2018年10月スタート! 毎週金曜 よる11:15~

※一部地域を除く




相葉雅紀、ついに獣医師に!

~動物を愛する全ての人へ~
東京・神楽坂を舞台に
若き獣医師が動物や飼い主たちと
繰り広げる心温まる物語…

“相葉雅紀×動物”

最強タッグによる癒し系ヒューマンドラマ
誰もが待っていたドラマがこの秋、誕生!

日本では3人に1人が犬や猫などの動物と暮らしています。
現代社会において動物は私たち人間にとって
“ペット”という枠を超えたかけがえのない“パートナー”。
そんな大切な存在が、もしも病気になったとき…
尊い命を救ってくれる病院と獣医師は不可欠。
7年半ぶりに金曜ナイトドラマに帰ってくる相葉雅紀が
腕が良くて、心も優しい――そんな理想の獣医師を演じます!
すべての動物を愛する人々へ贈る、心温まるドラマが
2018年秋、金曜の夜に誕生します。

■2018年秋、金曜の夜は“相葉雅紀×動物”…相葉が心優しい獣医師に!

 2018年10月期、相葉雅紀が7年半ぶりにテレビ朝日金曜ナイトドラマに帰ってきます!
 2011年に同枠で放送された『バーテンダー』以来のテレビ朝日連続ドラマ主演となる相葉が、今回演じるのは、獣医師!“相葉雅紀×動物”という鉄板ともいえる方程式で、金曜の夜を彩ります。動物には縁深い相葉ですが、意外にも獣医師を演じるのは初めて…。「ありそうでなかった」待望のドラマが、この秋ついに誕生します!
 今ドラマの原作『僕とシッポと神楽坂』は、たらさわみち氏が2012年から集英社クリエイティブ『月刊officeYOU』で連載を開始し、現在も続編が連載中の人気漫画。東京・神楽坂を舞台に、そこで開業する若き獣医師・高円寺達也と、動物や飼い主たちの心温まる交流を描いたハートフルな物語です。

■動物だらけの1時間…金曜の夜は相葉と動物たちに癒やされる!

 相葉が演じる達也は、神楽坂にある『坂の上動物病院』の獣医師。勤めていた動物病院を辞めて実家に戻り、徳丸先生という獣医師のもとで働こうとしていたところ、突然徳丸先生が達也に病院を任せ、姿を消してしまいます。戸惑いながらもそこに留まり、神楽坂の人々と交流を深めていく達也。やがて「コオ先生」と呼ばれるようになった達也は、彼らの大切なペットの命を守るため、獣医師として奮闘を続けていきます。

 心優しくて腕も確か――コオ先生は、そんな理想の獣医師です。
 そんなコオ先生が、手術前に不安でいっぱいの飼い主たちに、必ずかける言葉があります。
 「○○さんの気持ちは受け取りました。頑張ります」
 常に飼い主の心に寄り添い、患者としてやってくる動物=“シッポ”(※コオ先生は病院にやってくる犬や猫を、愛情を込めて“シッポ”と呼ぶ)を救うことに全力を傾けるコオ先生の言葉と姿勢は、回を重ねるごとにみなさんの心に優しく染み渡っていくことでしょう。
 動物を愛する心と、優しい雰囲気を持つ相葉は、まさにコオ先生という役にぴったりと言えるのではないでしょうか。

 また、今作にはダイキチとオギというマスコットキャラクターのような犬と猫も登場! ビションフリーゼのダイキチと三毛猫のオギが、相葉とともに金曜の夜を彩ります。
 忙しい一週間で疲れた心と体を癒す、動物だらけの1時間、『僕とシッポと神楽坂』。すべての動物を愛する人たちへ贈る、究極の癒し系ヒューマンドラマが、まもなく誕生します!

■ドラマの舞台は神楽坂! 昔の面影を残すレトロな街でコオ先生が躍動する

 今作の舞台となる東京・神楽坂。東京のど真ん中にありながら、レトロな雰囲気も持ち、古き良き文化も残すこの街は、近年人気スポットとしてたくさんの人々が訪れています。
 ドラマには実際に神楽坂にあるスポットも多数登場する予定! 神楽坂に行けば、本当にコオ先生に会えるかもしれない――街を闊歩する姿は、視聴者をそんな気持ちにさせてくれるかもしれません。
 また、今作の監督を務めるのは、映画『神様のカルテ』なども手がけた深川栄洋。暖かな雰囲気の作風に定評があり、いま日本で一番忙しい監督と言われる深川が、相葉とともにどのような作品を紡ぎ出すのか――今からそのスタートが待ちきれません!

