NEWSニュース

2018年11月2日

木村佳乃ら豪華キャストが登壇!
水野美紀とのバトルの裏側を語る!!
“ドロドロ愛憎劇”とは真逆の“爆笑の連続”のイベントでは田中哲司&萩原聖人からも衝撃発言連発!?

主演・木村佳乃で贈る、40代男女の激しく濃厚なラブ・サスペンスドラマ『あなたには渡さない』。放送スタートを間もなくに控えた11月2日(金)、主演の木村佳乃をはじめ水野美紀、田中哲司、萩原聖人の4人が第1話試写会後のキャスト登壇イベントに出席。一般公募で招待された人々と取材陣に向けて、ドラマの魅力や撮影中のエピソードなどを語ってくれました。

■木村、1話をソワソワで鑑賞。水野は田中の「みっちゃーん!」をカワイイと絶賛!

 今作は専業主婦の主人公・上島通子(木村)の前に突然、夫・旬平(萩原)の愛人と名乗る女性・矢萩多衣(水野)が現れるところから始まり、通子の幼馴染・笠井(田中哲司)も絡んで、4人が愛憎劇を織り成す。
 出来たてホヤホヤの第1話をソワソワしながら見たという木村は「植田尚監督から、いろいろな面を引き出していただいたと思っています」と感想を。また水野は「ナレーションの方のインパクトがすごかった…!」と振り返り、田中に「(劇中で)『みっちゃーん!』って見つけたときの哲司さん、ホント嬉しそうだった!(笑) かわいかった!」と告げ、田中が思わず照れ顔に。そんな田中は「もちろんドロドロはしているのですが、意外とさわやかな、さっぱりしたような部分もある。」と感想を吐露。一方、第1話で妻に不倫と店の借金が発覚する旬平役を演じる萩原は「『何言ってんだ!』ってことばっかり言ってましたね」と自虐的に語って会場中を笑わせました。

■気分は西部劇!? 水野の怪演に木村「絶対に吹き出しちゃう!」

 『あなたには渡さない』は、物語冒頭から水野演じる愛人・多衣から『ご主人をいただきにまいりました』という衝撃的なフレーズが放たれるなど、見る人々の心を掴んで離さないドキドキの展開が次々と巻き起こっていくドラマ。イベントではキャスト4人が、それぞれの中で特に印象に残っているセリフを発表。木村は『この泥棒猫!』を選び、「口に出して言ったことがなかったので、どういうイントネーションなのか? から始まりました」とコメント。水野は『ご主人をいただきにまいりました』と『ただの通りすがりの客です』の2つを選択し、特に『通りすがり――』については「もう、西部劇みたいなものですよね。私の頭の中ではそのセリフの後に映画『キル・ビル』の曲が流れ始めていました(笑)」と告白。そのセリフを目の前で聞いていたという木村は「美紀さんがそのセリフをおっしゃられるたびに必ずニヤッとするんですよ。そのたび絶対に吹き出しちゃって(笑)!」と大笑いで振り返ってくれました。
 また、水野については以前の作品『奪い愛、冬』でも数々の強烈ゼリフを残していたということで、司会者から「心掛けていることは?」と振られると、「もう振り切って演じることですね」とコメント。萩原からも「照れたら負け、みたいな」と言われると「はい、とにかく思い切っていくことです!」と秘訣を教えてくれました。

■萩原が密かに記録している『今日の佳乃』で、木村の漫画好きを暴露!
現場の癒し的存在な木村に水野も「こんなに憎みづらい人はいない!」

 「物語はドロドロですが、現場は軽快で楽しいです」と木村。木村と水野は火花散るバチバチのバトルを繰り広げる寸前まで「今日の夕飯、何にする?」と言った家庭的トークに花を咲かせているそうで、今年の6月にパパになったばかりの田中も、育児の大先輩である2人に毎日いろいろなことを教わっているとか。
 また、萩原は「現場で毎日『今日の佳乃』というものを付けています」と告白。数ある一例として、家に帰って台本を読むか早く寝るかを悩んでいた木村に早く帰って寝ることをアドバイスしたものの、翌日、木村から「漫画を読んで夜更かしした」と言われた萩原は思わず「台本じゃないのかい!って(笑)。」と心の中でツッコミを入れたとか。そんな萩原は爆笑しつつも「佳乃ちゃんが現場にいると心がほっこりします」と絶賛。水野も「元気なお声で、常に今どこに佳乃さんがいるかが分かります」と語り、バトル相手ということについても「こんなに憎みづらい人はいないんですよ! 天真爛漫で明るくて…そんな佳乃さんを憎むという感情が湧いてこないので、そこにいちばん苦しんでいますね」と胸の内を明かしてくれました。

木村佳乃(上島通子・役) コメント

――1話をご覧になられたご感想は?

