「額縁をくぐって海へ」「チューケンパー」[2018年8月17日放送]

「額縁をくぐって海へ」

「額縁をくぐって海へ」「チューケンパー」

夏休みなのにどこへも行く予定のないのび太、しずか、ジャイアン、スネ夫は空き地で肩(かた)を落とす。その後、のび太が家に帰ると、部屋のふすまに見たことのない風景写真がかざられていた。暑さで夏バテ気味のドラえもんが、すずしそうな景色を見て楽しもうとかざったらしい。
 ところが、その写真から突然カミナリの音が聞こえ、空がくもり、稲妻(いなづま)が光って、雨がふり出したからビックリ! ドラえもんによると、これは『実景ひきよせ額縁(がくぶち)』と言い、額縁の横にあるダイヤルを回せば、海でも雪山でもジャングルでも、実際にある景色をひきよせることができるのだという。
 孤島(ことう)の美しい海の景色をひきよせた時、波しぶきが額縁のガラス板にかかったのを見たのび太は、そのガラスを外して、額縁に顔を突っ込んでみる。すると、目の前には広く美しい海が広がっていた!
 この額縁を通りぬければ、海に行くことができることに気づいたのび太は、しずかたちもさそい、孤島の海で遊ぶことにするが …!?

「チューケンパー」

「額縁をくぐって海へ」「チューケンパー」

しずかの部屋で、大好きなアニメの話をするのび太。ところが、しずかはまったく興味(きょうみ)がないらしく、ちょうど顕微鏡(けんびきょう)を買ったとたずねてきたスネ夫の家に遊びに行ってしまう。帰り道、ふてくされたのび太は道に転がっていた空きカンをけり飛ばすが、向こうからやってきたジャイアンに当たってしまったから大変! 空きカンを顔面にけり返されてしまう…。
 帰るなりいつものようにドラえもんに泣きつくのび太。話を聞いたドラえもんから、「結局悪いのはのび太くんだよ」と言われるが、本当の友だちはそんなもんじゃないと言い返す。自分だけを信じ、自分のためだけを思ってくれる友だちがほしいというのび太に、ドラえもんはあきれつつも、犬型ロボットの『チューケンパー』を取り出す。自分に向けてスイッチを入れると、忠実(ちゅうじつ)な友だちになってくれるらしい。
 ドラえもんは「こんなのはキミのためにならない」とお説教するが、それをうるさがるのび太の気持ちを察したチューケンパーが、ドラえもんのおしりにかみついて…!?

(「チューケンパー」てんとう虫コミックスプラス第4巻より)