帯ドラマ劇場『トットちゃん!』

2017年10月スタート!

【毎週月~金曜 ひる12時30分~12時50分】

【みどころ】

大人のための『帯ドラマ劇場』第2弾、決定――!
激動の時代を駆け抜けた、黒柳徹子と家族の物語。
松下奈緒、山本耕史ら豪華キャスト集結!

この秋――日本中から愛される“トットちゃん”=黒柳徹子の半生が
ついに“帯ドラマ”に…!!
家族、恋、仕事――“誰も知らない黒柳徹子”が明らかに――!?

■大反響の『帯ドラマ劇場』第2弾は、黒柳徹子の怒涛の半生を描く物語!

 2017年春、テレビ朝日が創設した新しい帯ドラマ枠“帯ドラマ劇場”。第1弾としてお送りしている倉本聰氏のオリジナルドラマ『やすらぎの郷』は、シニア世代だけでなく幅広い年齢層から多くの支持を集め、大反響を巻き起こしています。
 その『帯ドラマ劇場』第2弾の作品が決定! 40年以上の長きにわたって『徹子の部屋』の司会を務め、常にエンターテインメント界の第一線で活躍を続けてきた黒柳徹子とその家族の激動の昭和史を描く物語――『トットちゃん!』をお送りします。
 戦後最大のベストセラーであり、これまで映像化されていなかった『窓ぎわのトットちゃん』の時代からもエピソードを抜粋!テレビ女優・一期生として活躍したNHK時代や、これまで一切語られることがなく、このドラマではじめて明かされる“国境を越えた恋”まで、黒柳の怒涛の半生に迫っていきます。
 辛く困難な時代を、明るさとやさしさをもって駆け抜けた黒柳家の物語は、誰しもが心に思う昭和の家族の姿…、視聴者の皆様に、“あの頃のあの想い”を思い出して頂けるよう、丁寧に描写して参ります!!

■松下奈緒、山本耕史ら豪華キャストが勢ぞろい!

 物語は、黒柳が生まれる4年前――母・朝(ちょう)と父・守綱(もりつな)が運命的な出会いを果たすところからはじまります。あらゆる困難を明るく大胆に乗り越えていく美しき母・を演じるのは、数々の作品で存在感を放ってきた松下奈緒。朝はオペラ歌手を志望し音楽学校に通っていた女性で、音楽的才能にもあふれている松下にはピッタリの役どころです。
 そして、天才的なバイオリニストだった徹子の父・守綱には、映画、舞台、ドラマなどで縦横無尽の活躍を見せている実力派・山本耕史が扮します。
 黒柳の子ども時代を演じるのは、NHKの連続テレビ小説『あまちゃん』『ごちそうさん』や、『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日)などで注目された子役・豊嶋花
 また、黒柳の人生に多大な影響を与えた“トモエ学園”校長・小林宗作役に名優・竹中直人が挑みます!このほか、高田純次、八木亜希子、佐藤B作、古村比呂、小澤征悦、高岡早紀、凰稀かなめ、黒坂真美ら充実のキャストが集結!演技巧者たちが大人の視聴者を大満足させるドラマを作り上げていきます。

■脚本は、大石静氏!大スター・黒柳徹子の軌跡を笑いと涙で綴る!

 脚本を担当するのは、数々の国民的ドラマを手がけてきた、大石静氏。帯ドラマを知り尽くした巧みなストーリーテリングと、深く心に刺さるセリフの数々は、「今日もまたトットちゃんに会いたい…!」と、必ずや視聴者をドラマの世界に惹きつけていくことでしょう。
 好奇心と笑顔、そして自由な心でまっすぐ歩み続けてきた“トットちゃん”。稀代のスターはいかにして生まれたのか!? その個性が巻き起こしたさまざまなエピソードを、昭和の芸能史、テレビ史をひも解きながら、笑いと涙で綴っていきます。

主な登場人物

黒柳徹子(くろやなぎ・てつこ)

豊嶋 花/子役

この物語のヒロイン、“トットちゃん”。幼い頃、まだ自分の名前がうまく言えなかったときに、“トット”と言い続けていたことから、このあだ名がついた。自由奔放で好奇心旺盛な女の子。

黒柳 朝(くろやなぎ・ちょう)

松下奈緒

徹子の母。旧姓・門山。女優にスカウトされるほどの美女。ゆくゆくは婿を取り、北海道の無医村にある父・周通の医院を継ぐという約束で、東京の音楽学校に通い、声楽を学んでいた。
だがある日、守綱と出会い、電撃的に同居生活をはじめてしまう。繊細で経済観念のまるでない夫・守綱を支える、気丈な妻。

黒柳守綱(くろやなぎ・もりつな)

山本耕史

徹子の父。日本を代表するバイオリニスト。第九の演奏会で、朝にひと目惚れし、プロポーズする。ただひたすらに妻・朝とバイオリンを愛する自由人で、真の芸術家。第二次世界大戦末期、招集を受け、満州に送られる。

井上 宏(いのうえ・ひろむ)

高田純次

朝の母・三好の弟で、朝の母方の叔父。
音楽学校に通っていた朝を、麹町の自宅に下宿させていた。新聞社の経理部に勤めている。

井上えつ(いのうえ・えつ)

八木亜希子

宏の妻、朝の叔母。女は男に仕えるべきという封建的な家制度を嫌い、朝と守綱の駆け落ちを応援する。

門山周通(かどやま・しゅうつう)

