ドラえもん

さよならボクのそうじ機

  • 時間:12分

単話情報

関連番組

  • twitter
  • facebook

スネ夫のペットがスネ夫の言うことをよく聞くのをうらやましく思ったのび太は、自分もペットを飼ってしつけたいとママにお願いするが、聞いてもらえずガッカリ。それでもあきらめられないというのび太に、ドラえもんは「とちゅうで投げ出したりせずに、愛情を持ってしつける」ことを条件に、そうじ機を持ってくるように言うと、ポケットからペットフードのようなひみつ道具『ペッター』を取り出す。
まず、そうじ機のスイッチを入れ、ペッターを1つ吸い込ませるドラえもん。なんとこのペッターは、そうじ機を訓練してペットにするための特別なペットフードなのだという。ドラえもんがしつけるのを横目に、最初はやる気のないのび太だったが、ドラえもんに叱られ、しぶしぶしつけを始める。そのうち、お手やおすわりなどもおぼえたそうじ機に、のび太は「ソージー」という名前をつけ、かわいがるようになるが…!?

単話

Copyright(C) tv asahi All rights reserved.