『再放送』について
テレビ朝日での放送終了後、『テレ朝チャンネル2』(CSテレビ)にて
作品の一部が再放送されています。詳しくはこちらでご確認ください。

「“3.11”を忘れない49 漁協破綻〜それでも海で生きる〜」〜2014年9月22日放送〜

カキの養殖棚に向かうため、船を操舵する 阿部力組合長
2012年1月に岩手県の大槌町漁業協同組合が破綻しました。漁協は過去の設備投資で約7億円の負債があり、
その負債と震災の被害が重なり破綻。その後、新たな漁協が立ち上がりましたが、859人いた組合員の多くは廃業の道を選び、150人で新たなスタートを切りました。
新おおつち漁協は現在、県内最年少の組合長を筆頭に、これまでの経営体質や漁獲方法からの脱却を目指しています。震災から3年半が過ぎた被災地の漁業の現状を伝えます。

制作:岩手朝日テレビ


「“3.11”を忘れない50 福島第二原発の“教訓”〜メルトダウンを食い止めろPART2〜」         〜2014年9月29日放送〜

「メルトダウンの危機に陥った          第二原発1号機」
200人に及ぶ人海戦術で電源ケーブルをつなぎ、奇跡的に原子炉を冷温停止させた福島第二原発。しかし、それで危機が去った分けではなかった。冷却水が不足すれば再びメルトダウンする危険な状態にあったのだ。廃棄された古いパイプラインをがれきと自転車のチューブで補修し独自に冷却水を確保。そんな時、第一原発から大量の職員が避難してきた。増田前所長がとった意外な行動とは?
5月に放送した「福島第二原発の“奇跡”」に続く第2弾。

制作:テレビ朝日


Copyright(C)tv asahi All Rights Reserved.