「EXまにあっくすweb」はテレ朝チャンネルで放送する番組の、
これまで気づかなかった楽しみ方や視聴の仕方を共有していくサイトです。

【ch2】スター選手続々登場!全員警察官!「令和元年度 全国警察剣道選手権大会」

令和元年度 全国警察剣道選手権④

~全日本覇者2人が副音声に出演!~

【左から 渡辺正行・木和田大起教士七段・髙鍋進教士七段・マキタスポーツ・天野浩成】

■全日本選手権、世界選手権の覇者2人が出演!

今回の副音声には、剣道を愛するタレント3名が出演してくださいました。

5/31放送の八段優勝大会に続き、渡辺正行さん(剣道五段)。

俳優・芸人、ミュージシャンとマルチに活躍、マキタスポーツさん(剣道二段)。

「仮面ライダー剣」の橘朔也 / 仮面ライダーギャレン役、現在バラエティでも活躍されている俳優の天野浩成さん(剣道三段)。

そして解説には、剣道界でも特に有名なお二人にお集まりいただきました。

写真:剣道日本/齊藤僚子

まずは髙鍋進さん(42歳 教士七段)

経歴:PL学園高校ー筑波大学ー神奈川県警

2003年から強豪ひしめく神奈川予選を勝ち抜き10年連続で全日本選手権出場。10年、11年と2連覇を達成し、史上2人目の快挙に、当時全国紙でも大きく取り上げられました。日本代表として世界選手権に4度出場し、団体優勝3回、個人優勝1回。この全国警察選手権では、史上3人目の3連覇を含む優勝4回と近年では圧倒的な成績を残されています。

今大会には審判として参加されていました。

写真:剣道日本/齊藤僚子

そして木和田大起さん(41歳 教士七段)

経歴:三重高校ー中央大学ー大阪府警

2012年の全日本選手権、史上初の3連覇がかかった髙鍋さんを準決勝で破り、そのまま初優勝。この時の優勝は「髙鍋さんからもらったアドバイスのお陰」と語っていました。全国警察選手権は優勝1回(08年)。翌年も決勝進出するもここでは髙鍋さんに敗れています。CSテレ朝で放送が始まった14年、15年にはまだ選手として出場されていました。世界選手権には09年、12年に出場し、髙鍋さんとともに団体優勝。

日本を代表する剣士として活躍されたお二人の豪華な解説です。

【上段剣士との戦い方】

 

■剣道界のスター選手による解説

お二人が選手として全日本選手権等で活躍されていたその時期は筆者が就職し再び剣道に注目し始めたころとモロかぶり。1人の剣道好きとしてその姿を追ってきたまさに憧れの存在なのです。

どれくらいのスターなのか、サッカーで言うと、ジーコJAPAN時代の黄金の中盤、中田英寿と中村俊輔が解説に来てくれた、みたいな感じでしょうか。

お二人とも現在は指導者として第一線を退かれたとはいえ、まだまだ現役選手に引けを取らず、3/2に放送した「七段戦」にも出場。今年は髙鍋さんが3度目の優勝を果たされました。


【髙鍋進 玄妙な技】※2019年3月2日に放送終了

 

木和田さんは今年は予選リーグ敗退でしたが、去年、一昨年は2年連続の3位でした。

木和田さんは、去年放送した世界選手権の解説、今年の七段戦での副音声と今回が3回目の出演。

一方の髙鍋さんは、テレビでの解説は初めての経験。

そんなお二人の解説を聞きながらの共演はとても貴重なことだと、”剣道タレント”の3人もとても楽しそうでした。解説のお二人も収録後「とても楽しかった」と言っていただき、筆者も一安心。警察剣道ならではの特殊なルールにゲストは興味津々でした。今後の放送でも是非また出演いただきたいですね。


【警察剣道は足払いアリ】

 

■初出演のマキタスポーツさん、天野浩成さん

今回初出演のマキタスポーツさんは小中高と剣道を続けて二段の腕前。剣道を見るのは今も大好きとのことで、自身のラジオ番組では剣道の話題もかなり多く飛び出します。今大会の優勝者が全日本選手権を制した時、ゲストに呼んで共演したこともあるほど。「礼節を重んじ、潔さが美しい」と、武道としての剣道を愛しているんだなと、トークの節々から感じました。

ちなみに、同世代のスター選手はPL学園、筑波大学で髙鍋さんの先輩でもある鍋山隆弘さん(現筑波大学剣道部男子監督)とのこと。この日は、かつて同ラジオ番組で共演した梅ヶ谷翔選手(中央大ー富士ゼロックス)の、Tシャツを着てくれました。

ラジオ番組「東京ポッド許可局」でのトークから生まれた「うめがや、つまり、うめがたに」Tシャツ

写真:剣道日本/齊藤僚子

天野浩成さんは、小学生で剣道を辞めてから、30代になってから再開しリバ剣。(*リバ剣とは、リバイバル剣道のことで、大人になって剣道を再開しハマってしまうこと。)

現在三段で、1年後には四段に挑戦されるそうです。防具のこだわりがとても強く、埼玉の剣道具_メーカー「栄光武道具」さんの広告塔にもなっているとか。ちなみに木和田さんとは以前からお知り合いとのこと。年に1度、全国から剣道家があつまる演武大会(通称・京都大会)で木和田さんの試合を見てその剣道に一目惚れ。自分から話しかけにいき、今では一緒に稽古をするほどの仲だそうです。

剣道大会の運営のお手伝いにも頻繁に参加するというという天野さん    写真:剣道日本/齊藤僚子

 

【気づくといない木和田・後ろにいる髙鍋】

そして“リーダー”こと渡辺正行さんは、八段優勝大会に引き続き2度目の出演、今回は司会進行を担当していただきました。ほとんど体は動かず、心の戦いである八段戦とくらべ、警察選手権との違いは、圧倒的な動きの多さと速さ。全日本選手権でも活躍する現役選手たちの目も追いつかないほどの試合に対する髙鍋さん、木和田さんの選手目線のわかりやすい解説に終始唸っていらっしゃいました。

写真:剣道日本/齊藤僚子

「勝っても喜んではいけない」

CSテレ朝チャンネルでは、9月に全日本女子選手権、10月に東西対抗大会も放送予定です。
副音声も引き続き行っていく予定ですのでお楽しみに!!
 写真:剣道日本/齊藤僚子
令和元年度 警察剣道選手権大会(個人)はCSテレ朝チャンネル2で放送!!
6月23日(日)午後6時~よる9時
【今後の放送予定】
9月 全日本女子選手権
10月  全日本東西対抗大会
LINE はてブ Pocket +1
関連記事