2016年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別アーカイブ

  • mixiチェック

「撮って出し」

投稿日:2016年07月30日 01:20

次回の放送は“撮って出し”です。
業界用語ですみません。
ロケや収録をして、ある程度すぐに、次の放送に出す時に“撮って出し”って言います。
極端な話、バラエティーでも撮って数日後っていう話を聞いたことはありますが・・・・・
現実的には、編集して、文字やナレーションを入れる作業なども考えて、1週間でも短いくらいです。

この日記が公開される数日前にロケをしました。その模様を、来週、放送します。
なぜ“撮って出し”になったのか?・・・・・
それは、テレビ朝日の夏祭りを紹介したいからです。
7月16日に始まった、正式名称「テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION」。
『ぷっ』すまロケ日程は事前に決まってますので、祭りに合わせる為には、その日しかなかったのです。
だから、ギリギリの切羽詰まった感じになってしまいました。
そして、今、ディレクターやスタッフが、必死になって、鋭意、制作中でございます。

毎年、『ぷっ』すまでは夏祭りを紹介しています。
ゲストは、夏祭りと言えばの、3年連続の青山テルマさんと、仲良しの木下優樹菜さんです。
今年は、祭り会場を舞台に、「トレジャーバトル」を展開しました。
様々なアトラクションで、ミッションをクリアしてヒントをもらって、お宝を見つけます。
いろんな驚きもあります。
特に、最後の最後・・・・・お見逃しなく。

さて、このロケは、実に1カ月ぶりのロケだったのです。
スタッフは、今、大変な思いをして編集していると思いますが・・・・・
熊の助は、嬉しくて、楽しくて。
毎年7月は、ゴルフ中継などで番組休止が多くて、ロケに余裕ができます。
さらに、今年は、ギターマンのライブをレギュラー以外の日にロケしたので、かなり余裕になりました。
それで、2週に1回のロケを1回お休みにしました。
ということで、4週間ぶり、およそ1カ月ぶりのロケなのです。
ずーっと、恋しくて、待ち遠しくて・・・・・
結果、嬉しくて、楽しくて、になったのです。

ここまで書いてきて・・・・・
あれっ??
以前にも、“『ぷっ』すまのロケが無いと寂しい”って話を書いた気が???
自分の日記のバックナンバーを読み返してみると・・・・・
何度か、似たようなテーマで、書いてますね。
しかも、話の作り方に進歩が見られません。
ダメですねぇ。
ただ・・・・・
今回の日記は“撮って出し”ならぬ、“書いて出し”なので・・・・・
ご勘弁を。

  • mixiチェック

「意味の無い計算」

投稿日:2016年07月23日 01:40

今年の7月は、金曜日から始まっているので、5回も金曜日があります。
でも、そのうちの2回、「ぷっ」すまの放送がありません。
そうです・・・・・
次回放送は、またまた、休止です。
本当にすみません。
5分の2が休みなんて、残念で仕方がありません。
放送できるのは、たった5分の3ということです。

そんなことを思っていたら・・・・・
「8分の5チップスってあったよなぁ」
ふと、思い出しました。
昔、ちょっと小さめのポテトチップスが売っていたんです。
一口サイズで食べやすかった覚えがあります。

インターネットで調べてみると、出てきました。
正確には「S&B5/8チップ」。
従来のポテトチップスの大きさの8分の5のサイズにして、1979年に発売されました。
女性社員の発想で生まれたそうで、一口で食べることができるので、当時人気商品だったようです。
熊の助も好きでした。
でも、今はありません。
理由は・・・・・
S&Bがスナック菓子事業から撤退したためだそうです。2003年に無くなりました。
そうだったんですねぇ。残念です。

では計算してみましょう!?
7月の「ぷっ」すまは、3/5=0.6です。
昔のチップスは、5/8=0.625です。
「ぷっ」すまは、ポテトチップスに負けてしまいました。
0.025という、わずかの差です。
分数でいうと・・・・・えーっと、分母を通分して・・・・・1/40ですね。
こんな計算、小学生に戻ったみたいです。
ちょっと楽しい。

