STORYストーリー

第一話「二頭の虎」 放送

第1話の写真より

 タイガーマスクが姿を消してから40数年後。虎の穴は密かに復活していた。GWMというアメリカの巨大団体を隠れ蓑に、プロレス界の独占を目指していた。その魔手は日本にも及び、一人のレスラーが引退に追い込まれた。そのかたきを討つために、二人の若者が過酷な運命に身を投じた。
 東ナオトは、高岡拳太郎の元で特訓を積み、新たなタイガーマスクとなる。
 藤井タクマは、自ら虎の穴に身を投じ、新たにタイガー・ザ・ダークとなる。
 ここに二頭の虎が生まれた。
 GWMの日本公演。タイガーマスクは試合に乱入し、タイガー・ザ・ダークと邂逅する。ナオトとタクマが、互いにその正体を知らぬままに。