前の記事を読む 次の記事を読む  

トップ > パーソナルトップ > プロフィールトップ > エッセイバックナンバー
 
 
10月21日 人生初の運動会


9月からスポーツ幼児園に通っている息子の立夢(りずむ)。
入園わずか一ヶ月で運動会を迎えました。

まだ2歳の立夢ですが、「スポーツ幼児園」というだけあって、出場種目も盛り沢山。
かけっこ、親子ダンス、お引越し(大きな箱を運ぶ)、オセロ(大きな紅白盤を裏返す)の4種目に出場しました。

立夢にとって人生初めての運動会。



初めての運動会


競走するのも初めてです。

「大丈夫かな。」「ちゃんと走れるのかな。」

おそらく親の方が緊張する中、いよいよ「かけっこ」スタートです。

「ピー」

笛の音が高らかに鳴り響くと、立夢(左から3番目)は完璧なスタートダッシュ!(親ばかです。)



かけっこスタート


そのまま一気に走りぬけ、トップでゴール!!
変な表情ではありますが、見事、ゴールテープを切りました。



予選一位!


喜びもつかの間。
すぐさま決勝戦がやってきました。
各予選でトップになった10人だけが出場できるレース。
立夢は、今度は第一コース(一番右)からのスタートとなりました。



いざ決勝


予選の走りを見た親の期待は膨らむばかり。
声援が飛び交う、その瞬間。

「パン!」

あれ?

予選と違い、決勝はピストルがスタートの合図だったことは瞬時に気づきましたが、パッと立夢を見ると、ポリポリと鼻先を掻いているではありませんか!?

「立夢〜走れぇ!」

声に気づいたのか、先生が近くから声かけしてくれたのか、立夢はその直後に走り始めました。

それからはあっという間です。
一気にスピードに乗った立夢は、怒涛の勢いで7人抜き!
惜しくも優勝は逃しましたが3位入賞を果たしました!



惜しくも三位


賞状


スタートが遅れたのを見ていただけに親は大満足!
妻と二人で大はしゃぎしてしまいました。

しかし!!
立夢を見ると、よほど悔しかったのか大泣き。



大泣き


すぐに立夢に声をかけに行きました。

私「立夢!がんばったね!」
立夢「うん!」

私「来年もがんばろうね!」
立夢「うん。来年は一位になるね。」

涙を流し、鼻水を垂らしながらも力強くそう話した立夢。
順位云々よりも、こんなに話せるようになったこと、そして小さな身体ながら強い意志をもっていることに私は驚きました。

パパが知らないうちに子どもは急スピードで成長しているんですね。
子育ては初めてですが、最近子どもから教えられることも多い気がします。

その成長を少しでも見逃さないように見守りつつ、私自身も成長していかなければいけないなと感じた一日でした。

ちなみに立夢は、自分の出番が終わるとよほど疲れたのか、ひとりおねんねしてしまいました。チャンチャン♪(笑)



疲れておねんね
 
 
    
前の記事を読む 次の記事を読む  

トップ > パーソナルトップ > プロフィール