プロフィール

竹内由恵アナウンサー
2008年10月よりフィールドリポーターとして番組に加入。
2013年4月からはアシスタントMC担当。

久冨慶子アナウンサー
入社3年目の2014年8月より「やべっちF.C.」加入。

山本雪乃アナウンサー
入社3年目の2015年4月より「やべっちF.C.」加入。
2016年8月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  • mixiチェック

J1ファーストステージ最終節!

投稿日:2016年06月28日 18:24

Jリーグ1stステージが終わりましたね!
最終節は川崎フロンターレ×大宮アルディージャの試合の取材をしてきました。

川崎フロンターレの優勝の可能性もあったこの試合。
26612人ものサポーターが駆けつけ、熱気に包まれていました。
写真1

写真2

1stステージ2位となった川崎フロンターレの大久保嘉人選手は、
「まだ半分。いまここの順位にいることはすごくいい。
年間優勝が1番の目標です!」
と、1stステージ優勝にあと一歩だった悔しさよりも年間優勝に向けて晴れやかな
表情で話していました。
また、中村憲剛選手も、
「自分たちの質を追求することが優勝への道。勝ち点3を積み重ねていくだけ!」
と、年間優勝を見据えて前向きなコメントを話していました。
2ndステージも本当に楽しみです!!!
山本雪乃

  • mixiチェック

ファーストステージ最終節

投稿日:2016年06月26日 18:50

6月25日(土)
Jリーグ ファーストステージ 第17節
優勝のかかった大一番、「鹿島アントラーズ×アビスパ福岡」の試合を
取材してきました!

取材

横断幕

横断幕2

結果は2-0で鹿島アントラーズの勝利。
ファーストステージ優勝が決まりました!!

試合後鹿島アントラーズの小笠原満男選手、柴崎岳選手、植田直通選手に
話を聞いてきました。
小笠原選手

柴崎選手

上田選手
ステージ優勝を成し遂げた直後だったのですが、
小笠原選手、柴崎選手、植田選手とも笑顔で喜びが溢れる感じではなく、
「すぐにセカンドステージが始まる」「目標はここではない」「振り出しに戻って頑張る」
「セカンドステージは全勝する気持ちでやりたい」など
既に気持ちを切り替え、年間優勝を見据えたコメントをしていました。
優勝カップを掲げる際、最初に掲げたのは植田選手でした。
カップ

カップ2
この事を植田選手に伺うと、
「小笠原選手が熊本の人が沢山見てくれているから最初に掲げな。」
と声をかけてくれたそうです。
東日本大震災の時に故郷が被災し、被災された皆さんのために今も尽力している
小笠原選手キャプテンの心意気、優しさを感じました。

さらに試合前、ミーティングで選手全員一言ずつ話をしたそうです。
そこで植田選手は
「沢山の方が観に来てくれる。その環境を楽しんでやろう。
青木選手、ジネイ選手を勝って、優勝して送り出そう。」
と話したそうです。

青木剛選手はサガン鳥栖へ移籍、
ジネイ選手は退団する形となりました。
青木選手、ジネイ選手ともに
優勝セレモニーでは鹿島アントラーズの皆さん、サポーターの皆さんと喜びを分かち合える喜びを噛みしめている、そんな表情をしていたのが印象的です。
ご家族、お子さんも観に来ていて、
カッコいいパパの姿を見せることができたのではないかと思います。

鹿島アントラーズの選手の皆さん、サポーターの皆さん、
ファーストステージ優勝おめでとうございます!!!!!
セレモニー

そして、来週からあっという間にセカンドステージが始まります!
2ndステージもできるだけスタジアムに足を運んで、取材報告をお届けします!

 

久冨慶子

 

以下、久冨アナが聞いた選手のインタビューになります。
DF23植田直通(21)

Q今日の試合はどんな気持ちで?
勝てば優勝というのは決まっていたので「今日必ず勝とう」とみんなで言っていた。勝ててよかった。

Q優勝の瞬間はどんな気持ちでした?
もっとうれしいものかなと思いましたけど、まだまだ1stステージのチャンピオンになっただけなのでこれからが大事だと思いますね。まだまだこれからが大事だと思ってみんな次に切り替えているので次のチャンピオンを狙っていきたいですね

Q1stステージをふり返っていかがでした?
DFとしては10失点でしたが、まだまだ失点が多いなって印象ですね。セカンドステージはもっと減らしていきたいと思いますね

