テレメンタリー2018

毎週日曜日 早朝4時30分 放送中

テレメンタリー2018

番組からのお知らせ

『再放送』について
テレビ朝日での放送終了後、『テレ朝チャンネル2』(CSテレビ)にて
作品の一部が再放送されています。詳しくはこちらでご確認ください。

次回の予告

2018年2月18日放送
「東京クルド/TOKYO KURDS」

朝、コンビニで迎え車を待つ
主人公のオザン

東京周辺には、トルコ系クルド人のコミュニティが広がる。その数約1500人。トルコでの迫害や差別を逃れ、20年ほど前から住み始めた。しかし、日本で難民認定は認められず、不法滞在のまま暮らす者も多い。
6歳で来日したオザン(18歳)もその1人だ。働くことは法律で禁じられ、不法労働に頼りながら家族と暮らす。昨夏、オザンは抱いた夢を口にする。
将来を切り拓くチャンスすらない日本で居場所のなさに葛藤し、もがく彼のひと夏を描く。

ナレーター:伊沢磨紀
制作:テレビ朝日

次々回の予告

2018年2月25日放送
「それでも、父に。
 〜LGBTと「見えない壁」〜」

三味線奏者・藤村由慈さんは元女性。

国内の13人に1人が該当するといわれる性的マイノリティ、LGBT。盛岡市の藤村由慈さんもその1人。手術を受け、戸籍上も女性から男性になり、女性との結婚も果たした。今願うのは、凍結保存しておいた自分の卵子を使い、遺伝子上も繋がった子どもを持つこと。しかし、そこに立ちはだかったのは「法の未整備」が壁となり、国内では望む形での妊娠・出産は出来ないという現実。「普通の」幸せを求め、模索する夫婦を見つめた。

ナレーター:ミムラ
制作:岩手朝日テレビ