『再放送』について
テレビ朝日での放送終了後、『テレ朝チャンネル2』(CSテレビ)にて
作品の一部が再放送されています。詳しくはこちらでご確認ください。

「宝子たち、薄暮のころ〜水俣病胎児性患者と母〜」〜2014年12月1日放送〜

胎児性患者の長井勇さんを          介護する母チカエさん
水俣病が公式確認されたおよそ60年前に母親たちのおなかに宿った命。彼らが水俣病患者として生きる運命は、
この世に産み落とされる前に既に決まっていた。彼らは水銀で汚染された魚を口にしたわけではなく、「へその緒」を通して母親の水銀を吸収して水俣病になった。胎児性水俣病の彼らの介護は、これまで主に母親が担ってきた。
母親も80代になり、家を出てケアホームに入ることを決意する患者たち。母親の元を離れ、自立を目指す彼らの今を追った。

制作:熊本朝日放送


「『自殺じゃない!』〜“西成のマザーテレサ不審死”の謎〜」〜2014年12月8日放送〜

「炊き出し」に参加する矢島祥子医師
「さっちゃん先生」「西成のマザーテレサ」と、路上生活者たちに慕われていた矢島祥子医師(当時34歳)が2009年11月、水死体で見つかった。警察は当初、自殺と断定したが、遺族は「自殺じゃない」と訴え続けてきた。そして2年前、大阪府警西成警察署は遺族の告訴を正式受理し、「殺人・死体遺棄事件」として捜査を開始したが…。
矢島医師の死の真相を追い求める遺族の執念の闘いを追った。

制作:テレビ朝日


Copyright(C)tv asahi All Rights Reserved.