検索
2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  





  • mixiチェック

静岡朝日テレビとコラボ講座を開催!!

投稿日:2017年6月12日

shizuokarogo

6月8日(木)、静岡県勤労者総合会館で静岡朝日テレビとオトナ出前講座を開催晴れ
今年で3回目となるコラボ講座のテーマは「アナウンサー側から見るテレビ」

静岡朝日テレビの橋本ありす白田裕太郎アナウンサーとテレビ朝日お客様フロント部の藤井暁川瀬眞由美 元アナウンサーが講師を務めましたexclamation

shizuoka2

講義は川瀬講師の進行で、4人でトーク!というスタイルカラオケ会場の皆さんにもテーマを選んでもらいながら、終始和やかな雰囲気でしたウィンク

shizuoka3

  ◆ グルメリポートの裏話

静岡朝日テレビの夕方の人気番組『とびっきり!静岡』で毎週月曜日に「一杯のラーメン」というコーナーを担当している橋本アナぴかぴか (新しい)

作り手たちの思いを伝えると共に、見ている方に“食べたい!”と思ってもらえるようなリポートができるよう、毎週ラーメンと向き合っているそうどんぶり
「ラーメンの食レポは難しいです!麺の食べ方には気を遣っていますが、大量の麺を取り上げてしまい失敗したことも…」

お店の情報のほか、自分がどんなコメントをしたかなどを記録する“ラーメンノート”を作っているそうです本 鉛筆
「自分のコメントを放送後に反省して次に生かしています」と話す橋本アナの食レポ、これからもお楽しみにるんるん (音符)

mo

『ワイド!スクランブル』など数々の番組で食レポの経験のある藤井講師からは、朝から晩まで「ウニ丼」を食べ続けた話や、1日で牡蠣を50個食べたエピソードがウッシッシ (顔)レストラン

美味しい物でも、たくさん食べるのは大変ですよね・・・冷や汗 (顔)あせあせ (飛び散る汗)

shizuoka1

白田アナの印象に残っている食レポは、アナウンサー1年目の時に取材した「塩」。味の違いを伝えるのに苦労し、その後は「塩」にもアンテナを張っているそうですあっかんべー

そして藤井・川瀬講師から食レポのコツを伝授exclamation
●「言葉の引き出しを増やすこと、それから表情のコントロールも大事。一口目の顔は何といっても大切!」
●「ただ美味しかったと言うのではなく、どんな風に美味しかったのか一言添えて」

さらに藤井講師は、
「ご家族でも夕食の際に実践してみて!旦那さんは、奥さんお母さんの笑顔を引き出して家庭円満!」
と話し、会場の笑いを誘いましたわーい (嬉しい顔)

shizuoka7

  ◆ スポーツ実況の舞台裏

サッカーをはじめ、スポーツが盛んな静岡県。
夏の高校野球の県大会では、試合中の実況はもちろん、アナウンサーは開会式にも力を入れて臨んでいます野球

開会式といえば入場行進では各校の紹介のコメントを読みあげ、盛り上げていますグッド (上向き矢印)

このコメント、実はアナウンサーが自分で取材し、作っていますexclamation
去年は静岡県内、全112校に電話取材をしたそうダッシュ (走り出すさま)

・チームの特徴は?
・合言葉は?
・どんな練習に力を入れてきましたか?
・注目の選手は?
などなど。
話が盛り上がり気がつくと1時間も話してしまっている…なんて事もウッシッシ (顔)

そして取材した内容はわずか9秒にまとめます。
橋本アナいわくこれは「非常に難しい作業」だそう…。

ここでdouble exclamation

橋下アナと白田アナが学校紹介の「生読み」を披露わーい (嬉しい顔)
うぐいす嬢は川瀬講師が担当しました!

shizuoka12

本番さながらの2人のアナウンスに、お客さんは興味津々目がハート (顔)

今年は、今まさに開会式に向けて、取材をはじめた所だそうダッシュ (走り出すさま)

