『DOCTORS』が帰ってくる!
沢村一樹演じるスゴ腕外科医相良浩介が2021年新春に復活!
高嶋政伸演じる森山院長も創立100周年に向けウキウキで準備中…
赤字続きの堂上総合病院
これは、またまた波乱の予感…!?

普段は患者に笑顔で優しく接するスゴ腕の外科医だが、自分が信じる医療のためなら目的・手段を選ばない非情な一面も持ち合わせる医師・相良浩介。沢村一樹主演の人気医療ドラマ『DOCTORS~最強の名医~』が、2021年新春に、3年ぶりとなる復活を遂げます!

■沢村一樹演じるスゴ腕外科医が復活!高嶋政伸との“vs”も健在!

 2011年10月に連続ドラマとしてスタートし、平均視聴率14.8%、最高視聴率18.5%を獲得、2013年7月に放送されたパート2では平均視聴率18.3%、最終回には最高視聴率21.7%を記録し(※関東ビデオリサーチ調べ)、その後も連ドラシリーズのパート3、スペシャルドラマ3本を放送してきた『DOCTORS~最強の名医~』。沢村演じるスゴ腕外科医・相良と、高嶋政伸演じる“腕は確かなのだけど人間性にやや問題アリ”な外科医(今や病院長)・”卓ちゃん“こと森山卓が対立しながらも、患者を救う医療のために尽力していく、という同作は、その個性豊かなキャラクターたちが躍動する姿と、本格的な医療ドラマとしての魅力が毎回存分に発揮され、幅広い世代に愛されてきました。
 今作でも相良と森山の対立構造は健在。相変わらず相良に敵対心をむき出しにして何かと突っかかる森山と、そんな森山からの攻撃を適度にかわしつつ、逆にうまく動かしていってしまう相良の“策士ぶり”――2人の丁々発止のやりとりと、『DOCTORS』ならではの相良と森山の駆け引きの様子もこの作品を楽しむ、大きな要素のひとつとなっています!

 そして『DOCTORS』を彩る個性豊かなレギュラーキャスト陣ももちろん総出演! 比嘉愛未、黒川智花、宮地雅子ら堂上総合病院の看護師チーム、正名僕蔵、敦士ら“チーム森山”と呼ばれる外科医たち、“卓ちゃん”のママ・森山日美子役の松坂慶子、堂上総合病院の事務長・桃井正一役の小野武彦、堂上総合病院の総合診療科医・皆川和枝役の伊藤蘭ら、おなじみのメンバーたちが、また新たな物語を紡ぎ出します。
 そして野際陽子さんが演じていた堂上総合病院の前院長・堂上たまきも登場。“幸せの国”・ブータンで開設した診療所での医療活動が順調な様子も、作中で窺うことができます!

■創立100周年を迎える堂上総合病院、華やかな式典のため、いざ赤字脱却!

 そんな『DOCTORS~最強の名医~』2021新春スペシャルでは、創立100周年を翌年に控え、にわかに慌ただしくなってきた堂上総合病院の様子が描かれます。
 100周年の記念式典を盛大に催したい院長の森山でしたが、赤字続きの経営状態に銀行の融資課担当からは「融資できない」という判断が…。逆に“体質改善”=経営改革するよう言われ、またまた森山院長による的はずれな改革がスタート。相良や皆川は、一様に“いや~な予感”を抱くのです。
 そんな矢先、融資課の担当・花村玲子が堂上総合病院に入院。階段で転倒し、骨折しただけだったはずが、相良の検査によって膵頭部のがんが判明。森山は、ここで玲子を助け、恩を売っておけば、融資を優遇してもらえると考え…?
 玲子の病気と堂上総合病院への融資を巡り、事態は二転三転。患者を救うためなら手段は選ばぬ“策士”相良は、そこでどんな判断を下していくのか――今回も、思いもよらぬ展開が次々と視聴者を待ち受けています!

 おなじみのキャスト陣で、ますますパワーアップして作り上げる『DOCTORS~最強の名医~』。2021年のスタートを、ぜひ堂上総合病院のメンバーたちとお迎えください!

ニュース

『DOCTORS~最強の名医~』新春SPに“最強のオジサマ”たちが集結!
橋本じゅん、野間口徹、ずん・飯尾和樹が物語の鍵を握るキーパーソンに…!?

2020年12月22日

 『DOCTORS~最強の名医~』2021新春スペシャルに、橋本じゅん、野間口徹、ずん・飯尾和樹といった個性的かつちょっとおちゃめな俳優陣が出演します!

