バドミントンルール

  • 得点に関して

    ・全種目21点3ゲームで2ゲーム先取のラリーポイント方式
    ※ラリーポイント方式とは、サーブ権に関わらずラリーに勝った方にポイントが入るルール

    ・20-20になった場合、2点差がつくか、30点を先に取ったほうが勝ちとなる

  • インターバル

    ・各ゲームで一方のポイントが11点になった時に1分間を越えないインターバルを設ける
    ・ゲーム間は2分間を越えないインターバルを設ける

  • チェンジエンズ

    ゲームが終了するごとにチェンジエンズが行われる。

    1.第1ゲームを終了したとき
    2.第2ゲームを終了したとき(※第3ゲームを行う場合)
    3.第3ゲームで、一方のポイントが最初に11点に達したとき

  • コートについて

    ・バドミントンのコートは通常、シングルスとダブルス兼用のものを利用してプレイする
    ・緑色の部分がコートの範囲。
    ・ダブルスが全面なのに対して、シングルスは左右が狭くなっている。
    縦:13.4m  横:シングルス 5.18m / ダブルス 6.1m
    ・ネットの高さは1m55cm

    コートについて
  • 反則・フォルトについて

    ・サービス時にシャトルを打つ時、腰より下の高さから打たないといけない
    ・主要国際大会では、サービス時にシャトルを打つ時、コート床面から115センチ未満の高さから打たないといけない
    2018年度から3月ドイツオープンから試験導入された新たなサービス規定
    世界バドミントン連盟の総会で12月10日まで試験導入を継続することが決定した

    ・サービス時は、サーブを打つ人・サーブを受ける人ともに両足が床についた状態でなければいけない
    足を踏み出す、浮かすなどをするとフォルトになる
    ・サービス時は、ラインを踏んではいけない

  • その他

    ・シャトルの重さは、約5gと非常に軽い

    ・世界最速のスマッシュ初速は「493km/h」
    マレーシアのTan Boon Heong選手が記録し、ギネス世界記録に認定されている