バトルアスリーテス大運動会 ReSTART!
※月額基本料429円(税込)が別途必要になります。
お電話でお問い合わせ TEL 0570-0555-77 *PHS・IP電話等は(03)4334-7593へおかけ下さい。受付時間10:00~20:00 年中無休

MOVIE

NEWS
INTRO

24年ぶりに完全新作シリーズとして復活する「バトルアスリーテス大運動会 ReSTART!」をCSテレ朝チャンネルにて完全オリジナルの副音声コメンタリーとともに放送!声優陣・アーティスト陣、制作スタッフが全話を通して豪華出演!さらに前作「バトルアスリーテス大運動会」の一挙放送も決定!!

90年代に登場し、アニメ、OVA、ゲームなどメディアミックス展開され話題となった
名作「バトルアスリーテス大運動会」が24年の時を経て完全新作として復活!

太陽系の各地から集まった少女達が、宇宙一の座を目指して、神(しん)・大運動会でスポーツバトルを繰り広げる「バトルアスリーテス大運動会 ReSTART!」が、4月よりテレビ朝日系全国24局ネット NUMAnimation枠で4月10日(土)深夜1時30分からスタート。そんな話題作をCSテレ朝チャンネル1でもオリジナルの副音声のコメンタリーとともに放送が決定。コメンタリーには、豪華声優陣、オープニング・エンディングを務めるアーティスト陣、さらには制作スタッフが出演!テレ朝チャンネル1での放送は、4月11日(日)よる10時30分よりスタート。

前作「バトルアスリーテス大運動会」の一挙放送もお見逃しなく!

さらに、本作品の放送を記念して4月10日(土)午前10:00から前作の「バトルアスリーテス大運動会」の一挙放送も決定!新作「バトルアスリーテス大運動会 ReSTART!」の放送スタート前に是非前作をチェックしてみてください!

STORY

宇宙からの侵略者・ネリリ星人を退けた人類は、太陽系全域にまで居住区を広げ、その繁栄を謳歌していた。

その100年後──

人類が熱狂するのは、神(しん)・大運動会!
大学衛星と呼ばれるスペースコロニーに、太陽系の各地から少女たちが集結。宇宙一の座をかけて、様々なスポーツで激闘を繰り広げるのだ。
最後に勝ち残った者は宇宙撫子(コスモビューティー)と呼ばれ、太陽系の女王の座に就くことができる。

地球の少女・明星(あけほし)かなたは、幼い頃に交わしたある約束を果たすため、宇宙撫子を目指す。
南極訓練校での予選を見事に勝ち抜き、大学衛星にやって来たかなた。
そこで、かつて約束を交わした少女と再会を果たす。
勇気と希望と誇りをかけた、少女たちの熱いスポーツバトルが幕を開ける!

CAST

メインキャスト

明星かなた
諸星すみれ
エヴァ・ガレンシュタイン
石川由依
シェリイ・ウォン
富田美憂
ヤナ・クリストファ
早見沙織
リディア・ガートランド
鬼頭明里
パリア・レスピーギ
南條ひかる
ユシル
種﨑敦美
アンナ・オールドマン
ファイルーズあい
ジミー・観音寺
落合福嗣

オープニングテーマ
「コバルトの鼓動」諏訪ななか

エンディングテーマ
「桜舞い散る夜に」近藤玲奈

COMMENT
第11話コメンタリー

オープニングテーマ 諏訪ななか(明星ひなた役)

諏訪ななか
今回、アンナ・オールドマン役のファイルーズあいさんと一緒にオーディオコメンタリーを担当させて頂きました。アニメの作中では何度も一緒にいるシーンがあったアンナとひなたなのですが、なかなか一緒に収録することも出来なかったので、今回こうしてお話することが出来て楽しかったです!そして筋肉にもちょっと詳しくなれました(笑)。初めて知るキャラクターたちの詳しいプロフィールだったり、実はオーディションで受けていたキャラクターだったり、オープニングテーマの「コバルトの鼓動」のレコーディングなど、いろんなお話をさせて頂いたのでアニメと併せてこちらも楽しんで頂けたら嬉しいです!

