第3話「蟷螂たちの幸福」

 人気ミステリ作家・蓬城静流(荻野目慶子)の夫・田橋(江藤潤)の遺体が発見された。遺書が残されており自殺と見られたが、拳銃に不自然な細工があったこと、クッションと百科事典が一冊現場から消えていたことなどから、右京(水谷豊)と薫(寺脇康文)は他殺の可能性を探り始める。
 夫の自殺にもなぜか冷静な静流。最近では新作も発表されず、スランプという噂も流れていたとか。田橋の妹の話では、静流は田橋を小間使いのようにこき使っており、夫婦仲も良くなかったとか。が、美和子(鈴木砂羽)によると、年に1回は必ず2人で温泉に行くなどオシドリ夫婦のように見えたという。
 しかし、静流のアリバイも曖昧だ。右京らは静流に田橋の死が他殺で、さらに静流がその容疑者であることを直接ぶつけてみる。が、なぜか余裕で受け流す静流は「動機がわかったら教えて」と右京らを挑発する。

 右京と薫は改めて現場を検証。事件当日、静流がマンションの裏口から入った証拠をつかむ。しかし、一方で田橋が妻を殺害しようとしていた証拠も見つかった。田橋の計画を事前に知ってしまった静流が、事件当日ワナにかかったと見せかけて逆に夫を殺害した。静流の夫殺しの動機をつかんだ右京らは静流にすべてを明らかにする。しかし、やはり静流は余裕で受け流すだけ。すべてを明らかにしたはずの右京もどこか納得がいかない。
 捜査一課は静流を田橋殺害容疑の参考人として拘束。
「しかたないわね。早くすませましょう」。
 静流も素直に拘束される。

 静流は取り調べを受けるが、即座に現れた出版社の顧問弁護士によって解放される。弁護士を連れてきた出版社の人間によると、田橋が死んだ夜に何かあったらお願い、と静流から直接頼まれていたという。まるで自分が拘束されることがわかっていたかのようだ。 
 そんな静流の行動で一つだけ確かなこと、それは時間を無駄にすることをやたらと嫌がっていたことだ。右京らは静流の事務所を改めて捜索。静流が強力な鎮痛剤を服用していた事実をつかむ。さらに田橋の唇についていた物質が和化粧用の紅と水飴であることが判明した。

 末期がんに冒されていた静流は、最後の作品を残そうとしていたが、思うように筆が進まない。そんな妻の姿を見かねた夫の田橋が、まるで自分が妻を殺害するような計画を立てストーリーのヒントにしようとしたのだった。彼の筋書きでは逆に夫は妻によって殺されてしまう。そのあとは…。と、妻のために自ら命を断った夫。静流は悲しみをこらえ、夫のためにも自らが容疑者になりながら作品を書き上げたのだった。
 1カ月後、そんな静流の遺作が発表された。「蟷螂たちの幸福」。自分たちの陰口をタイトルにした一冊の本は、自分たち夫婦が見た目とは違い幸福だったことを静かに訴えているかのようだった。

ゲスト:荻野目慶子 江藤潤

脚本:戸田山雅司
監督:和泉聖治