佐藤B作

朝の父。大学での立身出世を捨て、北海道の無医村に医院を開いた志高き医師。村に医療の道を開いた功績から、周囲の尊敬を集めている。村のためにも、娘の朝は婿をもらって医院を継ぐのが定めだと信じて疑わない。

門山三好(かどやま・みよし)

古村比呂

朝の母、周通の妻。夫・周通にひたすらに尽くす。

シイナさん

小澤征悦

本名、椎名昭造(しいな・しょうぞう)。朝と守綱が結婚生活をスタートするアパート、“乃木坂上倶楽部”1階で喫茶店を営んでいる。インド人の父、日本人の母の間に生まれたが、父親に認知されず、母の姓を名乗る。立派な口ひげがトレードマーク。

伊藤華子(いとう・はなこ)

高岡早紀

日本初の国際的建築家の未亡人。若き日に夫と出会い、共にパリに渡ったが、夫が病に倒れたため帰国。現在は“乃木坂上倶楽部”で、ひとりで暮らし。よき時代の思い出を胸に秘めながら、画家として生きている。ヨーロッパの自由な考え方を身に着けており、俯瞰で世の中を見つめる大人。

エミー市川(えみー・いちかわ)

凰稀かなめ

社交ダンスのダンサーである夫・ダニー市川と2人で“乃木坂上倶楽部”で暮らしている。
元は伯爵令嬢、有澤恵美子。親の反対を押し切ってダニーと駆け落ちし、アメリカへ。2人で本場のダンスを極めて帰国し、自らもダンサーとなった。

上原かなえ(うえはら・かなえ)

黒坂真美

“乃木坂上倶楽部”の住人。“浅草とんぼ座”の女優。夫・富夫は座付き作家。

小林宗作(こばやし・そうさく)

竹中直人

トモエ学園校長。徹子の人生に多大な影響を与えた人物。「きみは、本当はいい子なんだよ!」と、トットちゃんにいつも語りかけていた。戦前には珍しい個性を伸ばすユニークな教育法を実践。

コメント

黒柳徹子 コメント

私の家族のことが、ドラマになる。
仲が良かった、父と母の若い頃を見られる。
「トットちゃん」と呼ばれていた、私は、戦争の中で、生きのびる事ができました。
何て、ラッキーな人生だったことと、いまさら、ありがたく思う。
テレビ女優第1号として、仕事をはじめて以来、64年間テレビに出続けられることが、できました。
何十年も忘れることができなかった、犬の「ロッキー」も出てくるらしい。
私も、楽しみに見たい「トットちゃん」!
ご成功を、お祈りします。

黒柳徹子

松下奈緒 コメント

私がトットちゃんと同じ小学生くらいの年齢の時、『窓ぎわのトットちゃん』を読みました。
そのときの衝撃と面白さ…その事を今、毎日思い出しています。
黒柳徹子さんのお母様。どんな人生を歩まれてきたのか、とても興味がありました。
守綱さんとの運命的な出会いから、妻として母として戦時中を生き抜く強さや、優しさ。
同じ女性として生き方に憧れる朝さんにどこまで近づくことができるのか、演じさせて頂ける事がとても楽しみです。
困難な時代でありながらも、こんな夫婦、家族って素敵だなと思って頂けるよう女性らしく、時に強く逞しく、チャーミングなお母さんになれる様、そして黒柳徹子さんの素晴らしい思い出に恥じぬ様一生懸命、妻、母になりたいと思います。

山本耕史 コメント

そうそうたるメンバーが揃い、皆さんの“熱”と“思い”が詰まった大型作品になることを感じています。黒柳徹子さんご本人からもさまざまなお話をうかがい、私自身もこのドラマにかける思いをさらに強くしました。
ドラマは完全なノンフィクションではありませんが、実話を描いた作品というものはそれぞれのエネルギーが組み合わさったとき、愛あふれる素晴らしい物語になると信じています。
そんな物語を紡いでいく一員として、徹子さんという大スターを世に送り出したお父様になれるよう、真摯に演じていきたいと思っております。

第1週(1話~5話)あらすじ

 昭和4年、東洋音楽学校で声楽を学んでいた門山朝(松下奈緒)は、帝都交響楽団が主催する“第九演奏会”の合唱員募集のチラシを見て、友人たちと共に応募。楽団のコンサートマスターを務めるバイオリニスト・黒柳守綱(山本耕史)と運命的な出会いを果たす。
 ところが、第九演奏会の前夜、北海道で医院を開業する父・門山周通(佐藤B作)が突然、上京。朝を連れ戻して見合いをさせるという。叔父・井上宏(高田純次)、えつ(八木亜希子)夫妻のとりなしで、なんとか帰郷を1日延ばし、演奏会に参加することだけは許してもらう。
 だが第九演奏会が終わった後、朝は家に戻らず、守綱に連れられるようにして、彼の住むアパート“乃木坂上倶楽部”へ。守綱から一緒に暮らそうとプロポーズされるが…!?

スタッフ

原 案

黒柳徹子

脚 本

大石 静

演 出

星田良子 遠藤光貴 ほか

チーフプロデューサー

五十嵐文郎(テレビ朝日)

プロデューサー

服部宣之(テレビ朝日) 角田正子 菊地裕幸

協力プロデューサー

田原敦子(テレビ朝日)

制作著作

テレビ朝日