ニュース

『僕とシッポと神楽坂』が日本最大級のペットメディア・PECOとコラボレーション!
「#PECO僕坂」でドラマにあなたのペットを登場させよう

2018年8月10日

 動物好きとして知られる相葉が初めて獣医師役に挑み、 “相葉雅紀×動物”という鉄板の方程式で金曜の夜を彩る同ドラマが、日本最大級のペットメディア・PECOとコラボすることになりました!


■『僕とシッポと神楽坂』×PECOコラボ【#PECO僕坂】Instagramキャンペーン、スタート!

 『僕とシッポと神楽坂』×PECOコラボで行われる【#PECO僕坂】Instagramキャンペーン!
 参加方法は、無料の写真共有SNS・Instagramでキャンペーンハッシュタグの【#PECO僕坂】を付けて、ご自身のペットの写真を投稿するだけ! 見事1位の『高円寺達也賞』に選ばれた写真は、“PECOポスター”になってドラマ本編に登場できるのです! みなさんの大切なペットたちがドラマデビューする貴重なチャンス。まさに超レアなキャンペーン特典となっています。
 2位の『たらさわみち賞』は、今ドラマの原作『僕とシッポと神楽坂』の著者・たらさわみち先生がペットのイラストを描いてくれるという超豪華な賞! さらに3位の『坂の上動物病院賞』に選ばれた20名の方々のペットの写真も、特製ポスターになっちゃいます! もちろん、1位から3位までの賞に輝いた方々には、ポスターやイラストをプレゼントします!
 どれも、ここでしかゲットできない貴重なものばかり…! 是非この機会にキャンペーンに参加してみてください!

 応募期間は2018年8月10日(金)から、24日(金)まで。Instagramにハッシュタグを付けて投稿するだけで応募完了なので、超簡単! たくさんのご応募、お待ちしています!

■PECOのサービスで、ペットにそっくりなぬいぐるみを作ろう!

 PECOには、ご自身のペットの写真をもとにオーダーメイドの“ぬいぐるみ”を作れる『PECO Hug』というサービスがあります。ドラマ『僕とシッポと神楽坂』の中にも、ビションフリーゼのダイキチと三毛猫・オギのPECO Hugが登場予定! どんな場面で登場するか、是非探してみてください。


相葉雅紀主演ドラマの現場で広末涼子の誕生日祝い!
息子役・矢村央希くんからの似顔絵メッセージのプレゼントにママ・広末も思わずニッコリ!

2018年7月18日

 “相葉雅紀×動物”という鉄板の方程式で金曜の夜を彩る同ドラマにヒロインの動物看護師・加瀬トキワ役で出演する広末涼子が誕生日を迎え、撮影現場でお祝いのセレモニーが行われました!

■誕生日を迎えた広末をサプライズでお祝い! 可愛らしいケーキと似顔絵に思わず…

 都内某所の民家でのシーンを終えると、スタッフから「広末涼子さんがお誕生日です!!」との声が。『僕とシッポと神楽坂』の看板犬・ビションフリーゼのダイキチのモフモフ顔をモチーフにしたケーキが贈られると、広末は「すごーい! こんなのはじめて見た!!」と驚きの表情を浮かべていました。
 さらに、息子の大地を演じている矢村央希から、似顔絵付きのメッセージカードも贈られ、「かわいい! 大地、書いてくれたんだ。嬉しい!ありがとうございます」とニッコリ。「毎日本当に暑いけど、みんなで頑張ります!」とこの先の撮影に向けて、決意を新たにしていました。

 暑い毎日が続く中、撮影に励んでいる『僕とシッポと神楽坂』のキャスト・スタッフ陣。「この暑さの中でのみんなの頑張りが映像に反映されるといいな」と広末。「誕生日を迎えて、最初のドラマがみなさんに愛されると嬉しいです」と、今作への意気込みも語ってくれました。