個性派俳優たちが勢ぞろい!最強におちゃめなオジサマたちがドラマを彩る!

 橋本じゅんが演じるのは、堂上総合病院のメインバンク・東京よつば銀行の融資課係長である平賀洋二。上司である課長の花村玲子(石田ひかり)の存在を疎ましく思い、彼女の病を知ると、それを機に課長の座を奪い取ろうと暗躍し、院長である森山卓(高嶋政伸)にすり寄っていきます。野心溢れる銀行員・平賀。今作でのヒール役を、橋本が濃く演じます!

 そして野間口徹が演じるのは、広告会社社員の乾丈太郎。堂上総合病院の創立100周年記念式典を盛大に開催したいと考える森山に、都知事やら人気お笑い芸人やらを呼ぶことを提案し、病院の経営改革に取り組まなくてはいけなくなったら、今度は突拍子もないアイデアを持ちかけたり…と、今作での森山の珍行動の原因の一端を担っているとも言える人物が、乾なのです。

 そしてそんな乾が森山のもとに連れてくるスタイリスト・アンジェロ田中を演じるのが、お笑いコンビ・ずんの飯尾和樹。100周年記念式典のためのスタイリングを任されたアンジェロが森山に施したのは、まさかのチャップリンのようなコーディネート! たまたま院長室を訪れてしまった相良浩介(沢村一樹)もびっくりの姿を披露することになってしまいます…。

 なんとも個性的でおちゃめなオジサマたちが集結する『DOCTORS~最強の名医~』2021新春スペシャル。ドラマの展開とともに、彼らの活躍にもどうぞご期待ください!


実力派女優・石田ひかりが『DOCTORS~最強の名医~』に初出演
やり手女性融資課長を襲った突然の病 彼女が選ぶのは仕事か、治療か…キャリアウーマンとして、母として苦悩する女性を石田が熱演!

2020年12月2日

『DOCTORS~最強の名医~』2021新春スペシャルに、石田ひかりの出演が決定しました!

石田ひかりが『DOCTORS』初出演!突然の病に襲われた女性が下す決断は…

 石田が演じるのは、相良が勤務する堂上総合病院のメインバンク・東京よつば銀行の融資課課長・花村玲子。創立100周年の記念式典を盛大に催したい“卓ちゃん”こと堂上総合病院院長の森山卓(高嶋政伸)ですが、赤字続きの経営状況から「融資できない」と判断を下す人物です。
 なんとか融資を取り付けようと、森山が経営改革に着手した矢先、なんと玲子が階段で転倒し、堂上総合病院に入院。しかも骨折しただけだったはずが、相良の検査によって膵頭部のがんが判明してしまいます!
 玲子を助けて恩を売り、融資を優遇してもらおうと考える森山でしたが、自身の将来に不安を覚えた玲子はセカンドオピニオンを求め、堂上総合病院を退院してしまうのです。
 仕事も順調だった玲子は、予想外の病に困惑。しかも玲子を目の敵にする融資課係長や、上司である支店長の三田沢和久(吉田鋼太郎)にも病気のことを知られ、行内での立場も危うくなってしまい…?

 銀行の融資担当であり、プライベートではシングルマザーとして小学生の娘を育てる母親でもある玲子。突然の病に襲われたことで、仕事と家族、双方において重大な局面に立たされた玲子は果たしてどのような決断を下すのでしょうか? そして、そんな玲子に相良と堂上総合病院はどのように手を差し伸べるのか――玲子の行く末が大きな見どころとなる今作、さまざまな役を変幻自在に演じる石田がそんな女性をどのように演じるのか、ぜひご注目ください!

