236

児玉 幸子
[ アーティスト ]

2018.12.22

 

児玉幸子(こだま さちこ)
[ アーティスト ]

黒い液体の中に立つ、円錐型の金属。そこに無数の黒いトゲが現れて動き出す…
この不思議なアート作品を生み出したのは、アーティスト 児玉幸子。
磁力に反応して形を変える特殊な黒い液体に下から磁力を送り、液体の形をコントロールしている。

「鋭いトゲを出して回転しているときは整然とした形ですが、それが弛緩(しかん)してダラっとする時に、ゾクゾクします。」

液体を操り、様々な形に変化させる児玉。
その作品に込められた、デザイン・コードとは…

【生命感】

「生命感のある動きを大事にしています。昔から、生物・植物に囲まれて生活していたので、生物というものに興味を持って作品づくりをしていました。」

黒い液体が浮き沈みを繰り返しながら形を変える作品は…

「細胞が分裂したり増殖したりするような生物に見られる有機的な動きを作品の中に取り入れています。」

不思議な動きが、見るものを引きつける。

「私の作品は見方によっていろんなものに見えるので、見る人が自分で答えを見つけてもらえればなと思います。」