「ぷっ」すまの放送が無いと、この日記も、こんな意味の無い話になってしまいました。
でも・・・・・
こうやって、連想したり、想像したり、妄想したり。
次から次に、意味の無いことを考えるのは、嫌いではありません。
ちょっと変人なのかも?
こんな気質が、仕事や何かに繋がればいいんですが・・・・・

  • mixiチェック

「ハンデ」

投稿日:2016年07月16日 01:20

力のある人と、ない人が戦えば・・・・・
そりゃ、力がある人が勝つに決まっています。
でも、それでは、勝負は面白くありません。
そこで、“ハンデ(ハンディキャップ)”というものが登場してきます。
この“ハンデ”によって、手に汗握る接戦になる・・・・・かも?

ゴルフなどでは、このハンデ制度があるおかげで、楽しくプレーできるみたいです。
熊の助は、一時期ゴルフをかじりましたが・・・・・
センスが全く無いみたいで、全然上手くならなくて、今はもう辞めています。
クラブなどゴルフセットは、物置の片隅で埃をかぶっています。
仲間内の大会などでは、ハンデを大体で決めることもあるようですが・・・・・
本来、きっちりとルールが決まっています。
直近のスコアだけでなく、プレーしたコースの難易度まで加味して、しっかり計算します。
それによって、上手下手関係なく、横一線で戦うことができるシステムが構築されています。

この、きっちりとしたルールが大切なんです。
普段どのくらいのスコアなのかを、毎回記録しておかないと計算できません。
ゴルフだと、直近の10ラウンドか20ラウンドのようです。
さらに、あまりにも普段と違う特殊な要素は取り除いて考えたりもするようです。
それぐらいしないと、公平な“ハンデ”は付けられないのです。

しかし、「ぷっ」すまのロケには、そんな時間はありません。
しかも、ゴルフではありませんし。
レースです。
「誰に何周プラスすれば、遅い人も勝負できるのか?」
短い時間で判断しないといけませんでした。
―半周なのか?
―1周なのか?
―数メートルなのか?
ただ、ハンデを付けることによって、テレビ的には分かりにくくもなります。
今誰が先頭なの?抜いたけど周回遅れの人?・・・・・
画面の中で、一目瞭然になりにくいかも。
ディレクターは悩みました。

その上、予想外のコトも考えないといけなくなりました。
全員が同じモノでレースをできなくなったのです。
全員が2種目やるつもりだったのですが、ある人が1種目しかできないという話になりました。
ということは・・・・・計算や条件がさらに複雑になったのです。

本当に時間がありません。
何とかかんとか、大体で“ハンデ”は付けましたが・・・・・
レースは、ナギスケとゲストの剛力彩芽さん、陣内智則さんの4人の勝負です。
ミニバイクとローラースケートの2種目で争いますが、あの人だけ1種目です。
果たして、ハンデのおかげでうまく大接戦になったのか?
是非、お確かめ下さい。

  • mixiチェック

「裏話」

投稿日:2016年07月09日 01:20

ギターマン・アルペジオへの道・完結編はいかがでしたか?
まだ、見ることができない地域の方もいますので、詳しい内容は書かない方がいいですね。
でも、ご覧になった皆さんの反応が、すごく楽しみです。
BBSとかに、よろしければ、書きこんでくださいませ。

実は、次週の放送が、またまたお休みなのです。
ゴルフ中継があります。

そこで、今回のギターマンの裏話を少しだけ。
放送でもちょっと出てきたと思いますが・・・・・
熊の助は、またまた、フルートを吹いて練習をお手伝いしました。
もしかして邪魔している?感じがしないでもないですよね。
まあ、ギターマンでは“お決まり”になっているので、やらせてもらいました。

