2015年7月
« 6月   8月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別アーカイブ

  • mixiチェック

「猫2015」

投稿日:2015年07月25日 01:20

申し訳ありません。
実は、来週、再来週と2週続けて、またまた休止なのです。
水泳中継とゴルフ中継のためです。
せっかくの夏休みで、夜遅くても見られる人が多いかもしれないのに・・・・・残念です。

さて、今回の日記は、久しぶりに“猫ギャラリー”です。
猫好きの私が、街で見かけた猫をガラケーで撮影した写真を、皆さんに披露する企画です。
前回が2013年でしたから、2年振りになりますね。
その間、たくさんの猫には出会ったのですが・・・・・
なかなか写真を撮れていないのです。
かわいい猫を見掛けても、携帯を用意して近づいていくうちに、逃げられてしまい、成功しません。

そんな感じですが・・・・・
出来のいいのをまず1枚。
①テーブルの猫
夕方の小さな公園にある、木でできた、一体型のテーブルとイス。
そのテーブルの隅に堂々と座っていました。
携帯を持って近づいても、逃げる気配がありません。
顔の黒いブチの感じがかっこいいですよね。
散歩の途中で撮りました。

次は、朝、会社に行く時に出会いました。
家から駅に向かう途中にあるお宅の、玄関の門柱の上。
この日は、小さなトラ猫が座っていました。
②玄関前の猫
まだいたいけな感じですが、野良の強さも持っている顔つきです。
薄い茶色をした毛の色が気に入りました。
実は、この場所は、他の猫が座っていることもあるんです。
たぶん、猫にとって、居心地がいい何かがあるんでしょうね。
高さといい、広さといい、素材といい、気持ちがいいんでしょうかね。

自信を持ってお見せできるのは、この2枚だけです。
2年もあったのにね。
最後は・・・・・最近、熊の助のカバンの中に入っている猫です。
③黒猫
この間、温泉に行った時に獲った黒猫です。
温泉を出て大広間で休んでいたんですが、暇を持て余し何気なくゲームコーナーへ行っちゃいました。
欲しい景品もないのに、クレーンゲームをやったら、獲れちゃったんです。
狙ったわけでもありません。
それでも、「せっかく熊の助の元に来たんだから」と思い、携帯に付けてあげることにしました。
おじさんの携帯に付いているのも何なんですが・・・・・
縁を感じてしまったので、しばらくは、付けておきます。

  • mixiチェック

「辛味の効果」

投稿日:2015年07月18日 01:20

1週休みの次は、またまた「激辛部」です。
今回は、真っ赤な韓国料理に挑みます。
トウガラシ系の辛さのてんこ盛りで・・・・・大変なことになりました。
―急に怒りが爆発したり
―言葉遣いが乱暴になったり
―黙り込んでしまったり
―鼻水が止まらなくなったり
―顔色が白くなったり
辛味って、体にこんなにも変化をもたらすものなのかと、改めて感じました。

調べてみると・・・・・
そもそも、「辛味」っていうのは当て字だそうです。
“辛み”という言葉の“み”に、“味”という漢字を使ったようです。
ですから、辛いのは味ではないという考え方もできます。
実際、生理学的には・・・・・
味は、甘い、塩辛い、苦い、酸っぱい、美味いというのが基本の5つ。
辛味は“痛い”という感覚に近いんだそうです。
トウガラシ系でいえば、カプサイシンが神経を刺激することによって、ピリピリ、ヒーヒーするんです。
しかも、汗をかくことや体温を上げる効果も含めてが、辛味という表現になるようです。
つまり、辛味というのは・・・・・
舌ではなく、体じゅうで感じる感覚だということになるかもしれません。
だから、非常に辛いモノを食べると、いろんな症状が出てしまうのも当然なんだと考えられます。
ちょっと、理論が強引かもしれませんけど・・・・・

前回の「激辛部」では、A.B.C-Zの塚ちゃんの、尋常でない汗の量が印象的でした。
ただ、発汗というのは、トウガラシ(カプサイシン)を食べた時の、当然の「辛味」の一部なのです。
しかし、今回は、言動が乱暴になる人が出てきました。
これは、どんな作用が体の中に起こったのか?
インターネットで調べてみても出てきません。
それでも、何人かが同じような症状になったのですから、「辛味」には何かがあるようにも思います。
発熱、新陳代謝は効果の範囲内。
そこからの・・・・・興奮状態、凶暴化?