 私、昨夜の(日本シリーズの)サヨナラホームランを見届けた後に第1話を見始めたんです。実は自分のドラマを見るのって得意じゃなくて(笑)、冷静でいられずソワソワしながら見ました。(1話の演出を手掛けた)植田尚監督から、いろいろな面を引き出していただいたと思っています。ドロドロしたドラマなのですが現場はとても軽快で楽しく、そんなことを一つひとつ思い出しながら拝見しました。

――印象に残っているセリフは?

 美紀さんに『この泥棒猫!』と言う場面があるのですが、なかなか『泥棒猫』と口に出して言うことがなかったので、どういうイントネーションなのか、というところから悩みました(笑)。

――「これは誰にも渡さない!渡したくない!」というものは?

 3歳頃からずっと大切にしている、祖母からもらったウサギの人形があるんです。もう目も鼻も取れていて、母が油性マジックで目を描き足してくれたその人形を本当に大事にしているのですが、一度それを娘が見つけ出してきたことがありまして。「これちょうだい」って言われたときに、本気で「ダメ!」って答えたことがあります。今は取られたら嫌なので、娘の手が届かない高いところに飾っていますね。

――撮影現場での面白かった、大変だったエピソードを教えてください。

 ドロドロの大先輩である荻野目慶子さんも出演してくださっているのですが、荻野目さんは、いつもリハーサルから120%のパワーで臨まれるんです! 先日、「よーい、スタート」という声とともに「バーン!」とすごい音がして何かと思って見たら、引き戸と一緒に荻野目さんが倒れていたんですよ(笑)! 部屋に飛び込んでくるシーンだったのですが、すごい勢いで引き戸を押してしまったようで、扉ごと倒れちゃって。すぐに起き上がって、「大丈夫です!」っておっしゃられていたので安心したのですが、びっくりしました。

――木村佳乃さんと水野美紀さんは激しいバトルを展開されますが、実際にお芝居で対決してみていかがですか?

 女性同士のバトルを美紀さんと演じさせていただくというのが、本当に楽しみでした! さきほどご覧頂いた第1話に出てきたホテルでのバトルのシーンは実はクランクイン間もない早い時期に撮影しまして。すごく緊張していました。何回もリハーサルを繰り返して撮ったのですが、美紀さんはそのたびにセリフのニュアンスを変えていらっしゃって、「なるほど」と思って凝視してしまいました。バトルではあるのですが、楽しんでやらせていただいています!

水野美紀(矢萩多衣・役) コメント

――1話をご覧になられたご感想は?

 第1話を見て、ナレーションのインパクトがスゴイなと思いました。私は台本を読んで勝手に女性の声でのナレーションだと思い込んでいたのですが、男性の力強い声で…。あのナレーションの力強さ、いいなと思いました。また、台本上は文学的な言葉も多く感情を隠してのやりとりが多いのですが、演出や音楽によって裏に隠されたドロッとした暗い感情を思わせる、すごく濃厚な感じに仕上がるんだなと思いました。

――印象に残っているセリフは?

 やっぱり『ご主人をいただきにまいりました』というセリフですね。あとは小競り合いの最中に口を出して「あなた、それはやめなさい」と仲裁に入るシーンが出てくるのですが、「あんた誰?」と言われて、『ただの通りすがりの客です』と言う場面があるんです。もう、西部劇みたいなものですよね。私の頭の中ではそのセリフの後に映画『キル・ビル』の曲が流れ始めていました(笑)。
 以前の『奪い愛、冬』では「むしってやる」というセリフを言って相手の毛をむしりはじめるシーンもありましたが、(そういう怪演シーンは)もう振り切って思い切ってやるということですね(笑)! 本当にむしる気持ちになって、思い切って挑んでいます。

――「これは誰にも渡さない!渡したくない!」というものは?

 私は現場に入るとコーヒーを飲みたくなって、よく買ってきてもらうのですが、それだけは渡したくないです。佳乃さんもいつも大きいサイズを飲んでいらっしゃいますが、あれはやっぱりコーヒーですか? 大きいなと思っていたんですよ! こっそり飲んだら怒られるだろうなと想像していました(笑)。

――撮影現場での面白かった、大変だったエピソードを教えてください。

 佳乃さんと哲司さんとは、よく子どもの話になるんです。佳乃さんとは「本番」の声が掛かる直前まで「今日の夕飯、何作る?」みたいな話をしていますね。「あのレシピにはちょっと味噌を足すとおいしいよ」「そうなの? やってみよう」というやりとりをしながら、「よ~いスタート!」で、あの(バトル)モードに入るということをよくやっています。
 佳乃さんは、朝からいちばん元気! 「おはようございます!」って誰よりも大きな声で挨拶されて、遠くからでも「あ、佳乃さんが来た!」と分かります。元気なお声で、常に今どこに佳乃さんがいるかも分かります(笑)。本当にすごいエネルギーだと思います。

――木村佳乃さんと水野美紀さんは激しいバトルを展開されますが、実際にお芝居で対決してみていかがですか?

