5月23日放送 「あかねのきゃんばす」

作 者:らる・いしはら
出版社:福音館書店

あかねが森の原っぱで花の絵を描いていると、ウサギがやってきました。ウサギは「その花ちょうだい」といってキャンバスの中に手を入れると、花を取りだしてもっていきました。それならと、あかねがクッキーの絵を描くと、クッキーが取りだせます。森の動物たちも集まってきて、飛行機の絵を描いて、みんなで空を飛ぶことになりました。
“はめ込み切り絵”の技法を開発した作者の初めての絵本。
朗読:
伊倉 一恵(青二プロダクション)

5月30日放送 「さんぽのき」

作 者:サトシン 文
真珠 まりこ 絵
前田 たかひろ 原作
出版社:文溪堂

東日本大震災の復興を願って作られたチャリティー絵本。
散歩が大好きなぼくの前には、いつも「さんぽの木」があった。うれしい時も、悲しい時も、いつもそこで待っててくれた。やがてぼくも、「さんぽの木」も大きくなって、もっと大きな世界、たくさんの人とつながり広がっていく。いっぽ、にほ、さんぽ、さんぽのき、と…。
いつもそこで待っていてくれる、変わらない存在。
そして、変わらないものを心に取り戻すことで、楽しく安らかな気持ちで、また前に向かって欲しいというエールが込められた絵本。
朗読:
かかず ゆみ(アトミックモンキー)