このページについてのご感想  
トップ > 3羽のひよこ 2004
 
NO.6 初!野球実況練習!!
 
reported by 大木優紀


『野球実況のリズムというものが、自分の中にないことを実感した。まずは、球の動きに反応して「投げた」「打った」から、声に出そう。しっかりお腹から声を出さねば・・・。のどが・・・。』

およそ一年前、初めての野球実況を体験した日の私の「研修日誌」です。皆さん意外に思われるかもしれませんが、アナウンス部の研修では女性でも皆、野球実況の研修があります。前田、市川、大木の3人も去年野球実況の研修を受けたんですよ。
 それは、それはひどいものでした。ろくに野球のルールも知らないものですから、口に出す言葉もはちゃめちゃです。日誌の中にもありますが、まずは「投げた」「打った」から言葉にするのですが、思わず笑いをさそうインチキ実況。
 
言葉が出ない。ライト方向へ飛んだボール。しばしの沈黙、やっと出た言葉・・・「あっ! み、みみ、右。」
 
嘘も多い。「ス、ストライク・・。え、あ。あれ?走った。・・・あ、点が入ったようです・・・。」なぜ??何が起きたのか。しゃべってる本人が一番知りたいのです。

さあ、今年の3人はどうなっているのでしょうか?
初めての野球実況の感想を聞いてみましょう!

  【佐々木亮太】
神宮球場に実況の研修に行ってきました!
僕は昔からサッカー少年だったので、野球にあまり馴染みがありません。
そのため、まずは野球の実況というよりは、ボール一つ一つの動きを追うということを目指してやっていきました。
しかしこれが本当に難しい・・・。
何しろ打球が早くて、「あっ!」と思った瞬間にもうしゃべるのが追いつかなくなってしまうという始末。
とにかく何回も練習するしかないという「実況」。
少しでも上手くなれるように、精進あるのみ!!
  【堂 真理子】
初めて会社の外で研修をする日がやってきました!神宮球場での野球実況の練習です!!外の空気を吸いながら研修を行うことはとても楽しみだったのですが、野球についてほとんど知らない私にとって、きちんと実況が出来るのか不安でもありました。そして案の定・・・あらかじめルールを把握して実況練習に臨んだのですが、いざ試合が始まってみると、あまりの動きの速さに呆然としてしまい、言葉が出ませんでした・・・。最初はもうボロボロです・・・しかし、分からないなりにも、とにかく目に映った光景を言葉にしていく練習をひたすらしました。そして最後には、めいっぱい声を大きくして話していました。野球の面白さに目覚め始めた私・・・まだ知らないことがたくさんあるので、これからもっと勉強していきたいです!!
  【上宮菜々子】
今日ははじめての実況研修(^o^)アナウンス部新人研修始まって以来の外での研修ということで、ワクワクして神宮球場に向かいました♪けれど、不安なことがひとつ・・・
実は私、野球に関して全くのど素人なんです!先輩や、スポーツ局の同期に、ルールや専門用語を教えてもらったのですが、やはりそんな簡単にはいきません。まず、目に映る選手の動作を描写するだけでも、大変大変。目に飛び込んでくる情報量って実はとても多いんです。自分の実況を録音して聞いたら、ハチャメチャでした。だめだな〜っと意気消沈。でも一ついいことも!今までなんとなく見ていた野球の、本当の魅力に触れることができた気がしたんです。もっともっと勉強して、言葉で、試合や球場の臨場感を伝えられるようにがんばります☆
うーーーん。やはり3人ともかなり苦労しているようですね。
ある先輩の言葉。
「実況を制する者はアナウンサーを制する」
実況はアナウンサーの仕事すべての基本になる能力だとのこと。

皆さんも引き続き3人を応援してくださいね。

<このコーナーは2年目になる大木、市川、前田が担当しています。>

トップページへ
 
    
このページについてのご感想  
トップ > 3羽のひよこ 2004