ファイルーズあい(アンナ・オールドマン役)

ファイルーズあい
今回は「バトルアスリーテス大運動会 ReSTART!」第11話、明星ひなた役の諏訪ななかさんと一緒にオーディオコメンタリーをやらせていただきました。諏訪さんはオープニングテーマの「コバルトの鼓動」も歌っていらっしゃるので、私としてはぜひとも歌っているときの印象や意識したことなどをお聞きしたかったので、今回そういうお話も聞くことができて嬉しかったです。あとプロフィールをたくさんいただいて、今まで知らなかったアンナの一面やひなたの意外な一面、ちょっとツンデレな部分もあることがわかったので、すごく嬉しかったです。今回、そんなアンナの新たな一面を知ることができたので、その知識を得た状態で、またアンナを演じてみたいなと思っています。いつかまた別の機会に皆さんに素敵なアンナをお届け出来るように私も精進したいと思います。ご視聴有難うございました。
第1話コメンタリー

諸星すみれ(明星かなた役)

諸星すみれ
(第1話の収録が)とにかく楽しかったです!“美憂ちゃん(富田美憂)”と役についてゆっくり話す機会が少なかったのでとても貴重な機会でした。またこの先の物語の展開もすごく気になりました。
(コメンタリーの収録で)実際に映像を見たときに画が細かくて綺麗で、色彩も鮮やかでとても惹きこまれ、お芝居もとても自由にイキイキとやらせて頂きました。そんな素敵な作品に自分自身が参加できたことが光栄に思いました。
これからも“かなた”はいろんな表情を魅せてくれると思います。そして、キャラクターそれぞれの魅力もたくさんあるので是非注目してください。

富田美憂(シェリイ・ウォン役)

富田美憂
第1話のオーディオコメンタリー収録を“スーちゃん(諸星すみれ)”と行うということで、前日からとてもワクワクしていました!諸星さんとは共演作も多いのですが、なかなか『オーディションのこと』『作品のこと』などゆっくり2人で話す機会が少なかったので今回のコメンタリー収録でお話できたことがとても嬉しかったです。
自分が演じているシェリイですが、第1話ではツンツンした態度をしているのですが、話数を重ねてかなたを始め、仲間たちと出会って触れ合っていくうちに、彼女の心がどう変化していくのかがシェリイの見どころかと思います。そして、物語の展開が進むにつれ他のキャラクターたちの生い立ちなどたくさんの見どころがたくさんあるので是非応援よろしくお願いします。
第2話コメンタリー

南條ひかる(パリア・レスピーギ役)

南條ひかる
音響監督のなかのさんと宣伝プロデューサーの本川さんとご一緒させていただき、初めてのオーディオコメンタリー収録ということもありとても緊張していたのですが、温かい雰囲気で迎えて頂いて肩の力を抜いて収録出来たかな?と思っています。コメンタリーでもお話しさせていただきましたが、 今回のパリアというキャラクターを演じさせていただく上で、新しい発見が沢山ありました。なかのさんから「頂いた他のキャラと差別化を意識して欲しい」というご指摘が一番に印象に残っています。果たして、パリアがどんなキャラになったのか。コメンタリーもあわせて楽しんで頂ければ嬉しいです!

音響監督 なかのとおる

今後チャンスがあれば、佐々木監督ともコメンタリーを一緒にできればいいなと思います。

宣伝プロデューサー 本川 耕平

物語が今後、どんどん動いていきますので皆様目を離さず、是非この作品をご覧ください。
それぞれのキャラクターが、どんな理由で、何を思って宇宙撫子(コスモビューティー)をめざすのか、ストーリーが進むにつれて明らかになっていきます。
共感して頂けるキャラクターもいるかと思いますので、ぜひ、皆さまそれぞれの推しの選手を見つけて、声援を送ってもらえますと幸いです。

第3話コメンタリー

富田美憂(シェリイ・ウォン役)

富田美憂
今回のコメンタリー収録で、初めて2人でお話をする鬼頭さんと一緒だとうかがい、スタジオに入る前まではすごく緊張していました。収録では、"作品のオーディションのこと"、"アフレコでのこと"、"役についてのこと"など掘り下げてお話できる機会を頂けたのでとても良いコメンタリーが録れたと思います。また、今後の展開を匂わすお話もあったりするので、コメンタリー付きで作品を見ていただけるとより楽しめると思います。

鬼頭明里(リディア・ガートランド役)

“美憂ちゃん(富田美憂)”と二人で話すのが初めてだったので、2人ともとても緊張していて、コメンタリーの収録はどんな感じになるのかなと思っていました。コロナ禍でアフレコが一緒にできる機会が少なく、キャスト同士で作品についてお話することもなかったので、今回のコメンタリーの収録で“作品についてのこと”、“オーディションの時のこと”、“アフレコについての思い”などがお話できてとても楽しかったです。是非!本編と合わせてコメンタリーも聴いて下さい。

