「EXまにあっくすweb」はテレ朝チャンネルで放送する番組の、
これまで気づかなかった楽しみ方や視聴の仕方を共有していくサイトです。

【ch1】TV独占放送!!伊藤 蘭コンサート・ツアー2020 ~My Bouquet & My Dear Candies!~

ソロ楽曲からキャンディーズ楽曲までたっぷりとお届けします!

スカパー!ご加入はこちら

席数も絞られたなか、チケットは発売直後に即完売。会場に集まった幸運なファンが待ち望む中、伊藤蘭が登場。本人作詞である「WinkWink」からスタートし、「ああ私ったら!」「ミモザのときめき」など、まずはソロアルバム「My Bouquet」の楽曲からライブはスタート。そして、実はキャンディーズ時代も作詞を手掛けていたという伊藤蘭。クラシカルで清楚な白いドレスに着替えると、「若かりし頃に作詞しました楽曲をお聞きください」とキャンディーズ楽曲から「恋がひとつ」「アンティックドール」を披露する。

 

ここでしっとりした雰囲気から一転、コーラス隊が客席に「C・A・N・D・I・E・S!」と拍手を煽り、お待ちかねのキャンディーズソングパートへ。「危い土曜日」「その気にさせないで」「ハートのエースが出てこない」「やさしい悪魔」「年下の男の子」「暑中お見舞い申し上げます」「春一番」「微笑がえし」。ファンならばタイトルを聞いただけでワクワクするメドレーが続き、歓声があげれなくても、拍手とペンライトの熱い熱気が会場から巻き起こった。

この時の気持ちを伊藤蘭は「手探りだったキャンディーズ曲の歌唱も、今回増やせたことで、皆さんに喜んで頂けたことを実感出来て嬉しかったです。」と語る。ラストは印象的な赤いドレスで、最新ソロ楽曲「恋するリボルバー」を情熱的に披露。そして「大好きなスーちゃんが作詞した」という「Please Come Again」を優しい歌声で歌い上げ、最後に「またね!」と、力強くまたソロアーティストとしてステージでの再会をファンに約束してライブは終了した。

※LIVE画像 撮影:吉原朱美※

 

【伊藤蘭コメント】

「延期の後の開催だっただけに、感激もひとしおでした。ファンの皆様が徹底してルールを守って応援くださっているのが伝わってきて、感動と感謝の気持ちでいっぱいです。次回こそはなんの不安もない通常モードのコンサートでお会いしなければと思いました。近い将来必ず実現させたいと思っていますので、皆さん待っていてくださいね。」

伊藤 蘭コンサート・ツアー2020

~My Bouquet & My Dear Candies!~

■12月28日(月)よる6:00~

LINE はてブ Pocket +1
関連記事