2015年5月
« 4月   6月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別アーカイブ

  • mixiチェック

「モノが増えてしまう話」

投稿日:2015年05月30日 01:20

年末の大掃除から半年が経とうとしています。
その時、いらないものは捨てて、かなり片付けたはずなんですが・・・・・
徐々に、部屋の中が雑然としてきました。
基本、掃除は好きではありません。
だから、出したものは元の場所に戻すように心掛けて、できるだけ汚さないようにしています。
それでも・・・・・
机の上には郵便物や書類が重なってきました。
ベッドの横には、本が積まれています。
クローゼットは、どこに何が入っているのか分からなくなっています。

5か月ちょっとの間なのに、かなりモノが増えているんですね。
ダイレクトメール的なものって、何となく取って置いちゃうんです。
バーゲンやポイントアップのお知らせとか、銀行からの通知とか、必要になるかもって思うんです。
でも、結局、10倍アップのポイントで店に行かないし、割引券も使いません。
銀行やクレジットカード会社の新しいサービスにも、絶対って言っていいほど加入しません。
さっさと捨てちゃえばいいのにね。

買ってきた本は、棚にしまうと、忘れて読みそびれそうなんです。
読むのは、ほとんど寝る前。
だから、ベッドの横に積んじゃうんですよね。
読み切ったら棚にしまえるんですが、2冊ぐらい途中になっています。1冊はまだ読み始めていません。
だって、その日の気分で、読みたいのが違うんですもん。
そして、読み始めても・・・・・
数ページで寝てしまっています。
そんな感じで、3冊もあります。

服は、クリーニング屋さんから戻ってきたら、すぐに種類別に整理をすればいいんですよね。
でも、なかなかできないんです。
大きな袋からは出しますが、抽斗に入れる時には、種類を考えずに空いているスペースに突っ込みます。
しかも、この時期なのに、まだ洗濯に出していない冬物もあったりします。
だって、5月って寒い日もありましたもんね。
日々、着ていくモノが違う感じで、抽斗をきっちり分けられないんです。
だから、ごっちゃになってるんです。

なんで、掃除の話を書いたのか・・・・・
次回の放送は、グラビアアイドルの方のお家にお邪魔する企画なんです。
そのアイドルが本当は持っていないものが部屋のどこかにあるんです、それを探します。
テレビカメラが入るし、彅スケは探るし、スタッフも来るし。
アイドルの方達は、ある程度は掃除しないといけなかったはず。
家にお邪魔するのって、なんか申し訳ないなぁと思っていたら・・・・・
自分の部屋のことを考えちゃいました。
「よーしっ、6月のどこかで、中掃除をするぞ!」

  • mixiチェック

「サンドしてみました」

投稿日:2015年05月23日 01:20

社員食堂でよくしてしまうのですが・・・・・
勝手にひと手間加えちゃうんです。
作って下さった方には申し訳ない所もありますが・・・・・
少しでも美味しく食べたいのです。
美味しくというか、いや、少しでも自分の好きな味にしたいのです。

社食のスタイルは、お盆を持って並んで、メイン料理をカウンターでお願いする形です。
その時、「ソースはかけないで下さい」って言うことがしばしばです。
特に、唐揚げやカツなど揚げ物や肉を焼いたものには、用意されたソースをかけないでもらいます。
デミグラスソースや、タルタルソース、甘酸っぱいソースなど、ほとんど遠慮させてもらいます。
その代り、棚に並べてあるサイドメニューの小皿から、大根おろしやサラダなどを取ります。
(小皿は一皿100円以内です)
そして、メインの上に、その大根おろしなどを載せ、用意されている醤油やポン酢をかけるのです。
ちょっとしたアレンジなんですが、この方が、さっぱりして、好きなんです。
たぶん、醤油味が一番好きなんですね。

朝の食堂では、ゆで卵が出ると、そのまま食べずに、フォークで細かくつぶします。
そこに、用意されている塩、コショウ、マヨネーズを加えて、具を作っちゃいます。
そんな作業の間に、2枚の薄切りのパンを、オーブントースターで焼いておきます。
付け合せのトマトやキュウリなどがあれば、適当な大きさに切っておきます。
焼けたパンにバターを塗って、置いてあるマスタードも軽く塗ります。
そのパンに、マヨネーズを絡めた卵と、野菜を挟んで出来上がり。
自分でサンドウィッチを作っちゃうんです。
もちろん、別々に食べても美味しいんでしょうが、サンドウィッチの方が楽しい感じがしませんか。
用意されている調味料を使って、できる範囲で、自分好みに変えていくのが嬉しいんだと思います。

