ドラえもん誕生日スペシャル「クジラとまぼろしのパイプ島」[2018年9月7日放送]

「クジラとまぼろしのパイプ島」

「クジラとまぼろしのパイプ島」

「クジラとまぼろしのパイプ島」

夏休み最後の日、「どこかに出かけて、何かおもしろいことをしたい」とのび太にたのまれたドラえもんは、『おざしきつりぼり』と『手ばり』を取り出す。南の海でつりをして出かけたことにしようと、二人がつりをしていると、のび太の手ばりが反応。ところが、つれたのはなぜかゴツゴツとした岩だった。
 何かの化石かもしれないと『タイムふろしき』で包んで時間を戻してみたところ、現れたのはふしぎなデザインのオカリナ。のび太がそのオカリナを吹き始めたところ、おざしきつりぼりの水面から、なんと大きなクジラが飛び出してきた! ドラえもんは『スモールライト』でクジラを小さくし、『ペット用えさ』を取り出す。のび太がエサをにぎって食べさせると、クジラはのび太になつき、空中を泳ぎ始める。
 その後、のび太がつったオカリナは、52ヘルツという特殊(とくしゅ)な音波を出していることがわかる。その話を聞いたスネ夫は、ふつうのクジラは15~20ヘルツの声で会話するため、ほかのクジラと会話することができない、52ヘルツで鳴く“世界一孤独(こどく)なクジラ”の話を始める。ということは、このオカリナに反応したクジラは、その世界一孤独なクジラなのか…さらに、このオカリナはなんと7千年も前に作られたものだった…。そんな大昔に、なぜそんな特殊なオカリナが作られたのか? のび太たちはクジラとともに、『タイムマシン』で7千年前の、のび太がオカリナを釣り上げた南太平洋へと向かう。
 すると、なんとそこには7千年後の現代には無い、しかも人間の住む文明の発達した島があった! 島に上陸したのび太たちは、あることからその島に住む少年・ピトと少女・ナーナと知り合い、ピトこそがのび太が手にしていたオカリナの持ち主だと知る。そして、クジラはゴニーと言い、ピトの大切な友だちだった。
 なぜゴニーは7千年後に来たのか? なぜこの島はこんなに文明が発達し、なぜ無くなってしまったのか…? ドラえもんがその謎(なぞ)に近づいた矢先、島に最大の危機(きき)が…!? ピトと力を合わせ、その危機に立ち向かうのび太たち。はたして、危機を乗り越えることはできるのか!? 南の島を舞台に、のび太たちの大冒険が始まる…!