ショナイの話 毎週月曜日深夜1時51分放送!

バックナンバー

10月15日(月)

  • ブラックマヨネーズ吉田が雑誌「ムー」の編集長とショナイの話(後半)。
  • ジャーナリスト津田大介が年商が億のタバコ屋さんとショナイの話。

【インタビュアー】
・吉田敬(ブラックマヨネーズ)
・津田大介
・秦佐和子(SKE48)

ブラックマヨネーズ吉田さん、SKE48の秦佐和子さん、
メディアジャーナリストの津田大介さんという異質の3人でお送りするショナイの話。
3回目の放送は、先週放送した雑誌「ムー」の編集長三上さんとブラックマヨネーズ吉田さんのショナイの話後半戦!!

先週の放送で「未確認飛行物体は100%存在する」と言い切った編集長。
戸惑いながらもどうにかショナイの話を聞き出そうとする吉田はいろいろな質問をぶつけてみると「自信のある、ない記事は「!!」と「!?」で使い分ける」「創刊当時からネタ不足」と徐々に手の内を明かし始めた。
そして吉田が編集長に悩みを聞くと「編集部の若手不足が悩み」と超現実的な話をし始める。
あまりもリアルな話で「聞きたくなかったわ〜」とついもらす吉田だったが、
さらに深く引き出していく内に編集長の不思議な魅力に引き込まれていった。
最後には「三上さんの存在自体が「ムー」である」と締めくくった。

2つ目は一見質素に見えるが儲かって仕方ない街のタバコ屋さんと津田大介さんとのショナイの話。
「ぶっちゃけ年商は?」と鋭い切り口で質問する津田に対して「億は超えている!!」と答える店主。
ジャーナリスト心に火が点いたのか、さらに津田が「なぜ億も稼げるのか?」と核心を聞き出すと、
「実は自動販売機を60台以上所有していて、そこでの売り上げがほとんど」という。
そこで「1日のスケジュールは?」と尋ねると「朝9、10時に起きて、犬の散歩して・・・」と一見優雅な生活を送っているのだろうと誰しもが思ったのだが、話を聞いていくと「夜から朝にかけて補充や売上げの回収にまわり、それを毎日一人でやっているという
億を売り上げるタバコ屋さんならではの苦労も飛び出し、やはり伊達に億を売り上げているわけでは無いということが分かりました。
さぁ来週はこの3人のインタビュアーでの放送最後回です。ご期待ください!!

バックナンバー一覧へ