目玉焼きの時は、細切りのキャベツサラダをマヨネーズで和えて、一緒にパンに挟んじゃいます。
サンドウィッチ
同じ卵と野菜なのに、食感も味も違います。
こちらも、結構、美味しいですよ。
サンドウィッチって、工夫の幅が広いように思います。

さて、次回放送の「日帰りアルバム旅行」後編では、みんなでサンドウィッチを考えました。
葛飾区亀有にはたくさんの商店街があります。
活気があって、いろんな食べ物を売っているんです。
そんな商店街を歩きながら、気になる惣菜を見つけては、パンに挟んでみました。
果たして、何を挟んだのが一番美味しかったのか?
是非ご覧ください。

  • mixiチェック

「読めない地名」

投稿日:2015年05月16日 01:20

東京の東の端にある、葛飾区。
映画「男はつらいよ」の舞台の柴又帝釈天や、漫画「こち亀」の亀有のある区です。
葛飾区・・・・・読めますか?
「かつしかく」です。
難しいですよね。
江戸時代の浮世絵師“葛飾北斎”を教科書で習ったので、熊の助は、何とか読めたような気がします。

東京に来たばかりの頃、読めない地名がたくさんありました。
大学が都心から離れたところだったので、山手線の駅でさえ、ずーっと、あやふやな感じでした。
日暮里・・・・・“ひぐれざと”と読んでしまって、恥ずかしい思いをしたのを思い出します。
御徒町・・・・・“おんとまち”と読みそうになって、間違っていそうなので声に出しませんでした。
正解は、「にっぽり」「おかちまち」ですよね。
「ああ、この漢字で、聞いたことのある「にっぽり」なんだ」
「アメ横のある「おかちまち」ってこんな漢字で書くんだ」
1つ1つ覚えていって、東京で30年。
有名どころの地名は、大体読めるようになったと思います。

ただ、地名を侮ってはいけません。
ニュースに出てくる場合は、必ず、確認をとります。
○○町を、「○○まち」と読むのか「○○ちょう」と読むのかは、必ず調べます。
語呂がいいからとか、何となくとかで読むのは、間違えの素です。

濁音か清音かも気にしておかないといけません。
よく間違えるのは、茨城県とか、大阪の茨木市。
「いばらぎ」と濁りたくなりますが、どちらも「いばらき」と濁らないのが正解です。
三重県の松坂市も、「まつさか」と濁りません。
東京で言えば、白金。
シロガネーゼなんて言いますが、地名は「しろかね」と濁らないのです。

また、日本には、同じ名前の地名もたくさんあります。
場所によって読み方が違ったりすることもあるので、気を付けなければいけません。
例えば、日本橋。
東京は「にほんばし」で、大阪のは「にっぽんばし」なんです。

こんな感じの有名どころは覚えておけますが、どこの地名がニュースになるか分かりません。
覚えきれないし、知らないこともたくさんあるので、落とし穴に落ちないように確認が必要なんです。

なんか、今回は、偉そうにいろいろ書いちゃいましたが・・・・・
そんな読みにくいかも知れない?葛飾区を、「ぷっ」すまが訪れました。
東京なのに、あまり行ったことのない場所に「日帰りアルバム旅行」しちゃいました。
彅スケとゲストの陣内智則さん、ラブリさんが、いろ~んなコトやりました。
まず、前半を、是非見て下さい。

  • mixiチェック

「“イチ”の話」

投稿日:2015年05月09日 01:20

次回は、西内まりやさんをお迎えしての新企画「イマイチ当てまショー!」です。
“イマイチ”というのは、あと一歩、少し足りない、ということではありません。
今一番欲しいモノ、今一番やりたいコト、という意味で“イマイチ”です。
だから、言葉のアクセントもちょっと変わってきますね。
イマイチの“マ”にアクセントを置くのではなく、平板に読んでください。
それは、放送を見て確かめて頂くとして・・・・・
今一番という意味での“イマイチ”は、「ぷっ」すまが言っている短縮語です。
どこまで伝わるのか?浸透するのか?
かなり、不安ではありますねぇ。
ロケは、草彅さんはノリノリで、ユースケさんは大いに癒されたみたいです。
是非、ご覧下さい。

