2017年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別アーカイブ

  • mixiチェック

「富士山が見えると・・・・・」

投稿日:2017年03月25日 01:20

次回放送は「物件拝見トレジャーバトル」の後編です。
前編をご覧になってお分かりだと思いますが・・・・・
ロケの日は、とても天気が良かったのです。
風は強かったんですけどね。
だから・・・・・
ロケ先の八王子の住宅展示場から、富士山がきれいに見えました。
①八王子からの富士山
ガラケーのカメラでは、こんな感じにしか写りませんが、本当は、もっと素敵でした。
「おーっ、富士山が見える!!」って、みんなで盛り上がりました。

富士山が思わず見えると、テンションが上がりませんか?
熊の助は、かなり上がります。
「今日も頑張ろう!」っていう気持ちになります。
「今日は縁起がいいかもしれない!!」っていうところまで行っちゃいます。

そもそも、東京から富士山が見える日って、天気がいい日に限られます。
だから、もともと気分は良いはずなんです。
その上に、富士山を見つけると、さらに得した気持ちになるんだと思います。
特に、冬がいいです。
頂きに雪があると違います。
まさに、文句なしの、イメージ通りの富士山。
それを目の当たりにできると、本当、嬉しくなります。

実は、そんなウキウキ状態で、「物件拝見」のロケをしていました。

都心は高いビルがたくさんあり、富士山方向に抜けていないことがほとんどです。
東京タワーやスカイツリーに登れば別なんでしょうが・・・・・
高いビルからでも、富士山を見ることは至難の業です。
富士見坂とか、富士見通りとか、地名にはなっていますが、富士山が見えたのは昔のこと。
今は、ビルが建ってしまって見えませんっていうコトが多いです。

ところが、東京港区六本木にあるテレビ朝日の本社からは、富士山が見えるんです。
奇跡的と言ってもいいかもしれません。
本社7階の、ある位置からだけ、富士山方向にすっぽり抜けているんです。
ビルとビルの間です。

週末の朝ニュースを終えて、7階にある食堂に向かう時、必ず確認します。
見えると・・・・・
「いい週末になるぞ!」って思うんです。
ちなみに、3月に入って週末に狙ったのですが、霞んでいました。
春ですねぇ。
②富士山(3月撮影)
数年前の寒い冬の朝、空気が澄んでいてきれいに見えました。
その1枚も貼っておきます。
③富士山(数年前撮影)
(写真では、あまり違いがわかりませんね。すみません!)

  • mixiチェック

「チョコレート2017」

投稿日:2017年03月18日 01:20

3月も中旬を過ぎました。
この1カ月・・・・・
かなりチョコレートを食べました。
たぶん、1年分食べたんじゃないかと思うくらいです。
今年のバレンタイン・デーに限って、なぜか、たくさんもらえたのです。
ありがたいことです。

今年の2月14日は火曜日でしたが、熊の助は休日でした。
まず、いつもどおり整体に行きました。
そこで、帰り際「今日はバレンタインなので」と女性の先生から頂きました。
その後、玉を打つ娯楽施設で、ボーっとパチ玉を弾いていました。
すると、急に声を掛けられ「今日はバレンタインなので」と女性店員の方から頂きました。
さらに夕方、会社を定年された方と会う約束がありました。
久しぶりに連絡を取ったOGの方からも「今日はバレンタインなので」と頂きました。

毎年、この日記に書いていますが・・・・・
例年ですと、ニュースを読んだ後に、報道のADさん達から頂くくらいなのです。
それが、今年に限って、こんなことになるとは。
世間では、2月14日に出歩くだけで、街でチョコをかなり貰えるコトが分かりました。
まあ、たまたまですね。

その数日後・・・・・
報道フロアで声を掛けられました。
「遅くなりましたが、バレンタインのチョコで~す」とADの女の子達からも頂けました。
チョコレート2017
今年も、“熊”にこだわってくれました。
わざわざ探してくれているのかなって思うと、本当にありがたいです。
箱からして、かわいらしいですよね。
もちろん、中にも、熊の形のがあります。
食べるのが、本当にもったいないくらいです。
でも、食べちゃいました。

今週がホワイトデーでしたので、こんな話を書きました。
報道ADさん達には、ちゃんとお返ししましたよ。
毎年同じで申し訳ないのですが、みんなで食べられる、焼き菓子の詰め合わせです。
質より量って感じで、芸が無くて、勘弁して下さい。

さあ、こんな行事が終わると・・・・・
年度の終わりも、もうすぐです。
新年度からも、熊の助の仕事に、大きな変化はなさそうです。良かったです。
もちろん、「ぷっ」すまは続きます。
でも、気持ちは新たに臨んでいきます。