第4話コメンタリー

諸星すみれ(明星かなた役)

諸星すみれ
早見さんのお話がすごく興味深いものばかりで、思わず時間を忘れてしまいました。私が進行役だったのですが、ぜんぜん進行ができず(笑)、ただただ早見さんにお話を聞くというコメンタリーになってしまいました。早見さんのことは、以前から素敵な役者さんだなと思っていて、お芝居の勉強もさせていただいていたので、「バトルアスリーテス大運動会」でまた共演させていただくことができて嬉しかったです。さらに今回の収録では作品について語り合い、お芝居にどうアプローチしているのか、というお話も聞くことができました。このような機会はこれまでなかなかなかったので、とても貴重なことで嬉しかったです。
収録が終わった後もいろいろとお話が聞きたくて、さっきまでたくさんお話をしていました(笑)。さらにこの後もお話できたらと思いますし、世の中の状況が落ち着いたらぜひお食事にも行かせてもらえたら、なんて厚かましく思っています(笑)。

早見沙織(ヤナ・クリストファ役)

早見沙織
今回のようなコメンタリーを担当させていただくこと、そしてキャラクターや作品についてしっかりお話させていただくことは私にとって初めてのこと。なので、ヤナのことや作品についてギュギュッと語ることができてとても嬉しかったです。スポーツ系の作品なので爽やかでカッコいいところもありますが、その一方でキャラクターのバックボーンに基づいたシリアスなシーンなど心情を描くシーンも多いので、お芝居的にも表情の幅がすごく広いんです。そういう意味で他の方がどのように演じていらっしゃるのかな、と思っていました。
そんな中、今回一番収録中に話しかけたくても話しかけられなかった(笑)すみれちゃんにお話を聞くことができてすごく幸せでした(笑)。二人でゆっくりしゃべることも初めてだったので、本当に楽しかったです。ぜんっぜん話し足りなかったです。もっともっとたくさんお話したかったです。またの機会を楽しみにしています。
第5話コメンタリー

鬼頭明里(リディア・ガートランド役)

鬼頭明里
今回はヤナ役の早見沙織さんと一緒にコメンタリーをやらせていただきましたが、ヤナとリディアはペアのような、ニコイチのようなキャラクターなのでとても楽しかったです。キャラクターについて掘り下げたり、すごく和気藹々とお話をさせていただいたので、とても楽しかったです。リディアは最初ヤナにめちゃめちゃ突っかかっていますが、回を追うごとに仲良くなっていきます。そんな姿がとてもかわいいと思いました。ぜひそのあたりにも注目して見て頂けたら嬉しいです。

早見沙織(ヤナ・クリストファ役)

早見沙織
リディア役の鬼頭明里さんとのコメンタリーでしたが、公の場で鬼頭さんとしっかりとお話させていただくことは初めてだったので、とても楽しかったです。今回はリディアがヤナのかけがえのない存在という関係性で掛け合いをさせていただいたので、いろいろなお話ができて楽しかったです。個人的にはリディアの前でヤナが誰にも見せない表情をたまに見せるところがすごく好きです。今後はそんな二人の日常の掛け合いなどのシーンを、もっともっと見てみたいなとこっそり思っています。またご一緒できる機会を楽しみにしています。
第6話コメンタリー

諸星すみれ(明星かなた役)

諸星すみれ
すごく楽しい収録でした!普段のオーディオコメンタリーの収録は、映像を見ながら感想を述べることが多いのですが、この6話の収録ではほぼ!?映像を見ずに新しいスタイルのオーディオコメンタリーの収録になったと思いますので皆様に楽しんでいただけたらと思います。
また、落合福嗣さんが演じている「ジミー・観音寺」のキャラクターが大好きで、司会の時のお芝居でキャラクターに対して深く入り込まないようにかつ、場を盛り上げるという絶妙なバランスで演じられていることに、収録時からすごいなと思っていて、今回この収録のお話をお聞きできたことが勉強になりましたし、貴重な機会を頂きました。

落合福嗣(ジミー・観音寺役)

落合福嗣
諸星さんと二人でオーディオコメンタリーの収録で、「こんな感じで良かったのかな!?」と思うほど、のんびりとたのしくお話しながら進めることができました。
収録では、諸星さんにお話を振っていただいたので、僕が演じる「ジミー・観音寺の裏話」、「自身のキャラクターを演じること」「主人公の明星かなたが喋る方言の話」などとてもたくさんのお話ができました。
諸星さんありがとうございます!
第7話コメンタリー

種﨑敦美(ユシル役)

