しんちゃんニュース
2017年7月7日

『ぶりぶりざえもんのえかきうた』が完成!!

「救い」のヒーロー!! ぶりぶりざえもんが歌う、えかきうたが完成!
しんのすけのおえかきから生まれた“救いのヒーロー・ぶりぶりざえもん”。
次回8月4日(金)の放送から、『ぶりぶりざえもんのえかきうた』を番組内でオンエア~!
ぶりぶりざえもんの歌声にも注目!!

そして!7月15日(土)にスタートする『テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION』内、
『クレヨンしんちゃん オラのRAKUGAKI部屋 supported by Pentel』(開催場所:EXタワー17F)では、
放送よりもひと足早く、えかきうたをおひろめ!!

さらに!『クレヨンしんちゃん オラのRAKUGAKI部屋 supported by Pentel』では、ぶりぶりざえもんの声を担当する神谷浩史さんが、えかきうたを歌いながら、初めて描いたぶりぶりざえもんの“イラスト色紙”も展示!
遊びに来れば~!

【神谷浩史コメント】

「子どものころよく見ていたアニメ番組には、必ず“えかきうた”がありました。この歌も子どもたちに覚えてもらえるのかなと思うと、本当に夢のようです。しかも今年26年目に突入した『クレヨンしんちゃん』の一員としてえかきうたを担うことができるなんて、非常に名誉なこと。レコーディングではぶりぶりざえもんらしく、気取った感じを意識しながら歌いました。
ぶりぶりざえもんは“ジャン・ピエール・アンドレイ・ジョセフド・シャトーぶりアンヌ”の名を持つ、自称フランス貴族なので、それにふさわしくメロディーは高貴なイメージに仕上がっています。でも歌詞に登場するのは“めだまやき”や“うめぼし”など身近なものばかりでとても覚えやすいですし、基本的にぶりぶりざえもんはしんのすけのらくがきから生まれたキャラクターなので、気楽に描いてもらえればうれしいですね! ポイントは、2つのめだまやきをイメージして鼻を描くこと! 少しぐらい間違えてもOKですので、口ずさみながら思い思いのぶりぶりざえもんをいっぱい描いてくれたらうれしいです!
昨年、ぶりぶりざえもんの声優に就任した直後は偉大な先代の後を継ぐというプレッシャーの中、まるで平均台の上を歩いていくかのような感覚で堅苦しく役作りを考えてしんどかったのですが、1年間かけて少しずつしんちゃんのキャラクターと触れ合い、視聴者の皆さんにも受け入れていただく中で、楽しみながら“神谷版ぶりぶりざえもん”というものに挑戦していけるかなと思えるようになりました。『クレヨンしんちゃん』という素晴らしい作品のキャストのひとりとして名前がクレジットされるなんて、本当に役者冥利に尽きるなと感謝しています!」