アストロ球団 全話パック

  • 料金:40メダル
  • 視聴期間:30日間

購入する

第一球(前編)~第九球(後編)(全18話)がご視聴いただけます。

パック内容

第一球(前編)

  • 時間:24分
  • 放送日:2005/8/10

2005年9月9日午後9時9分9秒。夜空を駆け抜ける発光球を目撃した9人のプロ野球選手がいた。その中の一人、古田敦也(本人)は2005年2月、キャンプインを前にフィリピンに…

>>詳しくはコチラ

第一球(後編)

  • 時間:24分
  • 放送日:2005/8/17

アストロナイン探しを球一(林剛史)と共に始めるシュウロ(千葉真一)。その一人は、長嶋(神保悟志)が巨人軍に入団させるため、孤児院から見出し、野球の英才教育を施した球五(上地…

>>詳しくはコチラ

第二球(前編)

  • 時間:24分
  • 放送日:2005/8/24

アストロ超人候補とされるレーサー、伊集院球三郎(鈴木飛雄)が本物の超人であると確信した球一(林剛史)たち。そんな時、彼らは巨人戦中継をするラジオ放送で、客席からホームランボ…

>>詳しくはコチラ

第二球(後編)

  • 時間:24分
  • 放送日:2005/8/31

いよいよ球一(林剛史)と竜(佐藤佑介)の対決か――。その瞬間、上空に、シュウロ(千葉真一)の操縦するヘリコプターが現れた。レース中の事故で死亡した球三郎(鈴木飛雄)の遺体を…

>>詳しくはコチラ

第三球(前編)

  • 時間:24分
  • 放送日:2005/9/7

昭和48年3月。巌流島にてついにアストロ球団VSロッテの特別試合が行われることになった。だがシュウロ(千葉真一)は一通の手紙を残し、アストロナインの元を去ってしまう。動揺す…

>>詳しくはコチラ

第三球(後編)

  • 時間:24分
  • 放送日:2005/9/14

ジョーにあっさり三段ドロップを打たれてしまう球一(林剛史)。なんとか打球をキャッチしようと空高く飛んだ球七(永山たかし)だったが、グローブは弾かれボールはスタンドに入ってし…

>>詳しくはコチラ

第四球(前編)

  • 時間:24分
  • 放送日:2005/9/21

球一(林剛史)のケガで不安を駆り立てられるアストロナイン。だが怒ってばかりの球七(永山たかし)の言動のせいでチームの心はバラバラ、雰囲気は最悪だ。ところがその球七も実は負傷…

>>詳しくはコチラ

第四球(後編)

  • 時間:24分
  • 放送日:2005/9/28

球三郎(鈴木飛雄)は竜(佐藤佑介)のボールが殺人L字投法だと察知し、手出しを止めたが、それを聞かず挑んだ球二(阿部亮平)は絶命してしまう。悲しみに暮れるナインの上に雨が容赦…

>>詳しくはコチラ

第五球(前編)

  • 時間:24分
  • 放送日:2005/10/5

初代球二(阿部亮平)を弔ったシュウロ(千葉真一)とアストロナイン。球二の敵でもある竜(佐藤佑介)を仲間として受け入れられないナインだったが、シュウロは竜、すなわち球六はアス…

>>詳しくはコチラ

第五球(後編)

  • 時間:24分
  • 放送日:2005/10/12

スポーツ新聞で球四郎(金児憲史)はプロ野球協会初代会長の孫と知ったナインは焦り始める。いっぽう、球四郎は新球団のメンバーを探し始めた。最初の一人はボクシング日本ミドル級チャ…

>>詳しくはコチラ

第六球(前編)

  • 時間:24分
  • 放送日:2005/10/19

アストロ対ビクトリー戦を球四郎(金児憲史)に了承させたシュウロ(千葉真一)は、球四郎が負けたらアストロに入ることも約束させた。その頃、鹿児島の陣流拳法総本山の道場ではビクト…

>>詳しくはコチラ

第六球(後編)

  • 時間:24分
  • 放送日:2005/10/26

球三郎(鈴木飛雄)の過去――。球三郎に陣流拳法総本山の跡を継がせようとした父を殺したのは大門(高山猛久)だったのだ。大門は、球三郎の父は自分の本当の父を殺し、総帥の座を奪っ…

>>詳しくはコチラ

第七球(前編)

  • 時間:24分
  • 放送日:2005/11/2

ついにアストロVSビクトリーの戦いの火蓋が切って落とされた。球一(林剛史)が放つ直角に落ちる球にバッターのダイナマイト拳(萩野崇)は茫然。その後の投球も好調、1回裏のアスト…

>>詳しくはコチラ

第七球(後編)

  • 時間:24分
  • 放送日:2005/11/9

球八(岡田太郎)、球七(永山たかし)……アストロナインは、続々と氏家(デビット伊東)の投球で致命傷ともいえるデッドボールを受け大怪我を負っていった。そんな中、氏家の最後の球…

>>詳しくはコチラ

第八球(前編)

  • 時間:24分
  • 放送日:2005/11/16

ビクトリー球団に新たな男が現れた。金髪のロングヘアでオンナ言葉を喋るその男の名はバロン森(大沢樹生)。大風呂敷を広げながらも、バッターボックスでは大きく空振りする野球経験の…

>>詳しくはコチラ

第八球(後編)

  • 時間:24分
  • 放送日:2005/11/23

動揺を隠しつつ、その後も人間ナイアガラなどで球三郎(鈴木飛雄)襲撃を止めない大門(高山猛久)だったが、裏の攻撃で本塁打を打つとその場で固まったまま立ち尽くした。影腹を斬り、…

>>詳しくはコチラ

第九球(前編)

  • 時間:24分
  • 放送日:2005/11/30

ついに右腕が動かなくなった球四郎(金児憲史)。だが超人たちの闘志はますます燃えたぎるばかり。そんな折り、ファウルボールを追ったバロン(大沢樹生)はベンチへ突っ込んだ。なんと…

>>詳しくはコチラ

第九球(後編)

  • 時間:24分
  • 放送日:2005/12/7

試合は尚も続き、テレビや客席で見ていた川上(須永慶)、長嶋(神保悟志)らは、超人たちの恐るべき力を確信するばかり。そして9回裏、バッターは球五(上地雄輔)。球四郎(金児憲史…

>>詳しくはコチラ

(C)1972 遠崎史朗・中島徳博 (C)2005 アストロ球団製作委員会
ページトップへ戻る
Copyright(C) tv asahi All rights reserved.