種﨑敦美
ヤナ役の早見沙織さんとのコメンタリーでしたが、作品や役のお話をたくさんすることができました。私が早見さんに聞きたかったことも聞くことができたので、とても良い時間…、貴重な時間を過ごさせていただきました。だが!足りない!もっと話したいことがたくさんありました!もう少し沙織ちゃんのパーソナルなことなど、お聞きしたいことが沢山あったんです。それについては、どうにかしてこの先の人生の中で思いを叶えて(笑)、沙織ちゃんから聞き出していこうと思います(笑)。でも、今回はとりあえず作品とキャラクターについてのお話はしっかりとできたので、皆さんが楽しんでいただけたら嬉しいなと思います。貴重な時間を有難うございました。

早見沙織(ヤナ・クリストファ役)

早見沙織
ユシル役の種﨑敦美さんとお互いのキャラクターのこと、アフレコの時どんな風に向き合っていたかなど、しっかりとお話させていただいたのは初めてでしたので、すごく感動しましたし、発見がありました。ヤナにとってユシルはとても心を揺さぶられる存在で、アフレコの時もとても印象深い掛け合いが多いんです。そのことについてもコメンタリーの中で深く掘り下げることができたので、良かったなと思っています。ぜひぜひこのコメンタリーを聞いていただいて第7話を楽しんでいただけると嬉しいです。有難うございました。
第8話コメンタリー

鬼頭明里(リディア・ガートランド役)

鬼頭明里
今回はユシル役の種﨑さんとコメンタリーをさせていただきましたが、タネさんとは現場でお会いすることはあってもコメンタリーを1対1でやる機会がありませんでした。なので、どんな感じになるのかなと思いながら、いろいろお話をさせていただきました。個人的にユシルは結構気になるキャラで、タネさんにもどんな感じで、どんな風に演じたんですか?楽しかったですか?など聞きたいことも沢山ありました。コメンタリー中にそんなお話をしましたし、作品についてのお話、あとは二人でヤナについて語ったり(笑)、いろいろなお話ができたのでとても楽しかったです。コメンタリーも本編と合わせて楽しんでいただいたら嬉しいです。

種﨑敦美(ユシル役)

種﨑敦美
今回はリディア役の鬼頭さんと第8話のコメンタリーをやらせていただきましたが、明里ちゃんは、こちらが何を投げてもしっかりと受け止めてくれる(笑)。私がこんなに落ち着いてコメンタリーができることはなかなか珍しいと思うのですが(笑)、それも明里ちゃんのおかげだと思っています(笑)。コメンタリー中にユシルと同じく、少し茶化したりしたのですが、それも明里ちゃんはしっかりと受け止めてくれているので、そこも楽しんで聞いて頂けたらと思いまーす(笑)。とても楽しかったです。有難うございました。
第9話コメンタリー

石川由依(エヴァ・ガレンシュタイン役)

石川由依
今回は第9話のコメンタリーでしたが、9話にしてやっとエヴァについて少しお話しできたかな、と思っています。番組がスタートする前に取材などでエヴァについて話す機会はあったのですが、謎が多い子なこともあって、なかなかしゃべれることが限られていて…。このコメンタリーで、やっとエヴァの過去や本心みたいなことをお話しすることができました。すごく楽しかったです。今まで共演したことはあっても、1対1で話すのは初めてだった美憂ちゃんともお話しでき、美憂ちゃんの作品やキャラクターに対する思いやプライベートのこと、さらに特技や声優の始まりについても聞くことができて嬉しかったです。また是非コメンタリーできたらと思っています。

富田美憂(シェリイ・ウォン役)

富田美憂
これまで石川さんとキャラクターのことやオーディションについて、そして作品についてアフレコ中にお話しできる機会がなかなかありませんでした。今回はキャラクターたちについて深いお話を聞けたり、オーディションのお話も聞けたので、すごくすごく楽しいコメンタリーだと思いました。また機会があったらやりたいなと思います。石川さんは何種類もダンスをやっていらっしゃったと話していらしたので、機会があったらぜひダンスも見たいなと思います(笑)。今はなかなか難しいとは思うのですが、叶うことならいつかみんなでイベントをやって、全キャストが一堂に会することができたら良いですね。そこでみんなの得意なことのお話とか、キャラクターのお話などもたくさん聞けるんじゃないかと思うので、そんな機会をこっそり待っていたいなと思います。
第10話コメンタリー

エンディングテーマ 近藤玲奈(チャル・ヴァルター役)