静岡県大会は7月8日スタートexclamation入場行進のアナウンスにもご注目くださいexclamationまた野球実況2年目・白田アナの熱い実況にもご声援をウィンク
(開会式の模様はWEBでも見られます!)

shizuoka9

  ◆ 地元局ならではの話

shizuoka4

地方局アナウンサーあるあるのひとつが
「アナウンサーでありアナウンサーでない」

これは、「とにかく何でもやる」という事です。
アナウンサーの仕事の他に、ディレクターときに編集、取材…一人で何役も担当しますexclamation

橋本アナも、県内ニュースを担当していた時は、自分でデジタルカメラを持って取材をし、原稿を書いて、伝えるという事をしていたそうダッシュ (走り出すさま)

また『とびっきり静岡』の村田アナは、放送中に使うパネルを自分で作っているという裏話も目
パネルに使うテロップ発注やVTR編集、のり付けも自分で行い放送に使用しているそうですdouble exclamation言葉だけでなく、パネルにもタマシイを込めているんですねひらめき

shizuoka11

白田アナは担当している『スポーツパラダイス』でカンペがないことに最初驚いたそうあせあせ (飛び散る汗)自由なトークでアットホームな雰囲気を出しているのも、ローカル局ならではですexclamation

shizuoka5

 

  ◆ 質問タイム!

盛りだくさんの講座の最後は、会場の皆さんから日頃気になっていることを教えてもらいましたウィンク

Q「アナウンサーは原稿を読むとき、カメラを見て前を向いて話せているのはなぜ?」
A)川瀬「カンペを読んでいたり、プロンプターカメラと呼ばれるものによって映されている原稿を見ているからです。もちろん、キチンと覚えてカメラに向かうこともあります」
A) 橋本「静岡朝日テレビではプロンプターカメラがないので、内容を自分で把握して、可能な所は暗記しています。ずっと下を向いていないよう意識しています」

Q「似ている名前のスポーツ選手、覚える秘訣はありますか?」
A)白田「同じ苗字などでは、足が速い、背が高いなど身体特徴で覚えています。その他、フォームなど動きの違いにも注目しています」

shizuoka10

  ◆ 最後に…

カラオケ橋本アナ
「東京から来て11年、静岡を愛しています。少しでも良い情報を皆さんに伝えようとスタッフ一同日々頑張っています!『とびっきり静岡』をはじめ、たくさんの私たちの番組をこれからも見てください!」

カラオケ白田アナ
「今日は視聴者の皆さんのお顔を見てお話ができる貴重な機会で楽しかったです。
夏の高校野球実況に向けて、日々もっと頑張っていきます!!応援よろしくお願いします!」

カラオケ藤井講師
「テレビ朝日、静岡朝日テレビのスタッフは皆“見てくれている方、お一人お一人の何かお役に立つような情報を”という思いを胸に放送に携わっています。
これからも温かく、そして厳しく番組を見ていただけたらと思います」

カラオケ川瀬講師
「これまでの人生、視聴者の皆さんと共に時代を過ごす事ができたことを嬉しく思います。
これからのテレビはもっと丁寧に皆さんに向かい合い、考え悩んで伝えていかなくてはと強く感じています。
今日は皆さんと近い距離でお話ができ、嬉しい気持ちでいっぱいです。ご来場、ご清聴、ありがとうございました」

shizuoka13

オトナ出前講座では、視聴者の皆さんと直接お会いしお話できる機会を毎回楽しみにしておりますぴかぴか (新しい)
これからも少しでも皆さんに、テレビの楽しさを伝えられるような機会をつくっていきますexclamation

次回のオトナ出前講座は、
6月24日(土)栃木県さくら市で開催予定です!(詳しくはコチラをクリック)
たくさんのご参加をお待ちしていますexclamation

  • mixiチェック

コメント

食も良いしスポーツも素晴らしい!次は音楽とかいかがでしょうか??

コメントはこちらからどうぞ

ニックネーム
コメント

※必ず注意事項をお読みの上、送信して下さい。

フォトギャラリー

フォトギャラリーを詳しく見る≫