Qセカンドステージへの意気込みを!
DFとしては1失点もやらせない気持ちでいますし、セカンドステージは全勝で優勝していきたいと思います

Qセレモニーの優勝カップを掲げる時のパフォーマンスは考えていました?
あれはクシくん(櫛引選手)の指示です。全部(笑)

MF10柴崎岳(24)

Q1stステージ優勝してどんな気持ちですか?
(自分は)そんなに喜んではない感じですかね(笑)
でもサポーターの皆さんだったり、テレビの前の皆さんは喜んでくれていたと思います。試合が終わって携帯を見てみたら「おめでとう」というメールがたくさん入っていました。
でも僕らはまだまだ先があるのでそこまで喜んでいられないかなとも思っています。

Q1stステージ振り返っていかがでしたか?
上手くいった時期、上手くいかない時期、一瞬優勝戦線から脱落した時期もありましたけど、そこを踏ん張って連勝を飾ることが出来て、最後優勝という形で終えられたのは、「あきらめない」というチームの力だと思いますし、多少幸運な部分はありましたけどこの結果をみんなで共有できることが出来てよかった
Q連勝が続いた要因というのは?
毎試合いい試合は出来てはいたんですけど、ちょっとしたミスが重なって引き分けたり勝点を伸ばせなかった部分はありますけど、いい守備からいい攻撃に繋げた試合が多かったと思います。それは失点数(リーグ最少10失点)にも表れていますね。今全員の守備意識が高いのとそれからいい攻撃を出せていると思うのでそこはファーストステージを総括してよかった部分だと思います

Qセカンドステージへ向けて
またゼロからのスタートだと思っています。1stステージのアドバンテージは考えずに開幕からいいスタートを切りたいですね。

MF40小笠原満男(37)

Q1stステージ優勝をふり返って
スタジアムにも多くの方に集まっていただいて素晴らしい雰囲気の中で1stステージ優勝という結果を出せてとてもうれしかったです
でも1週間後にも試合はありますし、この先セカンドステージ・チャンピオンシップと続いていく。そこを獲っての本当のタイトルだと言えると思うので、これで満足することなくこの先も勝っていけるようにがんばっていきたい

Qキャプテンから見た1stステージの戦いはどうでしたか?
決していい試合ばかりではなかったですし、ここ何試合かも良くない時間帯とかもありましたけどそういう中でもきっちり勝てたのはこの先に繋がっていく。
大事なのはここからだと思う。ここで負けてズルズル行くと1stステージ優勝も何の意味もなくなってしまう。ここからも勝ち続けて年間を通して本当のタイトルを獲っていきたいと思いますね。

Qセカンドステージへ向けて
もちろん優勝はしたいですけど、ダントツで勝てるぐらい。アントラーズは強いっていうそんな勝ち方をしていきたい。自分たちから勝ちを獲りに行けるように、欲を言えば全部勝つぐらいのそんな試合を出来ればと思っています。
1週間後すぐ始まるので喜ぶのも今日だけにして、明日からまた準備しないといけないですね。

 

  • mixiチェック

フットサル!

投稿日:2016年05月31日 19:14

みなさん、お久しぶりです!
Jリーグももう後半戦!
毎週末取材に行っています。解説するっちもお楽しみいただけていますか?

ひそかに、スタジアムグルメも食べています!
日立柏サッカー場ではから揚げを。中銀スタジアムではパンダ焼きを。

写真1

写真2

そして、5月8日に行った柏レイソル×川崎フロンターレの試合では、
試合前にサポーターの皆さんがピッチの外で声掛けをしているのが、印象的でした。
サポーターの方も選手と同じように、準備をして試合に挑んでいるのと改めて感じます。

写真3
5月21日は、湘南ベルマーレ×ベガルタ仙台の取材に行きました。
仙台の奥埜選手のゴールで、1対0で仙台が勝利。

奥埜選手にゴールの解説するっちをしてもらいました。
初めての解説するっちはいかがでしたか?と聞いてみると・・・

「シュートの前のシーンで、ニアをつぶすために後ろから走ってきてくれたのが、
ハモンロペス選手だと思っていたんですけど、大岩選手だったんですね!!」と!

これは私にとっては意外な答えでした!