【加瀬トキワ役・広末涼子 コメント】

 10代の頃は「中学生」「高校生」といった区切りのようなものがありましたが、だんだんそういった区切りがなくなってくるので、なかなか目標をあらためて考えたり、ということもなかったのですが、今回は誕生日を迎えて最初のドラマが秋から放送されるので、この作品『僕とシッポと神楽坂』がみんなに愛されるドラマになったら嬉しいなと思います。
 誕生日と言えば、やはり子どもの頃の思い出が多いですね。クラスのみんなを呼んでお誕生日会をしようと思ったら、家に入りきらなくて近くの公園で誕生日会をやったこととか…。大人になってくるとなかなか誕生日会ってやらないですね。今は誕生日会をセッティングしてあげる側になったので、私のように思い出に残る誕生日会をしてあげたいなって思います。
 本当に暑い中での撮影が毎日続いていますが、みんなが頑張った証が映像に反映されるといいです!


相葉雅紀主演癒し系ヒューマンドラマ『僕とシッポと神楽坂』ヒロインに広末涼子が決定!
相葉演じる獣医師と働く“秘密”を抱えた動物看護師…ほかにも豪華個性派共演陣が続々。
大倉孝二、村上淳、矢柴俊博、かとうかず子、そしてイッセー尾形らがドラマを彩る!

2018年7月7日

 動物好きとして知られる相葉が初めて獣医師役に挑み、 “相葉雅紀×動物”という鉄板の方程式で金曜の夜を彩る同ドラマに、ヒロイン役として広末涼子が出演することが決定しました!

■相葉雅紀主演! 動物好きたちに贈るハートフルドラマが10月金曜ナイトに登場

 今ドラマの原作『僕とシッポと神楽坂』は、たらさわみち氏が集英社クリエイティブ『月刊officeYOU』で現在も続編を連載中の人気漫画。東京・神楽坂を舞台に、そこで動物病院を営む若き獣医師・高円寺達也と、動物や飼い主たちの心温まる交流を描いたハートフルな物語です。
 相葉が演じる達也は、神楽坂にある『坂の上動物病院』の獣医師。勤めていた動物病院を辞めて実家に戻り、徳丸先生という獣医師のもとで働こうとしていたところ、突然徳丸先生は達也に病院を任せ、姿を消してしまいます。戸惑いながらも獣医師として奮闘を続けていく達也は、やがて「コオ先生」と呼ばれ、地域の人々と交流を深めていくことになります。

■相葉演じる獣医師のパートナーとなる動物看護師役に広末涼子が決定!

 そんなコオ先生=達也に請われ、『坂の上動物病院』で動物看護師として働くことになるのが、広末涼子演じる加瀬トキワです。女手一つでひとり息子の大地を育てるトキワ。最新鋭の設備を備えた『ナルタウン動物病院』で動物看護師を務めていましたが、ある事情から『坂の上動物病院』で働くことになります。心優しく強い女性で動物看護師としての腕も確かなトキワですが、彼女には実は大きな“秘密”が…。いつしか達也とトキワは固い信頼で結ばれる最高のパートナーになっていきますが、トキワが抱える“秘密”がふたりの関係にも変化をもたらすことになるのです!
 テレビ朝日の連続ドラマ出演は2011年10月期に放送された『11人もいる!』以来、7年ぶり。清純な役どころから体当たりの汚れ役までを幅広くこなし、実力派女優として活躍する広末が、加瀬トキワという役でまた新たなジャンルを開拓します!

■大倉孝二、村上淳、かとうかず子、イッセー尾形…豪華個性派共演陣、続々!

