ついにアニメドラえもん放送40周年に突入! レギュラー声優陣のみなさんからコメントが届いたよー![2019年3月14日]

1979年4月2日にスタートしたテレビアニメ『ドラえもん』が、今年ついに放送40周年を迎えます。40周年に突入する4月5日(金)には、記念すべきテレビアニメ第1話として放送された名作『ゆめの町、ノビタランド』が、40周年を記念する新作としてリメイクされ、登場します!

このほかにも、40周年ならではの大型企画(きかく)が、4月から続々登場予定! 記念すべきメモリアルイヤーを盛(も)り上げていきます。

そして、2005年4月、先輩(せんぱい)たちからバトンを引き継(つ)いだレギュラー声優陣(せいゆうじん)も、今年で登板15年目に突入! これから開幕(かいまく)する40周年に向けて、意気込みをよせてくれました!

<水田(みずた)わさびさん/ドラえもん役>コメント
私はみなさまに毎週金曜日夜7時をめいっぱい楽しんでいただきたいと思っているので、全力でアフレコに臨(のぞ)んでいます。40周年ももちろんMAXでいきますが、さらにお祝いモードでがんばりますので、みなさまよろしくお願いいたします!
ひとりになってふと「ドラえもん」を見ると、温かい故郷(ふるさと)やお茶の間を思い出してめっちゃ泣けるんですよね…。それは、ドラえもんという存在(そんざい)、家族、友だち、恋人(こいびと)…などすべての要素(ようそ)が詰(つ)まっているからだと思います。ご家族そろって見ていただくのはもちろん、4月はひとりぐらしをはじめる方も多いと思いますが、ひとりで新生活をはじめるみなさんにも、ぜひ40周年の『ドラえもん』を楽しんでいただきたいですね。


<大原(おおはら)めぐみさん/のび太役)>コメント
私はマイペースな性格なので、いつもと変わらずのび太を一生懸命(いっしょうけんめい)演じています。
40周年もみなさまにいつもどおり楽しんでいただければうれしいなと思っているのですが、特に今回はお父さんお母さんが子どものころに見ていたおはなしが復活(ふっかつ)しますので、ご家族でいっしょに見ていただけたら、共通の話題が生まれることと思います。40周年をきっかけに、『ドラえもん』を通じてみなさまのご家族の会話が増(ふ)えたらいいなと願っています。


<かかずゆみさん/しずか役>コメント
40周年は、『ドラえもん』にとって通過(つうか)点だと思っています。『ドラえもん』はキャラクターも作品自体も不滅(ふめつ)なので、私たちもバトンを受け継いだひとりの人間として次世代につないでいけるようがんばっていきたいと思います。日本のアニメとしてとても誇(ほこ)らしい作品ですので、みなさんにもご家庭でどんどん『ドラえもん』の魅力(みりょく)を語り継いでいただきたいですし、そんな名作に参加できて本当に幸せです。
ぜひ40周年、みなさまもいっしょに楽しんでいただけたらうれしいです。


<木村 昴(きむら・すばる)さん/ジャイアン役>コメント
水田さんがおっしゃるように我々は毎週毎週皆さんに楽しんでいただくべく全力で挑(いど)んでいるので、40周年だからといって特別に心の注ぎ方がちがうわけではないのですが、とはいえ40周年ってスゴイことですよね! 僕はまだ28歳(さい)で40年という時間を体験したことがないので、未知の領域(りょういき)です。
40周年は見てくださっている方々がワクワクしちゃうような、そしてちょっとアニメから離(はな)れていた方々が再(ふたた)び『ドラえもん』を思い出す機会になったりするような、そんな1年間になったらいいなと思います。そして40周年とくれば、その先10年、またやりたくなります。これからもさらにみなさんに喜んでいただけるよう、褌(ふんどし)を締(し)めてかかりたいと思っています!


<関 智一(せき・ともかず)さん/スネ夫役>コメント
40周年ということで我々(われわれ)の“思い”はもちろんこもっていますが、アニメ放送第1話『ゆめの町、ノビタランド』の復活(ふっかつ)をはじめとする40周年企画がいろいろと用意されていますので、ぜひ楽しんでいただければうれしいです。記念すべき“お祭り”として、みなさんと盛り上がれたらいいですね! 30周年のときより、もっともっと盛り上がるようにがんばります。


平成から新元号へ――新時代の扉(とびら)が開く2019年、『ドラえもん』もまた新たな未来へと一歩をふみ出します。これからもアニメ『ドラえもん』にぜひご期待ください!