前の記事を読む 次の記事を読む  

トップ > パーソナルトップ > プロフィールトップ > エッセイバックナンバー
 
 
2月16日 マツケンサンバUの次はこうなるらしい!?


昨年末の紅白歌合戦では最高視聴率をマーク!
発売したCDの売上げは50万枚を超えているという今一番輝いているマツケンこと松平健さん。
3月8日には「サンバの日」ということで、俳優としては初の東京ドーム公演も開催されるんです。

東京ドームちらし

その松平健さんがマツケンサンバUに次ぐ新曲を出すというウワサが!!
こりゃあ調べるっきゃないっ!

マツケンさんと「暴れん坊将軍」で共演させていただいてから約3年、「マツケンに一番近いアナウンサー」と名高い(?)私富川悠太がウワサの真相を直撃します!

まずはマツケンさんの10数年前からのファンで個人的にも交流があるという時代劇コラムニスト、ペリー萩野さんを捕まえた。

「3月8日の東京ドームで新しい曲を出すというウワサがファンの間にも流れています。」
「健さん本人は曲調を変えたいと話しています。」

な、なんと!曲調を変える?
ならばこれまでの変遷を調べてみれば何かがわかるかも!

1984年芸能生活10周年を記念して松健音頭を発表。

松健音頭

これをきっかけに1987年にはちょっとコミカルなマツケンマンボ。

マツケンマンボ

1992年にマツケンサンバT

マツケンサンバT

1994年にはマツケンサンバUの初期バージョンをリリース

マツケンサンバU初期

さらに2000年に大ヒットした「電車でGO!」を真似(?)したのかマツケンでGOを挟み

マツケンでGO

ついにマツケンサンバUが完成しました。

これを見ると、マツケンさんがどんな曲調でも歌いこなしていることがわかる。

変遷

そこで!
マツケンサンバUの発売元レコード会社で話を聞いたが

レコード会社インタビュー

「ドップシークレット」ということで何も教えてくれない。

ならば!
ザ・ピーナッツの育ての親、宮川泰さんの息子でマツケンサンバUを作曲した宮川彬良さんを直撃!
しかし「全くございません」と新曲のオファーが来ていないようだ。

宮川先生

あれだけマツケンサンバUがヒットしたのだから新曲も同じ作曲家に頼むはずなのだが…。
おかしい…。
ひょっとしてガセネタだったのか!?

あ!もう一人マツケンさんに非常に近い人がいた!!
あの振付師を当たってみよう!

その振付師とはもちろんこの方、真島茂樹先生!

しかし!!「そのうち新曲を出すと思うけどまだ日にちが決まっていない」とのこと(;_;)

真島先生

もうこうなったら健さん本人を直撃するしかないっ!!

ということでマツケンさんが公演を行っていた大阪の新歌舞伎座にアポなしで突撃した。

するとこんなコメントが!!

「そうですね。今書いている所なんですけど」

やっぱり新曲を出す計画は進行中らしい!!

さらに!
「3月8日に東京ドームで公演があるのでそれを見に来てくれれば、なにかヒントか答えがわかるかもよ。」

とのこと!!

う〜〜〜気になる!!
これは3月8日東京ドームに行って調べるしかない!!

結局今回のウワサ検証は3月8日に持ち越しとなりました。
みなさんマツケンさんの東京ドーム公演、乞うご期待!!

チケットも発売中で〜す♪

 
 
    
前の記事を読む 次の記事を読む  

トップ > パーソナルトップ > プロフィール