 ほかにも今作『僕とシッポと神楽坂』を彩る豪華共演陣が続々決定!
 達也の幼馴染のライター・名倉雅彦を演じるのは大倉孝二。そして『ナルタウン動物病院』の獣医師でトキワに思いを寄せる田代真一を村上淳が演じます。さまざまな映画・ドラマで一癖も二癖もある役を数々演じてきている大倉と村上が、相葉とどのような掛け合いを見せるのかにも注目です。
 達也の家の近所にある赤城出世稲荷神社の神主役には矢柴俊博。とても神出鬼没で、なぜかいつも突然達也の前に現れてはお告げのような言葉を残し、達也を戸惑わせます。
 達也の母である高円寺貴子役にはかとうかず子。三味線の師匠をしながら女手一つで達也を育てた貴子は、息子の将来を心配しながらも獣医師として成長していく姿を温かく見守ります。
 さらに、達也に神楽坂の病院を任せ、姿を消してしまう獣医師・徳丸善次郎を演じるのは個性派俳優としても名高いイッセー尾形。達也を振り回すことになる徳丸を、イッセー尾形が軽妙に演じ、作品にまた違ったエッセンスを加えます。
 個性豊かな共演陣とかわいい動物たち満載で贈る、10月期金曜ナイトドラマ『僕とシッポと神楽坂』。すべての動物を愛する人たちへ贈る、究極の癒し系ヒューマンドラマのスタートまで、もうしばらくお待ち下さい!

【加瀬トキワ役・広末涼子 コメント】

 『僕とシッポと神楽坂』は、とても優しくて温かいドラマになる予感がしましたので、撮影に入るのが楽しみでした。コオ先生は相葉さんのイメージにぴったりですよね! 気遣いさんで優しくて動物好き――相葉さんそのままのキャラクターだと思いました。一緒にお芝居をしていても、どこまでが相葉さんでどこからがコオ先生なのか、わからないくらい(笑)。一方で、手術のシーンや命に真剣に向き合う場面などはまた違った男っぽい一面も出ていたりして、そのギャップには見ている方々もキュンキュンしてしまうのではないでしょうか!
 わたしが演じるトキワはあまり表裏のない女性。きっと息子の大地といるときが一番“素”なのだと思いますが、すごく一生懸命で真っ直ぐで素直な人。とても魅力的な女性だし、共感できる部分も多いです。劇中のトキワは煮物が得意、なつもり、という役なのですが、インパクトの強いキャラクターなんです(笑)。そのあたりも楽しみにしていてください。
 金曜の夜に大人から子どもまで、幅広い世代の方々に見ていただける作品です。是非このドラマで元気をもらったり、勇気をもらったりしながらご覧ください!

【高円寺達也役・相葉雅紀 コメント】

 広末さん演じるトキワさんは、ちょっとワケありなお母さんなのですが、すごく素敵に演じていらっしゃいます。優しくて包み込むような部分もありつつ、気の強いところもあって…幅の広いお母さんで、素敵だなって思っています。コオ先生とトキワさんが、どんな関係になっていくのか、楽しみにしていただけたらと思います。
 このドラマの撮影現場は、作品の雰囲気そのままな空気に包まれていて、優しい気持ちになれる現場なんです。穏やかな方々ばっかりで、オン/オフなく撮影に臨めているような気がします。
 放送までまだ時間はありますが、期待して待っていてください!

主な登場人物

高円寺達也(こうえんじ・たつや)

相葉雅紀

高円寺先生なので、通称「コオ先生」。神楽坂で生まれ育つ。獣医大学を卒業した後、勤務医として動物病院で働いていたが、実家に戻り、神楽坂に『坂の上動物病院』を開業する。一見、気弱そうだが腕は確かで、優しい心の持ち主。病院にやってくる犬や猫たちを、愛情を込めて“シッポ”と呼んでいる。言葉を話すことができない“シッポ”たちに対し、持ち前の動物の心に寄り添う才能と勤務医時代の経験をもって接し、街の動物のお医者さんとして唯一無二の存在になっていく。

加瀬トキワ(かせ・ときわ)

広末涼子

『坂の上動物病院』で働く動物看護師。看護師としての腕は確かで、心優しく強い女性。大地というひとり息子を女手一つで育てている。得意料理(自称)は“煮物”で、大地は(やがて達也も)味が染みに染みた煮物を何日も食べさせられている。

名倉雅彦(なくら・まさひこ)

大倉孝二

達也の幼馴染でフリーライター。自分がヒマなのをいいことに、達也を誘って神楽坂の居酒屋で飲んでばかりいるが、達也の優しさを一番わかっている人物でもある。

田代真一(たしろ・しんいち)

村上淳

『ナルタウン動物病院』に勤務する優秀な獣医師。腕は抜群なのだが、変わり者。トキワに思いを寄せていて、達也を恋敵として意識している。

神主(かんぬし)

矢柴俊博

達也の家の近所、赤城出世稲荷神社の神主。神出鬼没で、突然達也の前にぬっと現れては不可思議な言葉を残し去っていくため、常に達也を戸惑わせている。

加瀬大地(かせ・だいち)

矢村央希

トキワのひとり息子。達也に頼まれて、『坂の上動物病院』に通うようになり、動物たちの面倒をみるようになった。

看板犬・ダイキチ

アトム

『坂の上動物病院』に預けられ、そのまま置き去りにされてしまった。大地の熱意により、コオ先生たちに看板犬として迎え入れられることに…!?

