番組トップ

必殺からくり人

第12回「鳩に豆鉄砲をどうぞ」

前の動画 次の動画

単話情報

関連番組

十三日夜と十五日昼は人目につくところにいるように、との謎の手紙を残して時次郎(緒形拳)が姿を消した。自分一人で何か大きい仕事をするつもりらしく、手紙は仇吉(山田五十鈴)らにアリバイづくりを命じたものなのだ。仇吉らは時次郎の愛人の女郎しぐれ(赤座美代子)や鉄砲鍜治師の花沢老人(汐路章)の話から時次郎のねらいは次の北町奉行と目される鳥居耀蔵(岸田森)の暗殺だと知る。

単話