CASTキャスト

武藤泰山……遠藤憲一 武藤翔……菅田将暉 南真衣……本仮屋ユイカ 村野エリカ……知英 新田理……山内圭哉 武藤綾……峯村リエ 闇雲郁代……池谷のぶえ 闇雲渡……原金太郎 小中寿太郎……六角精児 貝原茂平……高橋一生 狩屋孝司……金田明夫 蔵本志郎……草刈正雄 城山和彦……西田敏行

武藤泰山(むとう・たいざん)……遠藤憲一 内閣総理大臣。長年の政治闘争の末、ようやく総理大臣の椅子を獲得した途端、息子・翔と体が入れ替わってしまう。
翔と入れ替わった後は仕方なく、翔の代わりに就職活動を開始するが、偉そうな面接官を論破してしまい、ことごとく面接で失敗をする。
物を知らないおバカな息子が国会答弁や予算委員会に出席するのが心配すぎて、結局はカバン持ちとして総理のそばに張り付くことに。

武藤翔(むとう・しょう)……菅田将暉 泰山の息子。料理や美容に精通し、猫背で首に手をやるような、今流行りの“女子力男子”。大学で勉強もせず、家にもよりつかず、何をしているのかさっぱりわからないおバカな息子。
地位と権力にしか興味がなく、家庭を顧みない父親のことを最低な男と思っている。母とお手伝いさんから可愛がられて育ったためか、なぜか女子の悩み相談をよくうけている。
先輩・真衣に想いを寄せている。

南真衣(みなみ・まい)……本仮屋ユイカ 大学卒業後、共同経営者とともに職業紹介会社を立ち上げた若き女社長。大学近くの定食屋『キッチンやみくも』は、亡き母の親戚で、いつも出入りしている。総理になってしまった翔のモチベーションを上げようという狩屋と貝原の作戦により、突然総理の秘書見習いをオファーされ、働くことになる。

村野エリカ(むらの・えりか)……知英 翔の同級生で、モデル並みの美女。先輩である真衣のことを尊敬し、慕っている一方で総理大臣の息子である翔のことは、小バカにして、よく挑発的な言葉をかけている。

闇雲渡(やみくも・わたる)……原金太郎 翔を我が子のように可愛がり、部屋まで与えている『キッチンやみくも』のマスター。店は無国籍かつ猥雑な町にあり、メニュー表には『カツカレー、地獄、天国、涅槃、娑婆(辛さのレベル)』などと書かれている。
どうやら渡には郁代に内緒の借金があるようで…?

闇雲郁代(やみくも・いくよ)……池谷のぶえ 渡の妻で『キッチンやみくも』を切り盛りする女将さん。
翔を可愛がっており、何よりも翔の言葉を信じている。渡より気が強く、腕っぷしも強い。

武藤綾(むとう・あや)……峯村リエ 泰山の妻で翔の母。若き泰山の志に惚れて結婚したが、政治家になった途端、女性問題などが起き、いまや夫婦関係は冷え切っている。泰山が総理になったことで、表面的には“円満夫婦”を演じているが、ふたりきりになると泰山に「浮気の数々を黙っている代わりに一億円よこせ」と要求する。

新田理(にった・さとる)……山内圭哉 警視庁公安第一課の警視。ヤクザにしか見えないが、超優秀な刑事。捜査能力や記憶力抜群で、捜査の鬼。入れ替わり後の泰山と翔を守りながら、国家の一大事である事件の首謀者を探るべく、走り回る。

小中寿太郎(こなか・じゅたろう)……六角精児 関西弁の毒舌政治評論家。過去になんらかの遺恨があったため、なにかにつけて泰山をテレビ番組などでこき下ろす。

貝原茂平(かいばら・もへい)……高橋一生 泰山の公設第一秘書。超がつくほど真面目な性格で優秀な総理のサポート役。何事にもクールに分析しては、鋭く突っ込むのが特徴。
入れ替わり後、総理の答弁原稿を作り、翔を支えるため奮闘する。誰にも本心が全く読めない、超マイペースな男。

狩屋孝司(かりや・こうじ)……金田明夫 内閣官房長官。泰山の女房的存在で30年来の盟友。涙もろく、情にあつい。入れ替わり後、翔を懸命にフォローするが、みずからの女好きが災いして思いがけない窮地に追い込まれる。

蔵本志郎(くらもと・しろう)……草刈正雄 憲民党・党首で泰山の長年の政敵。若い頃からダンディで、泰山より女性にモテていた。泰山もそのことを意識している。ネチネチとしつこい代表質問で、前総理を辞任に追い込んだ過去がある。無論、総理となった泰山をやっつけるため、なにかにつけて言いがかりをつけ、政権交代を狙っている。

城山和彦(しろやま・かずひこ)……西田敏行 民政党の大物議員で、泰山も所属する城山派のボス。政界のドン的存在。
柔和な笑顔だが何を考えているのか伺い知ることができない。泰山を総理に押し上げた張本人。