第131回『らっきょう』
〜らっきょう 砂漠の真珠が起こした奇跡・・・〜
6月10日放送予定

★荒涼たる砂丘に真珠の輝き
らっきょうの旬の時期を知っていますか?漬物で親しまれているらっきょうですが、実は今が旬。産地、鳥取砂丘では純白のらっきょうが収穫期を迎えています。その美しさは“砂丘のパール”と称されるほど。漬物だけに留まらない知られざるらっきょうの魅力お届けします。
★不毛の地の救世主
うねる砂丘の波を越えると一面に広がるらっきょう畑。鳥取砂丘には、カリッとした歯ごたえのらっきょうがありました。砂丘の砂が良質ならっきょうを育てるのです。
元々、不毛だった砂丘地。そこに根付いた奇跡の野菜らっきょう。しかし、夏には40℃を越す灼熱の砂地での労働は、その昔“嫁殺し”と言われるほど過酷極まる農作業。それゆえ、地元の人々のらっきょうへの想いも一入です。年に一度の初出荷の日は、町を挙げて全国へ運ばれるらっきょうを見送ります。
★驚異のらっきょうパワー
らっきょうは、毎日食べれば病知らず。地元農家の食卓には、毎食必ずらっきょうが並びます。収穫期が一段落すると、自分の家で食べるための一年分のらっきょうを漬けます。その量、何と一家族100kg!
らっきょうパワーで元気なお母さんたちが、手軽にできるらっきょう料理を披露してくれました。サッと簡単、栄養満点の料理の数々は必見です。
★カレーとの運命の出会い
らっきょうと言えばカレーの最良の友。なぜらっきょうは、カレーの名脇役となったのでしょう?
その答えは本場インドカレーにあり。インドではスパイスで作られるアチャールという辛口の漬物がカレーに欠かせません。これを日本人が真似して、カレーとらっきょうというベストコンビが生まれたのです。スパイシーなカレーと出会った日本人。らっきょうは、カレーを日本の馴染みの味にする橋渡しをしたのです。
★漬物だけとは言わせません!
漬物のイメージが強いらっきょう。しかし、一工夫加えるだけで、らっきょうもバリエーション豊かな料理に大変身。らっきょう嫌いはらっきょう好きに、らっきょう好きはさらにらっきょう好きになること間違いなし。もう漬物だけとは言わせません!

■取材先
【鳥取の砂丘らっきょう】
「鳥取いなば農業協同組合 福部村支店」

住所:鳥取県鳥取市福部町細川603-1
電話:0857-75-2231

【島らっきょう】
「琉球家なんくるないさ」

住所:東京都港区新橋3-25-15
電話:03-3433-7933
http://www.tenq-group.com/nankuru/#tenpo

【インドカレー】
「インド家庭料理ラニ」

住所:神奈川県横浜市都筑区東山田3-17-7
電話:045-591-8067
http://raani.org/

【カレーライス】
「ホテルニューグランド」

住所:横浜市中区山下町10番地
電話:045-681-1841
http://www.hotel-newgrand.co.jp/

【らっきょう創作料理】
「らっきょ」

住所:東京都渋谷区恵比寿西2-8-9
電話:03-3462-4427

■制作担当
【ディレクター】椎葉 百合子(テレビマンユニオン)
【プロデューサー】土橋 正道 那須 恭子(テレビマンユニオン)
【プロデューサー】高階 秀之(テレビ朝日)