スペシャル

ふりがな とがわかな(なかがわちか)
氏名 戸川 加奈(中川知香)
就職活動をしている大学生。
富川光と共に、悪徳就活塾で就活について学んでいる。
真面目な性格で何事に対しても一生懸命なのだが、面接など肝心なところで失敗してしまうことも多く、なかなか内定を獲得できずにいる。
Q.1 (まずは説明会へ)『服装自由』は本当に自由?
Answer
企業説明会などで見る『服装自由』の文字。本当に自由な服装で行っても良いものでしょうか? 答えはNoです。『服装自由』の言葉を鵜呑みにし、Tシャツにジーンズといったラフすぎる格好で行くと浮いてしまうこと間違いなしです。
スーツやオフィスカジュアルで向かいましょう。
Q.2 (面接前・結果待ち)会社から電話がかかってきた場合の受け方で注意したいポイントは?
Answer
移動中などメモが取れない、落ち着いて話せないなどの場合は、状況を丁寧に説明し、こちらから折り返すことを申し出ましょう。
自宅にかかる場合、家族にも会社から電話がかかるかもしれないことを伝え、どこに行っているかなどを安易に言わないように気をつけてもらうことも大切です。
Q.3 (いよいよ面接へ!)寒い日の会社訪問。正しいのは?
Answer
寒い時期にコートは必需品。しかし、会社訪問の際には、社内に入る前にコートを脱ぐのがマナーです。
会社訪問は就活の第一歩。たとえ寒くても屋内では必ずコートを脱ぎましょう。
Q.4 (会社に到着!)エレベーターでの立ち居振る舞いは?
Answer
エレベーターでも気を抜かない! 見られている意識を持つ・常に気を張ることが大切です。誰にも見られていないだろう、と俯いてケータイを触ったり、友人と大きな声で話すなどの行為はやめましょう。常に見られているという意識を忘れずに!
Q.5 (待合室)『おかけになってお待ちください』このときの正しい座り方は?
Answer
面接の待ち時間でも気を抜かず、椅子に深く腰を掛けすぎないように気をつけましょう。
待ち時間が長くなると、つい緊張が解け、リラックスしてしまいがち。気が緩み、姿勢が崩れたり、普段の言葉遣いが出てしまうこともあります。あくまでも面接に来ていることを忘れずに。
Q.6 (いよいよ本番!)入室時の正しい立ち居振る舞いは?
Answer
入室の際には、まず3回ノックをし、『どうぞ』と言われてからドアを開けます。この際、“ノック2回”はNG行為ですので注意! 必ず3回ノックをするように心がけてください。
入室した時から笑顔で、面接官と視線を合わせるように意識しましょう。
入室後、後ろ手でドアを閉めるのもマナー違反。このとき、面接官に対して完全に背を向けないように注意しましょう。自然に閉まるタイプのドアでも、音を立てないように閉めましょう。
Q.7 (いよいよ本番!)鞄の置き方は?
Answer
着席する時は、利き手側の床に鞄を置きましょう。書類をスムーズに取ることができます。形がしっかりした自立型の鞄であれば、鞄が倒れる心配がないので、面接に集中できます。
Q.8 (いよいよ本番!)コートのかけ方は?
Answer
面接室に入った際は二つ折りにして、シワにならないよう背もたれに掛けておくか、立てた鞄の上にそっと畳んで置きましょう。
椅子の背もたれにハンガーのように掛けるのはマナー違反です。
Q.9 (いよいよ本番!)面接中の、座る姿勢は?
Answer
座っているとき、基本は両足を揃えてまっすぐに。足を横に流すのは、面接には適していません。
椅子の半分ぐらいに腰掛け、背筋はピンと伸ばす。深く腰掛ける“社長座り”はNG!
指は揃えて自然に重ねること。緊張すると、ギュッと握ってしまいがちなので気をつけて。
Q.10 (お疲れ様でした!)退室時の気を付けるべき点は?
Answer
面接後、「終わった~!」という開放感で緊張がほぐれ、最後にドア前で「失礼いたします」を言い忘れる就活生が、実はたくさんいるそう。最後まで気を抜かないでください!
みんなの就活塾ワンポイントアドバイス
就活生と企業の意識にギャップあり!?
企業が学生を採用する際、重視する点として81.4%もの企業が回答したのが『対人コミュニケーション力』。しかし学生側の意識としては36.9%と企業の半分にも満たないのが現実。さらに『基礎学力』を34.7%もの企業が重視する一方で、学生側では6.5%とかなり低いのが現実です。
また、学生がアピールしたいポイントとして2位に挙げている『アルバイト経験』(44.1%)も企業側では10.1%程度しか重視していないという統計もあります。
企業が知りたいのは経験談の羅列ではなく、その経験から得た“強み”なのです。
(※数値は「ダイヤモンド就活ナビ モニターアンケート」調べ)
第一印象は3秒で決まる!?
入室時の一瞬で合否が決まることも…
人が第一印象から得る情報は『視覚情報』55%、『聴覚情報』38%、『言語情報』7%という統計が出ています。 さらに第一印象は3秒くらいで決まる(諸説あり)とも言われています。
入室時のやる気に満ち溢れた笑顔・清潔感溢れる身だしなみが、いかに重要かがわかりますね!
協力:金城学院大学 キャリア支援センター
ピックアップ