「見てみないとわからないこともありますし、
帰りのバスの中での話題にもなります!」と言っていましたよ。

また、先日、矢部さんとやべっちFCのスタッフで、フットサルをしました。
私も久冨アナウンサーと一緒に参加!
小学生以来、ボールを蹴りました。(笑) もう楽しくて楽しくて!
汗だくで走りました。
写真4

実際にやってみて、改めてプロサッカー選手のすごさを体感しました。
技術はもちろん、走り続けることがこんなにも辛く、ましてや90分間なんて・・・
持久力も想像がつきません。

しかし、本当に楽しかったので、私もまたフットサルをしたいです。
まずはボールの蹴り方からマスターします!

写真5
山本雪乃

  • mixiチェック

メモっち番外編

投稿日:2016年05月31日 19:07

先日東京でも今年初めての真夏日を観測!
少し暑すぎる時もありますが、
サッカー観戦も気持ちいい季節になってきましたね!

取材の時の服装も段々と薄着になってきました。
1

2

さて、
5月21日に
柏レイソル×アビスパ福岡の試合を取材してきました。
3
この日も晴れてサッカー観戦日和。
試合結果は3対0で柏レイソルの勝利となりました。

試合後はゴールを決めた
柏レイソルの輪湖直樹選手とアビスパ福岡の邦本宜裕選手にお話を聞きました。

輪湖選手は、友達の美容師さんにおまかせして最近髪型を変えたそうです。
セットすると気持ちが入るとおっしゃっていました。
チームでは、小学5年生~高校3年生まで一緒にサッカーをしていた
太田徹郎選手と仲が良いそうです。
一緒にご飯も行くそうですよ!
幼い頃からの仲間がチームメイトだと心強そうですよね!

邦本選手は、先日の放送の『メモっち』にもありましたが、
ボウリングがマイブームだそう。最高スコア230!!!
邦本選手は、試合前に必ず自分の時間を作るんだとか。
5分くらい自分に「絶対やれる」と言い聞かせるんだそうです。
小学校5年生の時に、当時サッカーチームの監督をされていたお父さんから
この方法を教えていただいたそうなのですが、実際にはじめたのは高校生から。
自分の時間を作るようになって気持ちが乗るようになったとおっしゃっていました!
私も収録前などで、緊張したら自分の時間を作ってみようかなと思いました。

これからも取材を通して選手のプライベートな部分にも迫っていけたらと思います!

別の日には、
矢部さんとやべっちF.C.のスタッフでフットサルをしました♪
私も後輩の雪乃ちゃんと応援のつもりで会場に足を運んだのですが・・・
まさか参加することに!!
4

予想外でしたが、皆で汗を流して楽しい時間でした。

5
ボールを思う方向に運べず、選手の偉大さを改めて感じました・・・。
久冨 慶子

  • mixiチェック

奇跡!

投稿日:2016年05月02日 01:01

こんにちは、山本雪乃です。
Jリーグは今週で第9節を迎えます!
今シーズンも毎週のように取材に行っていますよ^^

写真1

そして、やべっちFCも4月で15周年。
4月の初めには、勢揃いでスタジオ出演もありました。

写真2

また、4月16日(土)に行われていた湘南ベルマーレ×鹿島アントラーズの試合では、
0対3で、鹿島アントラーズの勝利でした。

その試合では、ある奇跡が起きていたんです。
実は4月16日は、
湘南ベルマーレの三竿雄斗選手と、鹿島アントラーズの三竿健斗選手のお誕生日。
このお2人、みなさんご存じの通り、兄弟です。
双子ではなく、5歳離れた兄弟!

兄弟で同じ誕生日、そして、この日は、兄弟で同じピッチに立ちました!

二十歳になった弟の三竿健斗選手に、試合後、
同じピッチに立ったお兄さんへの思いを聞くと・・・

「ミスをしてほしくないけれど、敵でもあるので崩したい!」
と複雑な気持ちを教えてくれました。

この日は、ご両親も応援に来ていたそうで、
「奇跡としか言いようがないです!」ととても嬉しそうでした。

二人にとって、記憶に残る誕生日になったのではないでしょうか。
ちなみに、毎年、「おめでとう」は言い合わないそうです(笑)

写真3

余談ですが、3月末に行われた日本代表戦は、
久冨アナウンサーと我が家で観戦しました。

写真4
ユニフォームで観戦。

写真5

日本を応援するため、こんなものも作りました。

もちろんスタジアムでの観戦も最高ですが、
選手の表情をじっくり見ながらの観戦も、また違う発見がありますね!

写真6

山本雪乃

  • mixiチェック

フォトギャラリー

フォトギャラリーを詳しく見る≫