2015年10月
« 9月   11月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別アーカイブ

  • mixiチェック

「海に出た!」

投稿日:2015年10月31日 01:20

サバに関する勉強も、ケバ部との絡みも、終わりました。
スケジュールよりも早めに・・・・・
いよいよ、サバを釣りに出航です。
なぜ早めなのか?
台風が近づいているので、できるだけ早く出た方が、その分、影響が少ないと思われるからです。

前半を見た方はお分かりだとは思いますが・・・・・
朝から風がかなり強めに吹いています。
東京を出るときには感じなかった強風です。
せっかく整えた髪が、一瞬でダメになるような強風です。
そんな風の影響で、波もかなり高くなっています。
防波堤に囲まれた港でも、繋いである船が揺れています。
遠くには、白波が立っているのも見えます。
「大丈夫だろうか?」
酔い止めの薬は、忘れずに飲みました。
船長が船を出してもいいと決めたからには、心配ないはず。
さあ、覚悟を決めて、船に乗り込みます。

港を出たあたりから・・・・・
大きな波が襲ってきました。
思った以上に大きな波です。
船は、大きく上下します。
ジェットコースターで降りるときに感じる、内臓がフワッと浮く感覚に襲われます。
さらに、左右にも大きく傾きます。
何かに捕まらずにいると、立っていられません。
たまらず座っても、グワーンを体を持っていかれます。
しかも、そんな揺れが、不規則にやって来るんですから、備えて構えることもままなりません。
そういった意味では、今までで一番しんどい釣りになりました。

時に、とにかく足を踏ん張って頑張る。
時に、座り込んで船のへりにしがみつく。
波に合わせて、いろんな格好になりながら・・・・・
何とか、彅スケやゲストの亮さん、ののかさんが釣る様子をお伝えしなければいけません。
そして、サバを釣れるように、応援しなければなりません。

果たして、サバ部はサバを釣ることができたのか?
そして、全員、笑顔で無事に帰れたのか?
波乱の後編を、お見逃しなく。
ちなみに・・・・・
熊の助は、翌日、釣りもしていないのに、足と腕が筋肉痛でした。
思った以上に、踏ん張って、掴んでいたようです。

  • mixiチェック

「海に出られる日」

投稿日:2015年10月24日 01:20

さあ、仕切り直しのサバ部です。
やっと海に出られそうです。
またまた、かなり前から天気予報とにらめっこの日々になりました。
今回は、「秋晴れの日が続きます!」という予報で、かなり安心して過ごしていました。
1週間前でも、晴れマークは変わりません。
何の問題も無さそうです。

ところが4日前の夕方、台風23号が発生したというニュースが・・・・・
ただ、発生したのは日本のはるか南東の海上。
しかも、列島への直撃は免れそうで、最接近するのは1週間後の予想です。
たぶん、影響無さそうです。

ところが、ところが、よくよく聞いてみると・・・・・
この台風は、発生した時から、とてつもなく大きな強風域を持っているとのこと。
普通、始めは比較的小さな渦巻きで、そこから暖かい海上を通って大きくなっていくのに。
23号は、今年の台風の中でも、発生時で、最も大きくなっているという話まで出てきました。
「もしかしたら、早めに影響が出てくるのかも知れない」
ちょっとだけ、心配になってきました。

その後も、天気予報は、ずーっと晴れマークが続いています。
台風がまだ遠くにあることもあって、あまり詳しく台風の影響については言及されません。
「たぶん大丈夫だろう!」と、希望的観測を持ちながら数日を過ごしました。

さあ、前日です。
朝の天気予報を見ていると・・・・・
“関東でも、これから風が強くなり、海では波に注意が必要です”というような話をしています。
さらに・・・・・
“明日になると、もっと波が高くなる”と言っています。
「えーっ!大丈夫なの?」
海に出られなくなってしまいそうです。
「前回と同じように、急に、別の企画を考えなくてはダメになってしまうのかも?」

出航の当日。
東京の空は晴れています。しかし、少し強い風が吹いています。
海の方はどうなのか?
現地のスタッフから連絡が入りました。
「何とか、海に出られそうです!」
こうして、無事に、サバ部は海に出ることになります。
その釣りの様子は・・・・・
次回の日記で詳しく。
いろいろな困難が待ち受けています。

  • mixiチェック

「今回は食べられました」

投稿日:2015年10月17日 01:20

1か月前に放送した、杉本彩さんのお店。
料理が、どれも美味しくて、な~んにも残りませんでした。
だから、いつもはカメラが止まった時にやってしまう、つまみ食いができませんでした。
それが、「非常に残念で、心残りだった!」とこの日記で書きました。

そんな思いがスタッフに伝わったのか・・・・・
今回、「食べていいですよ!」って感じになったのです。
びっくりです。
しかも、カメラが止まった時にではなく、カメラが回っている最中です。

しかし・・・・・
それはそれで、大変なんです。
裏でつまみ食いしている分には、美味しいモノを「美味しい!」と心の中で思っていればいいのです。
表で正式に食べるってことは、しっかりコメントしなくてはいけないのです。
「美味しい!」だけではない、具体的な表現が必要とされてくるのです。
これが、熊の助は、苦手だったりするわけです。
アナウンサーなのにって言われそうですが、考えすぎちゃうんだよなぁ~。
―食感はフワフワ?モチモチ?
―食材と食材のバランスは?
―甘い辛いだけじゃない、この豊かな味をどう表す?
もちろん、事前に用意しているコメントではダメです。
食べた瞬間に浮かんでくる言葉・・・・・
素敵な表現が浮かんでこないんですよねぇ。
食べられるのはとっても嬉しいのですが、なんか困ってしまいます。

