ドラえもん

いつでもどこでもスケッチセット

  • 時間:12分

単話情報

関連番組

  • twitter
  • facebook

学校で写生の宿題を出されたのび太。ドラえもんに助けを求めようとするが、楽に絵を描く道具はないとピシャリと言われてしまい、しかたなくスケッチブックを抱えて外に出る。とはいえ、なかなか描きたいものは見当たらない。そこで、しずかちゃんをモデルにしようと思いつき、しずかの家へと向かう。
すると、しずかちゃんの家の前にスケッチブックを持った出木杉くんの姿が…。さらに、ジャイアンとスネ夫もやってきたため、みんなで公園に行き、それぞれしずかちゃんを描くことに。みんなが描き上げた絵を見せてもらったものの、自分の絵に自信のないのび太は、家で描き上げてから見せると言って、その場を去る。
のび太が帰宅すると、パパとおじさんが子どものころの街の地図を描いていた。ところが、二人の記憶がちがい、ケンカを始めてしまう。それを見たドラえもんは、どんな時代のどんな場所でも正確にスケッチしてくれる『いつでもどこでもスケッチセット』を取り出す。
その様子を見たのび太は、このスケッチセットを使うことを思いつくが…!?

こんなおはなしもあるよ!

単話

Copyright(C) tv asahi All rights reserved.