地域猫・オギ

ミーちゃん

神楽坂の地域猫。達也の家、『坂の上動物病院』、赤城出世稲荷神社がお気に入りの場所。

高円寺貴子(こうえんじ・たかこ)

かとうかず子

達也の母親。三味線の師匠で、女手一つで達也を育てた。「いつ結婚するのか」「孫の顔は見られるのか」と、何かと息子の将来を心配しつつ、優しく見守っている。

徳丸善次郎(とくまる・ぜんじろう)

イッセー尾形

神楽坂で動物病院を営んでいたが、突然達也に病院を任せ、姿を消してしまう。神楽坂の人々に慕われる街のお医者さん。

コメント

高円寺達也役・相葉雅紀 コメント

 お話をいただいた後、どんな物語なんだろうとすぐに原作を読みました。“動物の終末ケア”といった獣医師としてのストーリーもありながら、人と人との繋がりを描くヒューマンドラマな部分も印象に残り、心が揺れ動くとても素敵な物語だと感じました。ドラマではどんなストーリーになっていくのか、今から演じるのがとても楽しみです。
 僕が演じるコオ先生はすごく人間味のある人。動物や飼い主の方に寄り添ってくれる優しい人です。コオ先生の周りには年上の女性が多いのですが、僕も親戚は年上の女の人ばかりで、女性にいじられている感じは、なんだか共感できました(笑)。
 一話に一回は手術のシーンも出てくるので、クランクインまでにそういった技術の練習もしていきながら、役作りも含めて準備していきたいと思っています。

 僕にとってペットは家族。子どもの頃、犬を飼っていたのですが、その犬が亡くなったときというのが最初に経験した“死”でした。命は尽きるものなのだと教えてくれたので、忘れられない経験をさせてもらったのだと今でも思っています。

 初めて主演ドラマをやらせていただいた金曜ナイトドラマの枠にもう一度戻ってくることができてとても嬉しいですし、光栄です。『僕とシッポと神楽坂』は温かいお話なので、みなさんの金曜の夜を温かくできたらいいなと思います。

テレビ朝日・都築歩プロデューサー コメント

 原作を読んだとき、心優しい獣医師の動物に対する真っ直ぐでピュアなストーリーを、映像化してみたいと思いました。今を生きる私たちにとって、動物はペットというか『家族』…だからこそ「僕とシッポと神楽坂」は動物を愛するすべての人に安心とやすらぎを与えてくれるものになると考えております。主人公の獣医師:通称コオ先生は、相葉雅紀さんのイメージそのもので、この“奇跡の合致”を逃すわけにはいかない、絶対に演じていただきたい!と思いオファーさせていただきました。
 このドラマの舞台は神楽坂。撮影は地域の皆様にご協力いただき、実際に神楽坂でも行う予定ですので、ドラマに出てくる場所を探してぜひ歩いてみてください。
 さらに何と言っても注目すべきは、白くてモフモフな看板犬“ダイキチ”や無愛想な地域猫“オギ”など、とってもかわいい動物たち!金曜の夜に、深川栄洋監督が紡ぎだす『少し不思議で何だかほっとする』世界を楽しんでいただければと思っています。穏やかで、優しい気持ちになれることを…お約束します。

スタッフ

原 作

たらさわみち「僕とシッポと神楽坂」(officeYOU 集英社クリエイティブ)

脚 本

谷口純一郎、国井桂

監 督

深川栄洋(『神様のカルテ』『60歳のラブレター』)ほか

ゼネラルプロデューサー

三輪祐見子(テレビ朝日)

プロデューサー

都築歩(テレビ朝日)、松野千鶴子(アズバーズ)、岡美鶴(アズバーズ)

制作協力

アズバーズ

制作著作

テレビ朝日