ドラえもん

百人一首にアンキパン

  • 時間:11分

単話情報

関連番組

  • twitter
  • facebook

ジャイアンから、明日の町内のカルタ大会で優勝するために、百人一首(ひゃくにんいっしゅ)をすべて覚えてくるようにと言われたのび太。百人一首がどんなものなのかも知らなかったのび太は、ドラえもんにアドバイスをもらい、必死で覚える。
ところが翌日、必ず優勝するために出木杉くんとしずかちゃんとチームを組むと言い出すジャイアン。怒ったドラえもんは、のび太とスネ夫の3人で別のチームを組んで大会に出ようと言い、ポケットから『アンキパン』を取り出す。
このパンに読み札と取り札を写して食べれば、覚えることができると聞き、大よろこびするのび太とスネ夫。3人はさっそく手分けしてパンに札を写し、食べ始める。途中、ドラえもんが出した『おざしきゲレンデ』で運動し、少しでもお腹を空かせながら、必死に食べ続けるのび太たち。
しかも、トイレで出してしまうと、覚えたことも忘れてしまうため、トイレにも行かずにがんばる3人。最後はむりやり口の中に押し込み、どうにか大会へと挑むが…!?

単話

Copyright(C) tv asahi All rights reserved.