食材のご当地発!ウチゴハン 2013.03.17 O.A #276

日本地図

<静岡県熱海市 海の幸・お茶・みかん>
元気なご長寿が多い静岡県。毎日の食事の中には魚や貝、海藻などの豊富な海の幸や、みかんやお茶など、健康につながる栄養素がたくさん含まれた食材がふんだんに使われていました!

笠原流!アワビ汁

ママ
材料4人分
1. 1L
サザエ 6個
2. アワビ 大2個
レンコン 1節
(200g)
3. 「ほんだし」 小さじ1/2
みそ 大さじ4
少々
はば海苔 適量
作り方
1. 鍋にお湯を沸かし、サザエを入れて5分ゆでる。サザエからダシが取れたら、取り出して殻から身を出し、肝など内臓部分は取りのぞいて、身の部分を角切りにする。
2. アワビは殻からはずし、おろし金ですりおろす。レンコンも皮をむいてすりおろす。
3. (1)のサザエのゆで汁に「ほんだし」・みそ・塩を溶き入れ、すりおろしたアワビ・レンコンを加え、切ったサザエも入れてひと煮立ちさせる。椀に、はば海苔をちぎって入れ、アワビ汁をよそう。

ワンポイント

  • ・アワビには、疲労回復に役立つ鉄分や、味覚などを正常に保つために必要な亜鉛が豊富に含まれています!贅沢にすりおろすことでアワビのうま味を汁全体で味わえる逸品です!
  • ・海苔は体内代謝を促進してくれるヨウ素が豊富です!
  •  

鯛の刺身

パパ
材料4人分
1. 1尾
2.
3. わさび 適量
しょうゆ 適量
4. みかん 1個
(絞って30ml)
しょうゆ 15ml
お茶の葉 大さじ2
大さじ1
作り方
1. 鯛のウロコをしっかりと落とす。内臓を取りのぞいてよく洗い、三枚に下ろす。
2. 腹骨をそぎ取り、中骨のところで半分に切って小骨まできれいに取り除いておく。皮目に切れ目を入れてまな板に並べ、沸騰した湯をかけて湯引きし、すぐに氷水に入れて粗熱をとる。
3. ペーパーで水気を取りのぞき、適当な大きさに切って盛り付ける。お好みで、わさびしょうゆやみかんポン酢や茶塩をつけて頂く。
4. 【みかんポン酢・茶塩】
みかんは身の部分は絞って果汁にし、しょうゆと混ぜ合わせる。お茶の葉をすり鉢などですりつぶし、塩と混ぜわせる。

ワンポイント

  • ・鯛は皮の部分に抗酸化作用があるアスタキサンチンが含まれています!皮も一緒に食べるのが元気の秘訣!
  •  
  •  

鯛のカルパッチョ

ママ
材料4人分
1. 鯛の刺身 200g
少々
コショウ 少々
2. しょうゆ 大さじ3
オリーブオイル 大さじ5
少々
大さじ1
わさび 少々
3. ミニトマト 8個
水菜 1/4束
みかん お好み
作り方
1. 鯛の刺身はできるだけ薄く切り、塩・コショウをふっておく。
2. ボウルに、しょうゆ・オリーブオイル・塩・酒・わさびを入れてよく混ぜ合わせる。
3. (2)に鯛の刺身・半分に切ったミニトマト・刻んだ水菜などお好みの野菜を入れ、よく和える。器に盛りつけ、お好みでみかんのしぼり汁をかけて頂く。

ワンポイント

  • ・みかんはビタミンCが豊富!風邪の予防に一役かってくれます!
  •  
  •  
  •  

鯛の煮付け

パパ
材料4人分
1. 1尾
2. 400ml
みりん 70ml
しょうゆ 大さじ3
砂糖 大さじ
1と1/2
ショウガ 2片
3. かいわれ大根 適量
作り方
1. 鯛はウロコをしっかり落とし、内臓もとって綺麗に洗い流す。身の部分に包丁で十字に切れ目を入れる。
2. フライパンに、酒・みりん・しょうゆ・砂糖・千切りショウガを入れ、盛り付ける時に上になる方を上にして鯛を入れる。半月切りにしたニンジンと大根も一緒に入れ、落し蓋をして20分ほど中火で煮る。
3. 煮汁が少なくなってきたら、落し蓋をとり、残りの煮汁を上から回しかけながら煮詰める。器に盛り、彩りでかいわれ大根を添える。
印刷用ページ

※レシピの印刷については、「InternetExplorer8」以上のブラウザ環境を推奨しております。