「うそつきかがみ」「十円なんでもストア」[2018年8月24日放送]

「うそつきかがみ」

「うそつきかがみ」「十円なんでもストア」

部屋にあったかがみをのぞき込んだのび太は、そこに写ったハンサムな自分に見とれてしまう。しかも、かがみが「あなたは世界一の美少年なのです」としゃべりだしたからビックリ! ところが、そこにもどってきたドラえもんが、かがみをポケットにしまってしまった。
 ドラえもんは、これはウソばかりつく『うそつきかがみ』だと説明するが、のび太はあれこそが真実の自分だと信じてしまう。その直後、部屋でボーリングをしていたドラえもんが、ママの三面鏡(さんめんきょう)をわってしまった。そこでドラえもんはしかたなく、三面鏡の代わりにうそつきかがみを出すことに。
 かがみをのぞきこんだママに「おくさまは世界一の美人です」と語りかけるうそつきかがみ。ママがごきげんな様子で出かけて行ったすきに、のび太は自分の部屋にうそつきかがみを持っていき、「世界でいちばん美しいのはだ~れ?」と問いかける。すると、うそつきかがみは、「もちろんあなたさまです」と答えて…!?

(「うそつきかがみ」てんとう虫コミックス第2巻より)

「十円なんでもストア」

「うそつきかがみ」「十円なんでもストア」

学校から帰ったのび太は、急いで今日発売のマンガ本を買いに行くが、本屋が休みでガッカリ…。それを見たドラえもんは「明日買えばいいでしょ?」と言うと、どら焼きを買いにでかける。ところが、おかし屋さんも休みだった…。
 落ちこむドラえもんだったが、何かひらめいたのか、『十円なんでもストアー』と『かんばん』を取り出す。そして、かんばんに「おかしやさん」と書いてストアにはり、十円玉を投入口に入れ、どら焼きを注文したところ、なんと中からどら焼きが出てきた! かんばんを書き直せばどんな店にもできるが、一まいのかんばんで買えるのは一つだけだという。
 のび太もさっそく、かんばんに「ほんやさん」と書いて、十円を入れ、最新のマンガ本を買うことに成功。その後、パパからハガキを買ってくるようたのまれたのび太は、かんばんに「ゆうびんきょく」と書き、十円でハガキを手に入れる。さらにママから、夕食をすき焼きにしようと思っていたものの、お肉屋さんが休みだったと聞いたのび太は…!?

(「十円なんでもストア」てんとう虫コミックス第44巻より)