 私も楽しんでやらせていただいています。普段言わないようなセリフや、普段、他人にぶつけないような感情をやりとりするのはとても爽快なのですが、佳乃さんにお会いしたら…こんなに憎みづらい人はいないんですよ! 天真爛漫で明るくて…そんな佳乃さんを憎むという感情が湧いてこないので、そこにいちばん苦しんでいますね。

田中哲司(笠井芯太郎・役) コメント

――1話をご覧になられたご感想は?

 すごく面白くて、ちゃんとエンターテインメントになっているし、もちろんドロドロはしているのですが、少しさわやかな、さっぱりしたような部分もある。あと、ちょっとびっくりしたのは効果音。ハサミでシャキーン! といったような、「おっ! こんな効果音をつけるんだ」と思いました。

――印象に残っているセリフは?

 物語に後半に出てくる『夢で抱いた』。ちょっといやらしい感じがありますよね(笑)。それを木村佳乃さんに言うんですけど、ちょっと照れくさかったです。

――「これは誰にも渡さない!渡したくない!」というものは?

 いろいろ考えたのですが、全然浮かばなくて…。でも強いて言うのなら、炭酸の強いハイボールでしょうか。僕はハイボールが好きなんですけど、炭酸の弱いハイボールが大嫌いで。居酒屋さんで炭酸の弱いハイボールが来たら「炭酸もらえますか」と言って足します。それは譲れないです。…すみません、くだらない話で(笑)。

――撮影現場での面白かった、大変だったエピソードを教えてください。

 (木村さんや水野さんは)僕にとっての子育ての先輩なので、聞きたいことがたくさんあるんです。毎日会うたびにいろいろと教わっています。木村さんは育児のお話をしていながら、撮影がスタートするとパッと変わる。僕はちょっと引きずってしまう方なので、その切り替えが本当にすごいです。

――木村佳乃さんと水野美紀さんが激しいバトルを展開されますが、女性同士の対決をご覧になられていかがですか?

 僕と萩原さんはシーン的にあまりその場に居合わせないのですが、1話を見てみて、台本よりも怖かったですね。映像に般若の顔や炎のようなものも足されていて、怖いなと感じました。

萩原聖人(上島旬平・役) コメント

――1話をご覧になられたご感想は?

 (旬平は)『何言ってんだ!』ってことばっかり言っていましたね(笑)。でも、人って本音で言うと、こういうことを言うんじゃないでしょうか。リアリティーのない言葉のように聞こえますけど、きっと人間ってこんなものですよね。

――印象に残っているセリフは?

 自分の役は口下手であまりベラベラと話さないので、あまりないですね。『彼女の体に溺れた』というものもありましたが…恥ずかしいセリフこそ、いい声で言え!ということで(笑)。

――「これは誰にも渡さない!渡したくない!」というものは?

 僕はもう点棒です!現状、渡しまくっちゃっているんですけど(笑)、必ず回収します!今は渡したくないのですが、渡さざるを得ない状況なので。でも、誰にも渡したくないです。(プロ雀士としての)成績が悪い翌日に撮影があると、木村さんたちが癒してくれますね。

――撮影現場での面白かった、大変だったエピソードを教えてください。

 僕の中で『今日の佳乃』というコーナーがあって、“今日も何をやってくれるんだろう?”と楽しみにしながら撮影をしているんです。ある日、木村さんがすごいお疲れモードだったんですよ。「萩原さん、私どうしよう。寝た方がいいかな」と聞くので「今日は帰って風呂入って寝ちゃえば」と言ったんです。で、次の日、「昨日寝た?」と聞いたら「寝られなかった」と。でもその理由が漫画を読んでいたという(笑)。台本じゃないのかい!って(笑)。そういう『今日の佳乃』が必ずあって、心がほっこりするんです。

――木村佳乃さんと水野美紀さんが激しいバトルを展開されますが、女性同士の対決をご覧になられていかがですか?

 僕も実際に目の当たりにすることがなく、どちらかというと水面下での言葉に出さないバトル場面には居合わせることが多いんです。(立場上)どっちも応援し難いですね。迷っています(笑)。2話以降は、さらにあり得ないシチュエーションとか出てきますので楽しみにしていてください。(通子と旬平の)娘・優美(井本彩花)が一番まともです(笑)。