【石田ひかり(花村玲子 役) コメント】

 沢村さんとは、NHKの『サラリーマンNEO』の「セクスィー部長」以来2回目の共演でしたが、とにかく現場がおもしろすぎました!沢村さん、高嶋さんと一緒の日は、笑いを堪えるのが大変でした。沢村さんの顔を思い出しただけでもなんだか明るく楽しい気分になれる、素晴らしい方だと思いました。
 高嶋さんとは同じ町内で育ったこともありまして、図々しい事ですが「ご近所さん」気分で懐かしかったですね。昔、わたしが現場に忘れた傘を届けてくださったほど、本当にご近所さんだったのです。
 蘭さんとも、15年ぶりの再会でした。むすめたちがまだ赤ちゃんだった頃、可愛いお洋服をいただいて、時が経ち高校生になった彼女たちの姿を見ていただけて嬉しかったです。
 初めましての吉田鋼太郎さんは、ほんとうにカッコ良かったし、比嘉愛未ちゃんとは沖縄のかき氷のお店で盛り上がりました!大先輩の松坂慶子さんが「娘さんたちはおいくつになられたの?」と聞いてくださったり、小野武彦さんは、ご一緒したのは随分と前になるのに、番組名まで覚えて下さっていて感動しました。
 このようなすてきなレギュラーの皆さんとの現場は、とても雰囲気が良く、本当に楽しかったです。10年続いている理由が分かります!
 わたしの演じる花村玲子は、小さな娘を抱えながら必死で働いてきたシングルマザーです。思いがけず大きな病の宣告を受けますが、キャリアを失って娘を露頭に迷わせることだけは出来ないとの思いから、究極の選択を迫られます。そこに登場するのが沢村一樹さん演じるハートフルな相良先生と、地位と権力に塗れた森山院長ですね!この先はオンエアで! 2021年のスタートに、この番組に出演できたことはとても嬉しかったです!どうぞみなさまお楽しみに!


沢村一樹と感激♡の再共演
『DOCTORS』2021新春スペシャルに吉田鋼太郎が初登場!吉田演じる“ラスボス”が相良の前に立ちはだかる…!?
『劇場版 おっさんずラブ』以来、1年ぶりの再会に昂り!「沢村くんに会えると思ったらドキドキして眠れなかった…」

2020年11月27日

『DOCTORS~最強の名医~』2021新春スペシャルに、吉田鋼太郎が出演することが決定しました!

“ラスボス”吉田鋼太郎が、赤字続きの堂上総合病院の前に立ちはだかる!

 今作では創立100周年を翌年に控え、その準備に追われる堂上総合病院の様子が描かれます。
 100周年の記念式典を盛大に催したい“卓ちゃん”こと院長の森山卓(高嶋政伸)に対し、赤字続きの堂上総合病院には「融資できない」と判断する銀行。なんとか黒字転換させるため、経営改革に乗り出す森山でしたが、相変わらず打ち出されるのは的はずれな改革ばかりで、相良たちをあ然とさせ続けます。
 そんな矢先、融資課の担当・花村玲子が堂上総合病院に入院。階段で転倒し、骨折しただけだったはずが、相良の検査によって膵頭部のがんが判明。森山は、ここで玲子を助け、恩を売っておけば、融資を優遇してもらえると考えますが、自身の将来に不安を覚えた玲子はセカンドオピニオンを求め、堂上総合病院を退院してしまうのです…。

 吉田が今回の『DOCTORS~最強の名医~』2021新春スペシャルで演じるのは、堂上総合病院のメインバンクである東京よつば銀行の支店長・三田沢和久。融資課の担当である玲子の上司でもある人物です。
 目をかけていた玲子を襲った突然の病に、三田沢が下す決断は温情なのか、それとも非情なものなのか――そしてその決断は玲子の未来にどんな影響を与えるのでしょうか?
 もちろん、堂上総合病院への融資の最終決定権を持つのも支店長である三田沢。相良を演じる沢村が“ラスボス”と評した三田沢は、堂上総合病院にとって敵となるのか、味方となるのか…?
 サスペンスからコメディーまで幅広い作品で、硬軟演じ分ける実力派俳優・吉田が、『DOCTORS~最強の名医~』2021新春スペシャルで三田沢という人物にどのように命を吹き込むのか――物語の行方とともに、その動向からも目が離せません!

『劇場版おっさんずラブ』以来の再会に「ドキドキして眠れなかった」と吉田

 沢村と吉田といえば、昨年公開された『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?
 2018年に放送されたドラマ版のその後を描いた完結編でもある同作では、吉田は主人公の“はるたん”こと春田創一に思いを寄せる天空不動産東京第二営業所の営業部長・黒澤武蔵を、そして沢村は天空不動産本社の新プロジェクトチームのリーダー・狸穴迅を演じ、大きな話題を呼びました。

 『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』以来の共演に、手を取り合って再会を喜んだ2人。映画では敵対する間柄でしたが、今作ではまた違った関係性を演じることに、共に高揚感を抱いているようでした。
 久々となる沢村との共演に気持ちが昂り、前日の夜「ドキドキして眠れなかった」と話す吉田。そのドキドキを『おっさんずラブ』の共演者である田中圭に夜通しLINEで語り聞かせてしまい、結局なんと一睡もせずに撮影現場に入ったと明かしてくれました!
 そんな吉田の気合いと昂りに、逆に「プレッシャーを感じてしまった」と沢村。果たして2人が、『DOCTORS~最強の名医~』2021新春スペシャルでどんな芝居合戦を見せてくれるのか、期待が高まります!

