松本清張 黒革の手帖

第5話

  • 時間:46分
  • 料金:30メダル
  • 視聴期間:7日間

単話情報

関連番組

  • twitter
  • facebook

元子(米倉涼子)に、裏口入学周旋の証拠を突きつけられた橋田(柳葉敏郎)は、それはニセモノだと笑い飛ばす。というのも、澄江(吉岡美穂)が元子を裏切り、橋田と共謀、彼女が元子に渡した証拠はニセモノだというのだ。だが、元子は動じなかった。偶然、橋田と澄江が仲良く買物する姿を目撃した元子は、澄江を問い詰め、すべてを白状させていたのだ。さらに、元子にはもうひとつの切り札、“黒革の手帖”に書きとめた橋田の架空名義口座の記録があった。橋田はそれ以上抵抗できず、料亭『梅村』を元子に譲る旨の念書を書く。早速『梅村』の転売利益を見込んだ元子は、銀座一のクラブ『ロダン』を買収する契約を長谷川(津川雅彦)と交わす。

単話

Copyright(C) tv asahi All rights reserved.