LIMIT MAKE

LIMIT MAKE SHORT #11-4 青木プロが今回の「LIMIT MAKE」で使ったタックルを紹介

  • 時間:3分

単話情報

関連番組

  • twitter
  • facebook

今回の「LIMIT MAKE」で、青木大介プロが主に使用したタックルを紹介する。
メインとなったのは、汎用性が高いファンタジスタ・ディーズのバンクシリーズ2本。まずスピニングタックルはFDNS-63L-SFにレボ・エムジーエクストリーム2500SHをセットしたもので、ラインは4ポンド。ライトリグから小型プラグまで、この1本で扱うことができるという。そしてベイトタックルがFDNC-66M-SFとレボLTX-BF8のセット。ラインは12ポンドで、これもまたワームからジョイント・ゾーイまで扱うことができるバーサタイルなタックルだ。
さらに、今回はこの2本に加えちょうちん釣り用の専用セットも用意。これは、ファンタジスタ・ディーズのFDNS-66ML MGS フィネスマックスに、PE0.8号を巻いたレボ・ロケット2500Sをセットしたパワースピニングタックルだ。詳細は、動画を確認!

単話

Copyright(C) tv asahi All rights reserved.