今回の部員候補は・・・・・
ユースケチームがハロプロの3人。
草彅チームは、ハーフ・クオーター美女の3人。
このうちの何人かが、ちょっと乱暴になります。
っていうか・・・・・ちょっとヤンキーっぽくなります。必見です。

  • mixiチェック

「ズレを感じる?」

投稿日:2015年07月11日 01:20

7月は金曜日が5回あります。
しかし、「ぷっ」すまの放送は3回しかありません。
つまり、2回も休止があるんです。
その1回目の休みが、来週の17日です。
ゴルフ中継の為です。
毎年、この時期は仕方がありません。
そして毎年、「遅れて放送している地域が、少しでも追いつくといいのにな」と思うのですが・・・・・なかなか、うまくはいかないようです。
やっぱり、例えば3週間も遅れての放送だと、全国一緒に盛り上がる感じにはなりませんものねぇ。
せめて、関東で放送された1週間以内だったらいいのになぁと、いつも思っています。

まあ、それぞれの地域の放送局の事情もあります。
あまり無理を言ってはいけません。
放送して頂けるだけで、ありがたいと思わないとダメですね。

そんな感謝の気持ちを忘れずに・・・・・
ロケの方は、レギュラースケジュール通り、きっちり進んでいます。
2週に一度の2本撮りを着々こなしています。
ということは・・・・・
かなり先の放送分まで撮ってることです。
もしかしたら季節がちょっとズレるかも知れません。

テレビって、特徴的な天気だと、「あの日に収録したな」って分かっちゃう時がありますよね。
台風だったり、雪だったり、大雨だったり。
さしていた傘が強風にあおられて、おちょこになったりしてたら・・・・・
―3週間前の台風直撃の日がロケだったんだ!
晴れているのに、周りにまだ雪が残っていたら・・・・・
―2週間前の東京に大雪が降ったの日の翌日にロケしたな!
そうそう、「ぷっ」すまでも、大雪の翌日にロケしたことがありました。
ハマカーンの母校を訪ねた回は、一面に真っ白い雪が残っていましたっけ。

さらに、熊の助の場合、もっと細かく勘ぐります。
急ごしらえの、セットもない室内でやったりしていると・・・・・
―もしかしたら、急に大雨が降ってきたあの日にロケしてたのかな?
どうでもいい、余計な想像をしながら、テレビを見ていることもあります。
ロケの日が分かったからって、何ということはないんですけどね。

幸いなことに・・・・・
ここ何回かの「ぷっ」すまの収録は、スタジオや屋内です。
ロケの日は特定できないはずですし、季節のズレもそれ程大きくはないと思います。
たとえ、もし、そんなズレに気が付いたとしても・・・・・
大目に見てやって下さいませ。

  • mixiチェック

「美味しいチャーハン」

投稿日:2015年07月04日 01:20

ご飯を炊く時は、だいたい2合炊きます。
1食では食べきれません。
残ったのは、翌日までは、炊飯ジャーの中に保温状態で置いておきます。
そこで、あと2食いければ、きれいになくなります。
ただ、それを過ぎてしまうと、色も変わってきますし・・・・・
ラップに包んで冷蔵庫に保存になります。
そんな冷ご飯は、最終的にはチャーハンになります。

水分の抜けた冷ご飯。
そのまま、フライパンに入れて炒めても、なかなか崩れません。
しゃもじで押さえても、小さい塊ができてしまいます。
だから、ラップに包んだまま、指で押すんです。
事前に、固まったご飯をしっかりほぐしておきます。

充分熱したフライパンに、多めの油をひき、といた卵を流し込みます。
ジャーと気持ちのいい音が響いたところに、しっかりほぐした冷ご飯。
卵と絡めながら、フライパンを振り、ネギやハムなどの具も入れて、一気に混ぜていきます。
塩コショウ、少々の酒と、最後にしょう油を垂らして出来上がり。
これで、案外、米が1粒1粒になって、パラパラ感のあるチャーハンになります。
パラパラはいいのですが・・・・・
ちょっとボソボソ感があるのも事実なのです。
水分の少ない冷ご飯を使うとこんな感じになるのは、ある意味仕方がありません。
しかも、指でほぐすときに米粒を壊しているのも分かっています。
まあ、残りモノを有効利用した、男の料理なんだから、これくらいで十分ではないでしょうか?

さて、次回放送では、とてつもなく美味しいチャーハンが出てきます。
特別なモノを入れているわけではなく、非常にシンプルです。
見た目に、パラパラしているのが分かります。
でも、熊の助が作るのとは全く違って、全体的にしっとりまとまっているんです。
「これは、食べておかねば!」
ロケの途中、カメラが止まってチャーハンが片付けられるのを狙って・・・・・
一口つまみ食いさせてもらいました。
「美味し~~い!!!」
しっとりしていながら、米の1粒1粒を感じられる。
もちろん、油っこくはありません。
「どうしたら、こんなチャーハンを作れるんだろう?」

コツの1つを教えて頂きました。
“暖かいご飯を使うこと”だそうです。
冷ご飯は、ダメ。
熊の助は、根本のところから間違っていたようです。

  • mixiチェック

フォトギャラリー

フォトギャラリーを詳しく見る≫