2015年4月
« 3月   5月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

月別アーカイブ

  • mixiチェック

「歩こう!」

投稿日:2015年04月25日 01:20

ゴールデンウィークになっちゃいますねぇ。
新年度になって「気持ちを入れかえて頑張ろう!」と続けていることがあります。
ウォーキングです。
これまでも、できる日は1時間歩るこうとはしていたのですが・・・・・
この半年、めっきり回数が減ってしまっていました。
―雨が降りそうだから中止
―寒いからナシ
―ちょっと疲れているから止めておこう
―なんか歩く気がしないので歩かない
こんな感じで、平均週2回を下回ってしまっていました。

かつて、本当に頑張っている時は、週4、5回歩いていました。
雨が降りそうな時は、カッパを着込みました。
寒いときには、着込んで、マフラーを巻き、帽子を被りました。
疲れているとか、気持ちが乗らないとかいうのは、言い訳だと思っていました。
それが、いつの間にか・・・・・
「歩くの、まあ、いいかぁ」になってしまっていたのです。

その為に、お腹周りの肥大化が止まらなくなりました。
歩かないのに、食べる量、飲む量が変わらないのですから、そらぁ太ります。
元々、お酒を飲むのはやめられないから、歩こうと決めたのです。
それなのに、夜のお酒はそのままにスナック菓子までつまんでいるんですから、ダメに決まってます。
「今日は歩いてないけど・・・・・」
って、思いながら、
「飲んじゃおっ」
って、のほほんと一升瓶から日本酒をコップに注いでいる自分がいました。

そろそろ何とかしないと、取り返しがつかないかも?
「昔のように、最低でも、週4日、1時間歩こう!」と決めて1か月弱。
何とか続けています。
気候もよくなって、汗もかくようになってきましたから、続けたら、少しは体が締まるかな?
汗をかくのって、体から余分なものが出ているようで、やる気アップにも繋がります。
「これだけ汗かいたから、きっと成果が出てるはず」ってね。

さて、次回は、またまた「アイドルダンス部」です。
彅スケと劇団ひとりさん、ロバート秋山さんの4人で、ハロプロ、アンジュルムを完コピします。
もちろん、ユースケさんはノリノリです。汗だくになって練習してました。
スタジオは空調が効いているのに、ゲストのお2人も、かなり汗をかいていました。
そんな中、さすがは草彅さん、ほとんど汗もかかずに練習を終了。
果たして、何度目の挑戦で、完全コピーができるのか?
是非見て下さい。

  • mixiチェック

「“寒さ”いろいろ」

投稿日:2015年04月18日 01:20

東京では、もう、すっかり桜の花は散ってしまいましたが・・・・・
桜の花が咲く頃って、気温が安定しなくて、着るモノに困りませんでしたか?
日によって、真冬だったり初夏を思わせたり、羽織ったり脱いだりするだけでは追いつかない。
薄手のコートで出かけたら、ウールのオーバーが必要なくらい寒い。
綿のシャツで大丈夫かと思っていたら、それでも暑い。でも、脱ぐとTシャツ1枚になり少し寒い。
朝の天気予報でも指摘はしてくれるんですが・・・・・
「このくらいで大丈夫だろう」と出掛けてしまうと、夜、困ったりしました。

さて、ここからは、「ぷっ」すまで着る服の話です。
「ぷっ」すまは生放送ではなく収録ですから、少しだけ季節を先取りしなくてはいけないのです。
4月放送分は、早いと3月には収録しています。
1か月以上、季節がずれることもたびたびです。
スタジオや室内でのロケは、大きな問題はありません。
屋外に出なくてはいけない時に、どうするのか。
先取りですから・・・・・
春は、暖かくなればちょうどよくなりますが、寒くなるとダメなんです。
逆に、秋は、寒くなるといいんですが、暖かくなると、汗かきまくりのこともあります。
どんな服を用意するか、ロケ前日はかなり悩みます。

次回放送の「ウチの家族いいでしょグランプリ」のロケは、そんな春の微妙な時期に行われました。
暖かい日が続いて、このまま春になるかと思いきや、急に、真冬のような寒さになってしまいました。
こういうのを、“寒の戻り”って言うようです。
辞書には「寒が明けて、暖かくなった晩春の頃、一時的に異常に寒くなる現象のこと」とあります。
だから、寒の戻りは春にしか使わない言葉なんですね。

もう、桜の開花が発表されていましたから“花冷え”って言ってもいいはずです。
辞書には「桜が咲くころの、一時的な冷え込み」ってありますから、この言葉でも大丈夫です。
ちなみに、花冷えは春の季語でもあるそうです。

「ウチの家族いいでしょグランプリ」のロケは、お宅にお邪魔するんで、基本、室内でした。
ただ、訪問した時の玄関先は外。そして、お宅からお店への移動も外でした。
どちらも、時間にして数分のことなので、「何とか乗り切れる」と思っていました。
ところが・・・・・寒いんです。風が冷たいんです。
絶対に、もう一枚必要でした。服選び失敗。

本当に“肌寒い”って感じでした。
肌寒いっていう言葉・・・・・昔、何かアドバイスされたような・・・・・
気になって辞書で調べると、「肌に寒さを感じるさま」とあります。
ただ、他の辞書には「秋になって肌に寒さを感じるさま」。
春にはつかっちゃいけないの?さらに調べてみると・・・・・
俳句の秋の季語に「肌寒」という言葉があり、「秋が来て肌に空気を冷たく感じること」を言うそうで、
だから、
「晩夏から秋にかけての表現として使うのが伝統的な使い方であって、
春先に“肌寒い”というのは、抵抗感をもつ人もいる。」
と解説がありました。
春につかっても間違いではないみたいですけど、秋の方がピッタリくるようです。
日本の“寒い”は、いろいろ趣がありますねぇ。