そうそう・・・・・
次回放送は「物件拝見トレジャーバトル」です。お楽しみに。

  • mixiチェック

「1スタ!」

投稿日:2017年03月11日 01:20

テレビ朝日にはスタジオがいくつかあります。
その中で一番大きいのは、本社にある第1スタジオ、1スタです。
ミュージックステーションなどをやっているスタジオです。

スタジオって、ほとんど毎日、セットを組んでは解体しての繰り返しなんですよ。
昨日はバラエティー、今日はドラマ、明日はまたバラエティー。
スタジオ使う番組が日々違いますので、それに合わせてセットを変えなくてはいけないのです。
ただ、毎日放送する報道番組などは、決まったスタジオに、決まったセットがずっとあったりします。
ドラマでも、同じ場面が何度も必要な場合は、数日、数週間、セットがそのままの時があります。
バラエティーは、大体その日で終わりですから、本番前までに作って、終わったらセットを解体します。。

「ぷっ」すまは、スタジオを使う企画は半分ぐらいかな。
それでも、収録の日に、いくつかの番組が「大きなスタジオを使いたい!」となると・・・・・
調整が必要になります。
「ぷっ」すまは、外ロケもできますし・・・・・
結局、ドラマとか、特番とかが、本社の大きなスタジオを使います。
仕方ありません。
尊敬する「タモリ倶楽部」ではありませんが・・・・・
「ぷっ」すまも、ある意味“流浪の番組”に近いのかも?

ただ、ここ最近、「ぷっ」すまのロケの日と重なる番組が少ないようで、時々、1スタが使えるんです。
ついこの間放送した「アイドルダンス部」も1スタで収録しました。
そして、前回の「アイツどーした?芸人」と次回放送の企画の2本撮りも、1スタだったんです。
1スタ
なんか嬉しくて、準備中のスタジオの写真を撮っちゃいました。
手前のセットが、前回の「アイツどーした?芸人」のセットです。
そして、奥に見えるのが、次回放送のセットです。
これだけ余裕をもって、2つの企画のセットを作れるんです。
気持ちも、なんか、悠々としてきます。

さて、奥のセットですが・・・・・
見覚えがありませんか?2年ぶりにお目見えしたセットです。
そう、次回の企画は「女のウソ見破りバトル」なんです。
この企画には、どうしても広さが必要なんです。
距離をとれないと、面白くならないんです。
近くで見えてしまったら、ウソがすぐばれちゃいます。
女性のバストに関する問題は、まずは、遠くから。そして、徐々に近づいて・・・・・
これが醍醐味です。
ほんと、1スタで良かったです!

  • mixiチェック

「大喜利っぽいコトをしてみました。」

投稿日:2017年03月04日 01:20

「日曜の夕方は、必ず“あの番組”を見てます!」
って言う人は、視聴率からも多いのが分かります。
去年、長年勤めた司会者が交代して、世間的にも大いに話題になりました。
「タンタタ、ツタタタ、、、タッター(パプッ)」
みたいなテーマ曲は、たぶん国民の9割以上が知っていますよね。
熊の助も、家にいる時は、見ることが多いような気がします。
まあ、他局の話なので、あまりおおっぴらには書けませんが・・・・・
その番組の名物コーナーが「大喜利」です。

他のバラエティー番組でも、似たような趣向の企画はよくあります。
お題に対して、どういう答えをするのか?
面白い答えを考えて、発表して、笑いにしていきます。
想像力だったり、言葉遊びだったり、ひねりを効かせたり、前の答えに被せたり・・・・・
やったことはありませんけど、難しいと思います。
非常に知的で、卓越した技がないとできないと思います。
芸人の方でも、苦労している姿をよく見ます。
だから・・・・・
「ぷっ」すまでは、正面から「大喜利」的な企画をやったことはないと思います。

次回放送は新企画「そう言えば、アイツどーした?芸人」です。
「最近テレビではあんまり見ないけど、あの芸人は今どんなことをやっているのか?」
を、いろいろ聞いていこうというモノです。
あの頃のネタを見せてもらったり、最近の活動を紹介してもらったり。
その間に、なんと「大喜利」的なコーナーがあるんです。
ナギスケとゲストが、問題に対して、面白回答を何度でも試みました。
新鮮でした。
熊の助的には、非常に面白かったです。
っていうか、さすがでした。

そもそも「大喜利」ってなに?
インターネットによると・・・・・
『「喜利」というのは、「客も“喜”び、演者も“利”を得る」というモノの当て字。
元々は、歌舞伎の最終幕最後の場面を「大切」といい、それにちなんで違う字にした。
寄席で、最後を飾るトリがいない場合、複数の出演者がアンコール的に余興としてやっていたもの。
それが、放送メディアで独自に発展した。』
という解説がありました。
考えられた、素敵な当て字ですねぇ。

さて、「ぷっ」すまの“大喜利”で心配なのが・・・・・
放送がされるかどうかです。
私は面白かったですが・・・・・
時間の関係もありますから、ディレクターがどう判断するかです。
たぶん、視聴者の皆さんは“喜んで”くださると思うのですが・・・・・

  • mixiチェック

フォトギャラリー

フォトギャラリーを詳しく見る≫