「EXまにあっくすweb」はテレ朝チャンネルで放送する番組の、
これまで気づかなかった楽しみ方や視聴の仕方を共有していくサイトです。

円谷プロの幻の作品!ブー・カー・ピートリオ(ブースカ、カネゴン、ピグモン)が主役の映画「アニメちゃん」ほか

再放送はおろかソフト化もされていない“まにあっくな”作品をお送りする「EXまにあっくす」。

東北新幹線、上越新幹線開業が開業、携帯がない時代に重宝したテレホンカードの使用が開始された1982年。世界初のCDプレーヤがソニー他から発売され、ストーンウオッシュが大流行しました。
そして1984年。郷ひろみがあの名曲「2億4千万の瞳」を発表。マハラジャ麻布十番店がオープンし、その後全国展開するまでになり、高級ディスコブームが巻き起こるまさにバブルな年。米アップルコンピュータがマッキントッシュを発表。当時はPC1人1台時代がくるなんて考えもしなかった時代でした。

そんな時代に公開・放送された、
◇映画「アニメちゃん」

1984年に劇場公開されて以来、テレビ放送はもちろん、ソフト化もされていないこちらの作品。
今回34年の時を超えて、テレビ初放送されます。
円谷プロの三大愉快獣、ブー・カー・ピートリオ(ブースカ、カネゴン、ピグモン)が主役を務め、3匹揃った姿はなんともキュート! ちなみに、“ブー・カー・ピー”とは3匹の頭文字をとっているそうです。
快獣ブースカの声優は、ブースカといえばこの方。1966年の『快獣ブースカ』放映当時よりブースカの声を務めた、初代ブースカ声優の高橋和枝。『ガメラシリーズ』『ウルトラマン80』等を手掛けた 湯浅 憲明(ゆあさ のりあき)監督がメガホンをとっています。

 

◇「乱れからくり ねじ屋敷連続殺人事件」

1982年に放映された、円谷プロ制作の火曜サスペンス劇場第一弾。
こちらの作品の監督は、映画監督のクエンティン・タランティーノも大ファンであることを公言している、映画「吸血鬼ゴケミドロ」の監督でもある 佐藤 肇(さとう はじめ)。劇中に登場する巨大迷路のシーンは、円谷プロ制作ならではのスケール感。「あぶない刑事」がスタートする4年前の柴田恭兵の出演も見逃せません。

 

◇時代劇スペシャル 「悪霊桜子姫」

1982年制作。放送時の裏番組は、「3年B組 貫八先生」、「太陽にほえろ!~ボギー刑事登場編~」。
「大魔神」シリーズの黒田義之(くろだ よしゆき)が本編監督を、ウルトラマンシリーズを数多く手掛ける高野宏一(たかの こういち)が特撮監督を担当。特撮時代劇のレジェンドたちがつくりあげたジャパニーズホラーの真骨頂。ファミリー層がこぞって見ていた作品の裏で、こんなおどろおどろしい作品が放送されていたなんて斬新です。

 

他、「ザ・サムライ」「AM3:00の恐怖」「ウルトラマンM730ウルトラマンランド」をラインアップ!

LINE はてブ Pocket +1
関連記事