「EXまにあっくすweb」はテレ朝チャンネルで放送する番組の、
これまで気づかなかった楽しみ方や視聴の仕方を共有していくサイトです。

【ch2】今日の競泳ジャパンオープン見どころ(3日目)

世界水泳の最終代表選考会・競泳ジャパンオープン3日目

今日(6/1)のみどころ

①女子200mバタフライ

長谷川涼香がすでに代表権を獲得しているため、残りは「1」枠。去年のパンパシ水泳銀メダル・持田早智、大橋悠依、牧野紘子が「1」枠を懸けて争う。大橋は同日に予定されていた200m個人メドレーを回避。世界水泳本番で最初の200m個人メドレーと最終日の400m個人メドレーの間を埋める種目として、200mバタフライの代表権を獲りに行く。日本選手権では、ラスト50mが伸びす、派遣タイムにわずか0秒08届かず。リベンジできるか?一方、長谷川涼香は5月のシドニー招待でも50mで自己ベストを更新するなど、引き続き好調。この3年更新できていない200mでの自己ベスト更新に期待がかかる!

②男子200mバタフライ

この種目の世界ランク1位、世界水泳の金メダル候補・ハンガリーの新星ミラーク(19歳)が初参戦。すでに代表に決定し、世界水泳での金メダルを狙う瀬戸大也との直接対決が実現!!残り「1枠」を懸けた熾烈な代表争いも含め、今大会1の注目レースだ。リオ五輪の銀メダリスト・坂井聖人は右肩のケガもあり長く低迷していたが、今月ミラークと泳いだFINAの賞金レースで1分55秒40の好タイム。1年ぶりの55秒台に今大会での世界水泳派遣記録(1分55秒55)突破に期待がかかる。幌村との世界水泳代表権獲得争いがどうなるのか、大注目のレース。

LINE はてブ Pocket +1
関連記事