第730回『白エビ』
5月26日放送予定

■富山湾の宝石「白エビ」
ホタルイカや寒ブリ、のどぐろなど豊かな海の幸に恵まれた富山県。
中でもいま最盛期を迎えているのが“白エビ”です!
獲れたばかりの白エビは、透明感のある薄紅色に透き通り、キラキラ輝く姿から富山湾の宝石とも呼ばれています。
その白エビを愛してやまないのが、東京・四谷にある江戸前寿司の名店「すし匠」。
昆布締めした身に、贅沢にウニを添えて…
名店に受け継がれる職人の技が光る極上のにぎりをご紹介します。
■今が旬!絶品の白エビ郷土料理
白エビの漁場となる富山湾は、沿岸から急激に深くなる地形が特徴。
そこに日本海の海流と北アルプスから海底にわき出す深層水などが混ざり合い、プランクトンが豊富。豊かな漁場を育んでいます。
日の出とともに白エビ漁に同行すると、その日は年間を通じて最高の大漁!
さらに美味しさを守るため、水揚げ直後に船の上で行うプロの技がありました!
そして、漁師の奥様方に簡単で美味しい!地元ならでは白エビ料理を披露して頂きます!
■伝統の食文化…“昆布締め”
富山県では“昆布締め”で食材を保存する食文化が江戸時代から根付いています。
昆布を食材に巻くことで旨味を凝縮させ、豆腐・肉など様々な食材に使われています。もちろん白エビの昆布締めも、富山の名産品として全国的に有名です。
創業150年余りの歴史をもつ鮮魚店が、一つ一つ手作業にこだわって作る、絶品の昆布締めとは一体どんな味なのでしょうか?
■白エビを主役に!新作駅弁開発に密着!!
食材の宝庫、富山県は駅弁のバリエーションも豊富。中でも紅ズワイガニやとやま牛など、山海の幸を贅沢に詰め込んだ「とやま弁当」は、根強い人気の一品です。そして今回、4年ぶりに「とやま弁当」のリニューアルが決定し、新作とやま弁当の開発に密着します。開発責任者の田町さんのコンセプトは、「白エビ」を主役にした駅弁。しかし、白エビは刺身や天ぷらなどが一般的な食べ方。白エビの新しい食べ方が提案出来ないかと試行錯誤していました。そこに一肌脱いだのが、東京・広尾で白エビなどの富山食材の素晴らしさを料理で広めている桝谷シェフです。
早速、2人が向かった先はなんと…牧場!富山の海と山の恵みもふんだんに取り入れた、見て楽しい!食べて楽しい!新しい駅弁が完成します!

■取材先
【進化を続ける江戸前鮨の名店】
すし匠

住所:東京都新宿区四谷1-11
電話:03-3351-6387
※ご予約の際はお電話にて問い合わせください。

【富山湾の宝石 白エビ漁】
新湊漁業協同組合

住所:富山県射水市八幡町1-1100
電話:0766-82-7707

【150年の歴史を守り続ける鮮魚店】
魚仕出し料理 奥田屋

住所:富山県富山市下熊野463
FAX:076-413-6017
メールアドレス:info@kobujime.jp
営業時間:平日・土曜日:10時〜18時
定休日:日曜・祭日

【大人気駅弁を数々開発!】
株式会社 源

住所:富山県富山市南央町37-6

【富山で獲れた旬の食材が集まる】
富山市公設地方卸売市場

住所:富山県富山市掛尾町500

【一年通して新鮮野菜を栽培】
アイエッチファーム株式会社

住所:富山県富山市金山新東265

【素材の味をストレートに生かしたイタリアン】
オステリア ルッカ

住所:東京都渋谷区広尾1-1-38
電話:03-6892-2686
営業時間:平日 11:30〜14:00/18:00〜22:00
     土  12:00〜13:30/18:00〜22:00
     日  11:00〜16:00/18:00〜22:00

【富山湾を一望できる絶景と自家製ミルクが評判】
くろべ牧場まきばの風

住所:富山県黒部市宇奈月町栃屋字広谷4
電話:0765-52-2604

■制作担当
【ディレクター】坂田 広人(ViViA)
【プロデューサー】鈴木 朗(ViViA)
【プロデューサー】安田 裕史(テレビ朝日)