さて、今日はその“イマイチ”の話・・・・・ではなく・・・・・
“イチ(一)”に関して書きたいと思います。
3か月も経ったのに、まだ、“イチ”残っているのです。
どうしても食べられずに、一つだけ置いたままになっています。
それは、チョコレートです。

今年2月のバレンタインデー。
こんな熊の助でも、3つの箱を頂きました。
もちろん、仕事関係の義理チョコです。
甘いモノも大好きな熊の助ですが・・・・・
一気に食べては大変なことになってしまうので、酒の供として、一日に1粒ずつ。
今日はヌガーが入っているの、翌日はイチゴ味の、って、毎日、楽しみに口に運んでいました。
3月の初旬には食べ尽くしてしまう感じでした。
でも、1粒だけ、最後に残ったのです。
なんか、食べるのに忍びないのです。

2015チョコ①
これは・・・・・
週末のニュースを担当しているので、報道のADの女の子たちからもらいました。
4粒には簡単に手が伸びたんですが、一つだけ残ってしまいました。
いや、これだけ残したんでしょうね。
熊の形をした、ホワイトチョコレート。
2015チョコ②
食べようと思えば、いつでも食べられるんですが、結局3か月。
ここまで、来てしまいました。
そうなると・・・・・果たして、どんな時に、食べることになるのかなぁ?

  • mixiチェック

「教えられる。教える。」

投稿日:2015年05月02日 01:20

アンジュルムを迎えた「アイドルダンス部」は、後半に入ります。
これまでのダンス部は1回での放送でしたが、今回は、なんと前半後半に分けてお送りするんです。
前半では、練習の様子をかなりご覧いただけました。
これまでは、時間の関係もあって、あまり放送できなかった練習の様子ですが・・・・・
1つ1つの動作を、手取り足取り教えてもらっている感じ、
まずはカウントに合わせて、次に音楽に合わせて、徹底的にやっている感じ、
少しは伝わったかな。
それぞれ、その人の特徴に合わせて、ハードに練習しているんです。

習ったり、覚えたりするのって、本当に大変ですよね。
できないことを、できるようにするには、努力をしなくてはいけません。
―まず、先生の教えがある程度理解すること
―頭では理解できているつもりでも、体がその通り動かない
―体が動いているつもりでも、全然違っている
―そんな違いに気づかない
―違いは分かったけど、どう直せばいいのか分からない
このような困難を繰り返して、それを乗り越えて、何とか形になって行くのかな?

でも、やってもやっても全然できないと・・・・・落ち込んでいきます。
そうなった時に、何とか打開策を見つけて続けていけるのか、先に行けるのかが上達のポイントです。
じゃあ、打開策をどう見つけるのか?
―いろいろ工夫して、自分で探し出す
―先生から的確なアドバイスを受ける
―先生に根気よく1つ1つ指導してもらう
このあたりが、教えられる方の人柄だったり、先生との相性だったりで、変わってきませんか?
褒められて伸びる人、叱られて反抗心で成長する人、いろんなタイプがいます。
そして、教える方も、その人の特徴を見極めて指導法を変えてくれるような先生ばかりではありません。
その先生の指導法に合わせることも、時に、必要になるわけです。

今回、劇団ひとりさんは「褒められて伸びるタイプだから、そのつもりで教えて!」って言ってました。
自分も、どちらかというと、そちらのタイプかな。
叱られてばかりだと、「もういいや!」って投げ出しそうな気がします。
でも、褒められるばかりでいいのか?
褒められ過ぎも、「本当かな?」って懐疑的に思っちゃいます。
「もっと、もっと、細かく的確にアドバイスをして欲しい。」
先生に対して、いろいろと求めてしまう所がある気がします。
生徒としては、一番嫌なタイプなのかもしれません。
じゃあ、教える側の先生としては・・・・・
どうなのかな?
テレビ朝日アナウンス部では、いよいよ新人の研修が始まります。時々、講師として教える予定です。

  • mixiチェック

フォトギャラリー

フォトギャラリーを詳しく見る≫