【沢村一樹(相良浩介 役) コメント】

 吉田鋼太郎さんとは『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』の現場で初めてお会いしました。そのときが初共演だったのですが、あれから約1年が経ちまして、その間なかなかお会いする機会がなかったのですが、今回の『DOCTORS』2021新春スペシャルでようやくご一緒することができました! うれしかったですし、なんだか懐かしかったです。
 『劇場版おっさんずラブ』のときは、僕は敵対する役柄で、今回とはまた違った関係性でした。今作での鋼太郎さんの役柄はとても重要なポジションで、いうなれば“ラスボス”的な…。でもそれを大げさでなく、にじみ出る感じで演じてくださっているので、「あ、僕は余計なことをしなくていいんだ」と思いながらお芝居に入りました。
 実は今朝、移動中に90件の未読メッセージがあることに気づいたんです。件数が多いときってだいたい『おっさんずラブ』のグループの会話が活発になっているときなんですけど、そこを見たら、午前2時くらいに鋼太郎さんが「明日はエロ神様(沢村)と一緒だー!」って送っていたんですよ(笑)。そしてそれに田中圭くんが返事していて、会話が終わったのが、もう午前5時前くらいで…。僕はその会話を朝になってから読んで、なんだかすごくプレッシャーを感じてしまったのですが、おかげさまで今日はとてもいいシーンが撮影できました! じっくり長く撮るシーンだったので、なんだか達成感があってクランクアップしちゃったような気持ちです(笑)。
 3年ぶりの『DOCTORS』、鋼太郎さんもこうして出てくださって、涙あり、感動あり、笑いありの作品になっておりますので、ぜひ皆さんで楽しんでください!

【吉田鋼太郎(三田沢和久 役) コメント】

 沢村一樹くんとのこうして一緒にいる感じ、『劇場版おっさんずラブ』以来なのですが、すごく懐かしいんですよね(笑)。欲を言えば、もっと長い時間一緒にいたかったという気もしています。
 久々の共演シーンの撮影を前に、「明日は沢村くんに会えるぞ」と思ったら、昨夜はドキドキして眠れませんでした(笑)。「寝なきゃ」という気持ちと「沢村くんに会える」っていう昂りで、一睡もしてないです(笑)。ずっと『おっさんずラブ』のメッセージグループで田中圭くんと会話をしていて、僕も彼も今日仕事だったんですけど、彼も「寝ないで行く」って宣言していましたよ(笑)。
 『劇場版おっさんずラブ』では憎たらしい役だった沢村くんが、この作品では優しくて温かい男を演じていて、そんな彼に会えたのがうれしかったですね。僕が演じる銀行支店長の三田沢は、沢村くんいわく“ラスボス”。2人がどんな絡みを見せるのか、皆さんも楽しみにしていただけたら、と思います。
 人気シリーズへの出演、本当にワクワクして臨みました。この『DOCTORS』がいい作品になるように、僕なりに頑張らせていただきます。

キャスト

相良浩介

沢村一樹

森山卓

高嶋政伸

宮部佐知

比嘉愛未

相原亜美

黒川智花

田村戸紀子

宮地雅子

佐々井圭

正名僕蔵

渋谷翔子

滝沢沙織

瀬戸晃

浅利陽介

高泉賢也

敦士

千住義郎

斉藤陽一郎

段原保

尾崎右宗

吉川みずき

阿南敦子

花村玲子

石田ひかり

平賀洋二

橋本じゅん

乾丈太郎

野間口徹

アンジェロ田中

飯尾和樹

三田沢和久

吉田鋼太郎

桃井正一

小野武彦

森山日美子

松坂慶子

皆川和枝

伊藤蘭

堂上たまき

野際陽子

あらすじ

 堂上総合病院の創立100周年を翌年に控え、院長の森山卓(高嶋政伸)は広告会社と記念式典についての協議を進めていた。国会議員に都知事、果ては人気芸人まで呼んで盛大に催そうとする森山に事務長の桃井正一(小野武彦)は渋い顔。案の定、東京よつば銀行の融資課課長・花村玲子(石田ひかり)からも、式典のための融資、総額1400万円は無下に断られてしまう。
 実は2年前、周囲の反対を押し切って温泉を掘ろうとした森山。結局温泉は出ず、多額の損失を出した結果、堂上総合病院は2期連続の赤字経営となっていたのだ。玲子から「根本的な“体質改善”が必要なのでは」と問われ、森山は“体質改善”=経営改革に取り組むことに。しかし、いつものことながら的外れな方向に進んでいく森山の“体質改善”に、相良浩介(沢村一樹)や皆川和枝(伊藤蘭)は面倒が起こりそうな予感を抱くのだった。