近藤玲奈
佐々木監督と音響監督のなかのさんとのコメンタリーでしたが、スタッフの方とご一緒にコメンタリーをするというのは初めてのことだったので、とても緊張しました。でも、とてもびっくりするようなお話も聞くこともできましたし、とてもとても楽しかったです。チャルの詳しいキャラクターのお話だったり、エンディングテーマが決まったいきさつだったり、今回初めて知ることも多くて、すごく、すごく驚きました。曲が決まった経緯を知って、本当にこだわって曲を選んでくださったんだと、とても嬉しかったです。たくさん、たくさんこれからも『バトルアスリーテス大運動会』を見直してください。有難うございました。

監督 佐々木勅嘉

オーディオコメンタリーの経験はあまりないのですが、今回はあっという間に本編が終了してしまい、もっともっと話したいこともありました。コメンタリーで抑えきれていないところもありますが、引き続き『バトルアスリーテス大運動会』を見直していただけば、新たな発見もあるかと思いますので、末永くこの作品を応援していただければと思います。監督としてこの作品に携わっていたのですが、なかのさんと近藤さんと話していて、他の皆さんがこういうことを考えていたんだ、と新たな発見もありました。それだけでもすごく良かったと思っています。

音響監督 なかのとおる

オーディオコメンタリーは2回目でしたが、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。佐々木監督とは今回初めてタッグを組ませていただき、ワンシリーズやらせていただきましたが、監督が思っている世界観を現場としてどのように構築して作品として作り上げていくか、と常に考えながらやらせていただきました。今回はエンディングのお話もさせていただきましたが、オープニングも選ばせていただけるという、貴重なチャンスもいただけたのはすごくうれしかったです。劇伴と言われる、いわゆるBGMの作業に関しても非常に時間をとっていただいて沢山の楽曲を作っていただきました。そういう部分でも今回はいつも以上に幸せでした。本当に有難うございました。

夏樹リオ(バトルアスリーテス大運動会 神崎あかり役)

夏樹リオ
「いっちゃん、クリス、アンナちゃん!
すごいよ、100年後の世界だよ。100年後の大運動会だよ…!」

みなさまお久しぶりです!初めての方ははじめまして。
懐かしい大好きな大運動会が、この度ReSTARTとして新しく始まるそうです。

あかりを演らせていただいた当時の私は不器用というか…空回りもあってなかなか上手く出来ず、今思うと本当に有難いことなのですが、居残り収録という事も度々ありました。

あかりのように自信を無くし、殻に閉じこもりそうになる私を支えてくれたのは物語の世界でも、現実世界でも仲間達でした。

ある人は、その凛とした姿と台詞で手を引き背を押してくれ、ある人とは兄弟のように仲良くなりました。
そしてある人は、居残りの私が終わるまでスタジオのロビーでずっと待っていてくれました。
そんなかけがえのない最高の仲間達と駆け抜けた大運動会がReSTARTとして帰ってくるんです!

きっと100年後の世界でもかなたちゃん始め少女達は熱い戦いと素敵な友情を見せてくれるのでしょう。

もう、ワクワクが止まりません。
私も心からのエールを…!

さあ、バトルアスリーテス大運動会 ReSTART!、はじまるよー!!
一挙放送

バトルアスリーテス大運動会一挙放送
※配信は終了しました

バトルアスリーテス大運動会

©AIC・iPC/NBCUniversal Entertainment・テレビ東京・SOFTEX・WE'VE

STAFF

メインスタッフ

  • 原案:林宏樹
  • 監督:佐々木勅嘉
  • シリーズ構成:香椎葉平
  • キャラクターデザイン:春山和則
  • 美術監督:中原英統
  • 色彩設計:近藤直登
  • 撮影監督:堀川和人
  • 音響監督:なかのとおる
  • 音楽:hisakuni 賀佐泰洋 山崎真吾 曽木琢磨
    髙橋祐子 トミタカズキ 横地健太
  • 劇伴制作:SUPA LOVE
  • 制作:アニメーションスタジオ・セブン
※月額基本料429円(税込)が別途必要になります。
お電話でお問い合わせ TEL 0570-0555-77 *PHS・IP電話等は(03)4334-7593へおかけ下さい。受付時間10:00~20:00 年中無休

■テレ朝チャンネル1 ドラマ・バラエティ・アニメ

※スカパー!(ch.298)、プレミアムサービス(ch.611)、プレミアムサービス光(ch.611)、ひかりTV(Ch.556)、auひかり(ch.755)、J:COM(ch.755)またはケーブルテレビでご覧いただけます。