杉本彩さんのお店に行ったのとは、企画が違うので、こんな感じになったのかもしれません。
次週放送は、ゲストが彅スケを“おもてなし”して下さるという企画です。
ゲストは小澤征悦さんと佐野ひなこさん。
ユースケさんと、10月公開の映画で共演されています。
ゲストの1人が、彅スケのどちらかに、2品プレゼンして、どちらを選ぶかを、残った2人が当てます。
佐野さんのおもてなしは、美味しい美味しいイタリアン。
もちろん、プレゼンターの佐野さんは料理2品をそれぞれ食べてアピールします。
そんな中、急に、熊の助も食べていいコトになるんです。
慌てました。
コメントもイマイチだったと、大いに反省しています。
(カットになっているかも)

そして、小澤さんの“おもてなし”は、料理ではないのです。
まさか、まさか・・・・・
草彅さんと共通の趣味をお持ちだったとは。
いや、草彅さんをこの道に導いた方だったとは。
ロケのスタートから、色んなことがあります。
お見逃しになりませんように。

  • mixiチェック

「弾きたくなったけど・・・・・」

投稿日:2015年10月10日 01:20

次回放送は、新企画です。
同じ“イチゲイ”を持つ芸人さん達に集まってもらいました。
その中で誰が一番「ぷっ」すまにハマるのかを見極めようという企画です。
1回目の“イチゲイ”のカテゴリーは“ギター”です。
ギターを持って芸をする芸人さん達に声をかけて、スタジオに来てもらいました。

ギターを持って人前に出るわけですから、みんな、かなりの腕前のはず。
と思いきや・・・・・
―必要に迫られて、数年前にギターを始めた人
―全く弾けない人
―長いコトやってるという割には、の人
いろいろなんです。
話を聞いていると・・・・・
それぞれの芸に対する思い、ギターに対する気持ちが分かります。
同じ“ギター”でくくってみて、また違った面白さがありました。

なんにしても、「人前で楽器を聞かせるのは大変だ」ってことです。
家で弾いているのとは違うんです。
練習ではある程度弾けるっていうのとは違うんです。
人に聞いてもらうということは、最初から最後まで、違和感なく弾けないといけません。
たとえミスをしても、上手くリカバリーできないといけません。
「あれ!今の音、変だった!」になると、意識がそちらに行ってしまい、芸からは離れてしまいます。

1年半前、熊の助は久しぶりにフルートを手にしました。
何十年も吹いていない状態から、何とか音の出るところまでは行きましたが、結局、違和感だらけ。
これではダメなのです。

草彅さんを見て下さい。
どんどんギターの腕前が上がっています。
常に手の届くところに楽器を置いて、時間があれば練習しています。
今も、ロケ前の控室からは、ギターの音が聞こえてきます。
分からないことは、すぐ人に聞いて、自分のモノにしようと貪欲です。
今回のロケでも、ギターの上手なゲストのchayさんに、いろいろ質問していました。さすがです。

草彅さんに感化されて、「ぷっ」すまのスタッフの何人かがギターを買いました。
最近も、また、一人、ギターを手にしたという話です。
せっかく買って、すぐに腕の骨を折って挫折しかけたK君は、練習を再開したそうです。
そんな話を聞くと・・・・・
熊の助も、「フルートではなく、以前弾いていたギターを、また、やってみようかな。」
ただ、「生半可ではダメです。人前で聞かせられるくらいまで頑張って練習しないと。」
さあ、どうしよう?
思い立った今やらないと、気持ちが萎んでしまいそうです。
まず、弦が錆びているので、新しい弦を買って張り替えること。
この交換を今週中にできたら、行ける気がします。

  • mixiチェック

「海に出られなかった日」

投稿日:2015年10月03日 01:20

「今年の夏、海に行けず終わってしまうのはちょっと寂しい!」
そう思っていたら・・・・・
サバ部本格始動というニュースがスタッフから入ってきました。
サバを美味しく食べた時に、何となく、サバ部が動き出しそうな気配はありました。
もしかしたら、そう遠くない時期にサバを釣りに行けるのかも。
でも、すぐにはないな。
そんな予想を裏切った、素早い展開でした。

心配なのは天気です。
海に出ると決まると、常に、気に掛けていました。
ただ、何週間も前からは、天気予報は出ません。
台風とかが出来なければいいなぁって願うくらいです。

それなのに・・・・・
南の海で、台風ができちゃいました。
しかも、2つも。
ともに、まだ、かなり遠い所にいるので、日本への影響は分かりません。
どうかそれてくれますように。

それなのに・・・・・
1つは小笠原方面に、1つは沖縄方面に向かってきています。
しかも、速度が遅いのです。
ということは、長い間影響が出るということです。
もし、台風が来たとしても、大きな被害が出ずに、抜けてしまってくれればありがたいです。

1週間前、やっと週間予報が出てきました。
予報は曇りです。
しかし、台風は、どんぴしゃりな感じなのです。
小笠原に来る台風は、列島には直撃せず東にそれていくルートですが、海のうねりは相当だという話。
沖縄方面の台風は、九州には近づきますが、関東は大丈夫そうです。
それでも、海には多少影響が出るのが台風です。
雨は何とか大丈夫そうなのに、海の状態は最悪になりそうなのです。
漁に出るのは、難しくなってきました。
それでも、台風が速度を上げてくれないかなぁと一縷の望み。

結局・・・・・・
2日半前に、最終決定が下されました。
「サバ部、出航中止!!」
残念です。
夏の間に海に行く希望も潰えました。

さあ、そこから、スタッフが大変だったようです。
代わりの企画を急きょ詰めることになったのですが・・・・・
果たして、詰め切れたのか?
次回、是非、その目でお確かめください。

  • mixiチェック

フォトギャラリー

フォトギャラリーを詳しく見る≫