 その矢先、堂上総合病院に玲子が救急搬送されてくる。階段から転落し、右足の腓骨を骨折した玲子はひとまず入院することになるが、「背中が痛い」という訴えに違和感を覚えた相良が検査をした結果、膵頭部に腫瘍が見つかる。玲子を助け、恩を売っておけば、記念式典のための融資を優遇してもらえると考える森山だったが、事の重大さに動揺した玲子は「セカンドオピニオン」を求め、転院を希望し…?
 その頃、東京よつば銀行では、急に休暇の延長を申し入れた玲子の様子に支店長の三田沢和久(吉田鋼太郎)が疑問を抱いていた。一方、玲子の存在を疎ましく思う融資課係長の平賀洋二(橋本じゅん)は森山に接近。自分に融資の決定権が移る可能性を示唆し、玲子の本当の病名を聞き出してしまう!
 どの病院でも膵頭部がんの診断は変わらず、平賀に病状を聞いた三田沢からは、仕事のことは気にせず治療に専念するよう命じられてしまい絶望する玲子。そんな玲子に、相良が手を差し伸べる。しかし、堂上総合病院で引き受けることを報告する相良に、森山は突然、猛反対を…!
 森山の翻意の裏に、融資がらみの“何か”があると睨んだ相良は…?

コメント

【沢村一樹(相良浩介 役) コメント】

 『DOCTORS』が3年ぶりに帰ってくることになりました。今回の撮影は新型コロナの影響もあって大変だった部分もありましたが、それ以外に関しては本当にいつも通りの『DOCTORS』の現場でした。やはり10年もこの作品をやっていると、スッと馴染めるものなのかもしれませんね。高嶋政伸さん演じる森山先生も相変わらずのキャラクターで、相良と森山先生も相変わらずバチバチなやりとりをしているんですけど、その一つ一つが違ったパターンになっていて、そういう部分でも楽しかったです(笑)。
 オペのシーンも今回はとても長くて大変だったのですが、すごくやりがいがあって面白かったです。カメラが回っていないところでのやりとりもとても楽しくて、そういったチームワークがお芝居にどんな風に投影されているか、皆さんにも楽しみにしていただきたいと思います。
 創立100周年を1年後に控えた堂上総合病院でいったいどんなことが起こるのか、成長しているところもあり、相変わらずなところもあるメンバーたちで、いつも通りの『DOCTORS』をお届けします。ご家族そろって、新しい年に楽しい時間を過ごしていただけたら幸いです。

【高嶋政伸(森山卓 役) コメント】

 本当に『DOCTORS』は、ついこの間までやっていたかのように、すんなりと現場に入れてしまうんです。沢村一樹さん演じる相良先生ってすごくナチュラルなので、僕がどんな球を投げてもすっと受けてくれるんですよね。10年という長い期間ご一緒しているからこそだな、と感じています。今回は“ダークな”相良先生もけっこう出てくるので、そこのやりとりがとても楽しかった気がします。
 森山個人としては、撮影の中で数回「酸欠になるかも」というくらいエキサイトしたシーンがあって(笑)。森山先生はすぐにうなり声をあげちゃうのでね…。何度かちょっと大変だったという思い出があります(笑)。
 今回の『DOCTORS』は新春の放送です。笑いもあり、感動もあり、ご家族そろって楽しんでいただける作品になっていると思いますので、ぜひ楽しみにしていてください!

スタッフ

(脚本)

福田靖

(音楽)

林ゆうき

(ゼネラルプロデューサー)

三輪祐見子(テレビ朝日)

(チーフプロデューサー)

黒田徹也(テレビ朝日)

(プロデューサー)

都築歩(テレビ朝日)
松野千鶴子(アズバーズ)

(監督)

本橋圭太

(制作協力)

アズバーズ

(制作著作)

テレビ朝日