた。おぎんに肩入れする加代はたったの二両でこの仕事を請けるが、主水らは首…

>>詳しくはコチラ

第12話「頼み人は津軽のあやつり人形」

  • 時間:46分
  • 放送日:1986/2/14

女のお化けが出るという苦情を調査するため上野の森へ向かった主水は、そこで盲目の三味線弾き・小吉とその兄で人形遣いの喜太郎と出会う。一方闇の会に出席した加代は、陸奥藩主・田野…

>>詳しくはコチラ

第13話「主水の上司 人質になる」

  • 時間:46分
  • 放送日:1986/2/21

加代が闇の会から、奇妙な仕事を請け負ってきた。依頼人は旅芸人の娘で、標的は十年前に彼女の両親を惨殺した押込み強盗の二人組み。だが、分かっているのは一人の左腕に刀傷があること…

>>詳しくはコチラ

第14話「せんとりつ 不倫する」

  • 時間:46分
  • 放送日:1986/2/28

画商・南雲堂の主人・徳兵衛は、若年寄主催の絵の展覧会で息子を入選させ「将軍家御用絵師」にするため、審査員の買収を画策。しかし邪魔なのは、貧しいが腕の良い絵描き・重春であった…

>>詳しくはコチラ

第15話「主水、卵ひな人形をこわす」

  • 時間:46分
  • 放送日:1986/3/7

八千石の大名・八島は、ひな人形の蒐集が趣味。材木問屋・大黒屋重兵衛は、ひな人形作りの名人・荒月の最新作を八島のために手に入れようと画策。しかし荒月は、今作っている七段びなを…

>>詳しくはコチラ

第16話「主水、クモ男を捕り逃がす」

  • 時間:46分
  • 放送日:1986/3/14

主水は、長屋住まいで覗きが趣味の老人・茂平次を注意することに。そんな中闇の会に出席した加代は、茂平次が吉原の総元締・丁字屋松ヱ門殺しを五十両で依頼したことを知る。結局請ける…

>>詳しくはコチラ

第17話「江戸の空にハレー彗星が飛ぶ」

  • 時間:46分
  • 放送日:1986/3/21

金持ちで有名な蔵前の札差・筒見屋藤兵ヱが、加代を嫁にもらいたいと言い出した。ケチで有名な藤兵ヱは、先日偶然見かけた加代のがめつさが気に入ったというのだ。金に目が眩んだ加代は…

>>詳しくはコチラ

第18話「主水、お嬢様に振り回される」

  • 時間:46分
  • 放送日:1986/3/28

近頃江戸では、「お嬢様」が大人気。これに目を付けた加代は「お嬢様養成講座」を開くことにし、政の知り合い・お千賀に琴の先生を頼む。その頃お千賀の息子・仙之助は、両替商・武蔵屋…

>>詳しくはコチラ

第19話「主水、羊かんをノドにつめる」

  • 時間:46分
  • 放送日:1986/4/18

品川問屋場の人足・助五郎が仲間の人足二人を殺して逃亡。問屋場を束ねる廻船問屋・天狗屋唐ヱ門は助五郎の人相書きを江戸中に撒いた。そんな中、闇の会に唐ヱ門殺しの依頼が。頼み人は…

>>詳しくはコチラ

第20話「主水、健康診断にひっかかる」

  • 時間:46分
  • 放送日:1986/4/25

参は、丑の刻参りする若い女を偶然目撃。その藁人形には、「壱」「弐」「参」と文字が書かれていた。女の正体は、今売り出し中の女絵師・喜多川春草。しかし参には彼女に恨まれる覚えは…

>>詳しくはコチラ

(C)ABC/松竹
ページトップへ戻る
Copyright(C) tv asahi All rights reserved.