「ほどほど宝島」[2018年3月9日放送]

「ほどほど宝島」

「ほどほど宝島」

「ほどほど宝島」

春休みに気軽な冒険をしたいというみんなのために、ドラえもんはほどほどに手軽な冒険が楽しめるというひみつ道具『ほどほど宝島』を取り出す。案内人のイルカ・ホドホの案内で、のび太たちは“ほどほど冒険コース”に出発することに。
 ところが、冒険のすべてが“ほどほど”のレベルになっているため、猛獣(もうじゅう)がいるわけでもなく、キケンな場所もゼロ。最後のお宝ゾーンでは、『パーティ用しりとり変身カプセル』を使って宝箱を発見したものの、中にはホドホのキャラクターグッズの詰め合わせが入っていただけ…。
 ハラハラドキドキするような大冒険がしたかったジャイアンは、「これのどこが冒険だ!」と怒り出し、スネ夫と二人でもっとハードでスリルのある冒険にしろとドラえもんにつめよる。しかたなく、ほどほど宝島の設定を、“ハード”に変更するドラえもん。すると突然、ホドホの顔つきも言葉使いも荒々しくなったからビックリ! さらに、行く手にはどす黒い暗雲が立ち込めはじめる。
 はたしてハードな冒険とは、どんな道のりなのか!? “だれも見たことのない財宝”を探しに、のび太たちが乗った船は、大海を目指して出発。はたして、みんなの運命は…!?