2か月ぐらい前かなぁ?
総合演出のIさんから、「“夜空ノムコウ”を練習しておいて下さいね!」と話がありました。
2年前の前回は、吹くのが大学以来だったもので“上手くいかなかった”という思いが強く残りました。
だから、今度こそ“少しは良い出来にしないと!”とちょっと意気込みました。

CDを聞いたり、インターネットを使ったり。
自分で楽譜を作るところから始めました。
楽譜①
ブラスバンドなので?まず楽譜がないと、ダメなんです。
楽譜や音符がないと、不安なのです。
頭で覚えていかないと、上手くいきません。
感覚や体で音を覚えることが、非常に苦手なんです。
音楽は好きなんですが、音楽的な才能には全く恵まれなかったようです。

とにかく、今回は、かなり頑張りました。
ところが・・・・・
「フルコーラスはやりません!」「間奏もCDとは違いますよ!」
本番用の、アレンジを加えた音源をもらったのは、2日前。
メロディー部分はもちろん一緒ですが、イントロの小節数や、間奏の有る無しなど、全然違います。
覚えなおさなくてはいけなくなりました。
でも、感覚や体では覚えられないので・・・・・
楽譜②
もう一度、楽譜を作り直しました。
時間がなかったので、間奏部分の音符は超適当になってます。(丸で囲んだ部分など)
それでも、“楽譜のある安心感”が必要なのです。
それで・・・・・
あんな感じでした。残念!!!

PS
8月に、今回の「ギターマン」の完全版を放送する予定だそうです。
ライブの模様など、もっとたっぷり放送するみたいです。
楽しみにお待ち下さいませ。

  • mixiチェック

「完結編です!」

投稿日:2016年07月02日 01:20

6月19日日曜日。「ぷっ」すまスタッフが大勢で、ライブ会場にお邪魔しました。
ライブの控室
スタッフにも控室を用意して頂きました。
ありがたいです。

さあ、ギターマン・アルペジオへの道が、いよいよ完結します。
―草彅さんのギターの腕前は、どこまで上達したのか?
―アルペジオをどこまでマスターできたのか?
―人前でお聞かせできるくらいまで到達できたのか?
ちょっと、準備期間は短かったような気もしますが・・・・・
そこは、草彅さんです。やってくれるはずです。
練習で指先の色が変わっていましたから。

用意された舞台は、ZEPP・TOKYO。
2年前にもお世話になった、トライセラトップスさんのライブに、またまた参加させて頂きました。
トライセラトップスの和田唱さん、そして、吉田さん、林さんには本当にお世話になりました。
さらに、ライブに関係されている全ての方々に、多大なご迷惑をお掛けしました。
さらに、さらに・・・・・
一番は、トライセラトップスのファンの皆さんです。温かく迎えて頂けて感動です。
改めて、皆さん、本当にありがとうございました。

ユースケさんも参加できました。
2年前は、曜日と他の仕事の関係で、残念ながら来られませんでした。
だから、草彅さん的にも、「ぷっ」すま的にも、不安な部分がありました。
やっぱり、ユースケさんがいてくれないと、柱が一本足りないのです。
今回は、非常に心強かったです。
しかも、鈴担当のパーカッション?としてライブに参加するという任務もあります。

さて、草彅さんはというと・・・・・
―ライブ会場入りする前に、食べ過ぎ?
―ひとりで練習するのは、難しい?
―鈴の音が、大き過ぎる?
―握力が無くなってきた!
―腕が痛い!
さまざまな困難、そして不平不満?が立ちはだかります。
果たして、“そんなこんな”をはねのけて、草彅さんはどんな演奏をするんでしょうか?

あっっ!忘れてました・・・・・
さらに重圧がのしかかることが。
この日は、トライセラトップスさんのライブツアー2016の“ファイナル”だったのです。
締めくくりの舞台で失敗は許されません。
草彅さんの“刻一刻”を、お見逃しのないように!

  • mixiチェック

フォトギャラリー

  • ①職人3ショット
  • 夜桜
  • 2016チョコレート①
  • アヒージョ4種
フォトギャラリーを詳しく見る≫