野上 慎平

入社年月日 2007年4月1日
出身地 岡山県和気郡
出身校 岡山県立岡山城東高等学校→早稲田大学 教育学部社会科
身長 177cm
星座 射手座
自己紹介Q&A

幸せを感じるとき

息子(現在2歳)が、妻の目の前で「パパがいい」と私に抱きついてくるとき。

好きな言葉

「パパがいい」「感謝」

趣味・特技・資格など

趣味:ゴルフ 特技:耳を動かせる ビールを飲み続けることができる。
資格:PADIオープンウォーターダイバー、温泉ソムリエ、高等学校教諭一種免許状(社会科)

子供のころ、好きだったテレビ番組

超獣戦隊ライブマン

お気に入りの映画

パパはわるものチャンピオン

好きな本

東京タワー~オカンとボクと、時々オトン~(リリーフランキー)

尊敬する人

永田裕志、棚橋弘至

取材してみたい人

ボビー・ジョーンズ(生涯アマチュアを貫き、その真摯なプレースタイルから`球聖’と呼ばれた伝説のゴルファー)

アナウンサーになって、よかったこと

会社で週刊プロレスを熟読していても、咎められないこと。
「俺がもし社内で週プロ読んでたら、絶対上司に怒られる!」と、他業種でプロレス好きの親友に言われ、ハッとさせられました。

担当番組

過去の担当番組はこちら

新着パーソナルBlog

新着関連コラム

一覧はこちら

新着関連動画

一覧はこちら

普段はどんな人?

  • -大下アナ

    野上くんがまだ入社6年目なんて信じられません。物事を客観視できるしバランス感覚がある。
    「ワイド!スクランブル」からプロレス、ゴルフ実況に至るまで仕事も幅広く、めきめき力をつけてます!
    私生活ではあんなステキな奥さま(八木麻紗子アナ)を射止めたことは皆様ご承知の通り。怒涛のサプライズ&求愛の波状攻撃があったようですよ^^
    とにかく公私ともに絶好調!
    近い将来テレビ朝日をしょって立つアナウンサーになることでしょう!!

  • -進藤アナ

    初めてアナウンス部にやってきた頃の彼は、
    「真っ白いキャンバス」。
    素直で、純粋で、真面目で、はつらつとして、一生懸命、
    でもちょっとお調子者で。
    けがれが無いっていうか。
    正直うらやましいくらいに。
    みんなから可愛がられる男。
    彼のコラムを読めば、その人柄は心に響いてくる。

    そして一年たった今、
    色んな経験をして、荒波にもまれて、
    彼はたくましくなったと思う。
    ならざるをえなかったというか。
    良くも悪くも先輩の色を、何でも、どんどん吸収している。
    塗りまっくてるかもしれない。
    おかげで、キャンバスは彩り豊かになったけど、
    真っ白なところも残しておいてほしいなあ・・・

    あの、一途な想いを語った君は、かっこよかっただけに。
    (2008年5月)

  • -小川アナ

    小川彩佳アナから見た野上慎平アナは?

    クラスに1人はいますよねー。いつも賑やかで、おちゃらけている男の子。
    下ネタを連発して女の子にキャーキャー言われるんだけど、
    アイディアを捻り出す名人で、休み時間にはいろいろな遊びを発明。
    ここ一番で活躍する、エンターテイナー☆

    そんな、お調子者小学生がそのまま大人になったような男、野上慎平。

    しかし、彼はそんな「陽」の部分と同時に、
    まっすくでひたむきな硬派な一面も持っています。

    人一倍繊細で、人一倍情にもろくて、人一倍感受性が豊かで。
    頭を掻きむしって悩みながら、一生懸命前に進もうとする野上に、 誰もが、いつしか「頑張れ!」と声援を送ってしまいます。
    転んでは起き上がって奮起する野上を見つめるアナウンス部の 先輩たちのまなざしは、いつもとても暖かい気がします。

    今はまだまだ2年目、ひよっこの同期だけど、
    彼が大きく大きく羽ばたくとき、きっと何かが起こります!!
    野上慎平から、目が離せません。
    (2008年5月)

  • -吉野アナ

    まず、イケメンではない。そこからが野上の凄いところ。そのインパクトのある顔を逆手にとり、攻勢に出る逞しさ。
    目は細いが心は広い。折られても壊れない「強い心」こそ、彼の持ち味。心で勝負する数少ないアナウンサーの一人。
    お父さんはイケメン。お母さんは美人。奥さまも美人。ただ、野上はイケメンではない。アナウンス部七不思議の一つである。

  • -大西アナ


    この男、意外に真面目である。

    自分のこだわる部分にはとことんまでこだわる。
    そこには妥協はなく、どんなに忙しくても、時間がなくても、体調が悪くても、
    自分が納得するまではやめない。

    ただ、それだけに、自分を追い込みすぎることも多くある。
    適当にうまく世の中を渡っていくのは苦手だし、そうしようとは思っていない。
    でも、そう出来たら、もう少し楽になるのかな?と本人も思っている。

    さらにこの男、意外に繊細である。

    まめな気配りが出来、
    人の気持ちに敏感で、
    相手を思いやることが出来る。

    それだけに、悩み始めると簡単に気持ちは切り替えられず、
    ぐるぐるぐると自分の中で考え込むこともある。

    そしてその全てを吹き飛ばす飲み会での姿がある。

    飲み会での彼は生き生きとしている。
    人を楽しませることが自分の使命だと思っている。
    その行動が彼のイメージの大半を占めるほどのインパクトである。

    ただどの状況でも、自分の芯は決して曲げない。
    リポーターでも実況でも飲み会でも、野上らしさがにじみ出る。
    これから年齢を重ねて、どんな野上が出てくるかも楽しみである。
    (2008年5月)

公式インスタグラム