  • mixiチェック

「一人でできるもん!」

投稿日:2015年04月11日 01:20

食事でも、飲みでも、旅行でも、一人でできます。
大人ですから、できるのは当たり前ですよね。
いやいや・・・・・
そんな、物理的にできるということではなくて、精神的に一人でも大丈夫かっていう話です。
もちろん、寂しく感じることもありますが・・・・・
人と予定を合わせるのって案外難しいんですよね。
「一緒に行ってくれる人がいないからやめる」だと、どこにも行けなくなっちゃうんです。
だから、なんでも、一人でするようになりました。

飲みに関しては、この日記でも書いてますが、バーなんかにはよく一人で行きます。
もちろん、店の雰囲気とか、来ているお客さんの感じで、一人では無理かなっていう時もあります。
逆に・・・・・一人で行ける店を探して、そこに通ってるってことです。
食事に関しても、店によりますよね。
カウンターがあれば問題なしです。
周りが複数人ばかりで、ポツンと一人だけになってしまうような店の構造だと、ダメです。
原っぱの中でひっそり佇むお地蔵さん的なのは、寂しすぎます。

旅行は、もう、ほとんど一人かな。
昔は、友人と予定を突き合わせて、何とか頑張っていましたが・・・・・
特に、海外旅行は、行きたい時に、行きたい場所へ、の方が気楽なんですよね。
現地に着いてからも、どこへ行く、何を食べる、のを自分のペースでできるので、ストレスもなしです。
もちろん、寂しく感じることもありますが・・・・・
どちらを選ぶと言ったら、今は、一人かな。

3月の初旬にちょっと休みがあったので、一泊で長野県の諏訪湖の温泉に入りに行きました。
思い立って、一瞬「誰か誘おうかなぁ~」って思いましたが・・・・・
連絡する前の段階で、勝手に「どうせ、仕事だろうな」「誘ったら迷惑かも」と決めつけてしまいます。
インターネットで一人でも泊まれる宿を探して、予約して、時刻表を確認して、準備OK。
片倉館
これは、宿の近くの、片倉館千人風呂の写真です。
昭和のロマン漂う、趣のあるお風呂でした。
湯船は深めで、立って浸かる感じで、底には丸石が敷き詰められていて、足裏が心地良かったです。
翌日は、現地の案内所をフル活用して観光もしました。
これを「寂しいねぇ」って思う人もいるでしょうが・・・・・
案外、平気ですよ。
まあ、帰ってきて、思い出話を共有できる人がいないのは、ちょっとだけ残念な感じではありますが。

さて、次回は、高橋真麻さんプレゼンツ「オレ街観光大使」の番外編です。
なんでも一人でできてしまう真麻さんの、おすすめスポットを巡ります。
真麻さんは女性ですから、男性とは違うと思いますが・・・・・
ちょっと似てる所があるかも?って思ってしまいました。

  • mixiチェック

「脳の中は・・・・・」

投稿日:2015年04月04日 01:20

占いのたぐいっていうのは、本当にいろいろありますよね。
古くから続いているのは、血液型とか、星座とか。
ちなみに、私は、A型のおとめ座です。
ただ、おとめ座は一般的な12星座で言えばであって、13星座とかもあるんですよね。
その場合は・・・・・何座なのか知りません。

神社でよく見る、何年生まれの人はいつが厄年ですって書いてある看板。
その下の方に、必ずと言っていい程、数字と色と星を組み合わせた四文字が書いてあります。
ちなみに、昭和38年生まれの私は、一白水星です。
これも、占いに関係しているようです。
「二黒土星に人は今年は○○に注意!」
「七赤金星の人は今月は○○しないように!」
っていうのを、雑誌などでも見かけます。
九星気学で用いられるもののようなのですが、よくは理解していません。

動物占いっていうのも、一時期、流行ったような。
確か、私は“チーター”だったような覚えがあります。
しかし、具体的には、どんな性格でどんな人間性なのかまでは、よく覚えていません。

占いとは、ちょっと違うかもしれませんが・・・・・
「脳内メーカー」っていう、性格診断的なものも、一時期、流行りました。
名前を打ち込むと、その人の頭の中がどうなっているのか、漢字で表してくれるヤツです。
「金」でいっぱいの人や、「遊」で満たされている人。
色んな漢字が散らばっている人も見たことがあります。
ちなみに、大熊英司で入力すると・・・・・
脳の中心は「悲」で、その周りに「友」。さらに、それを「金」と「欲」が取り囲んでいます。
友達の少ない守銭奴のような感じですかね。
ちょっと違う気もしますが・・・・・出てしまったものは仕方がありません。
詳しくは、次回の「ぷっ」すまの放送で出てくる・・・・・と思います。
「上戸彩・三択王」の企画の一つとして、自分たちでやってみました。
自分の脳の中を、脳内メーカーのように漢字で書いてみようという企画です。
その書き方の例として、スタッフが大熊英司で入力した結果を、皆さんにお見せしたのです。
その上で、上戸彩さんと、2人のダミーが、自分の頭の中を分析して、自分で漢字を書きました。
どれが、上戸さんの脳の中なのかを当てていきます。
簡単にわかっちゃいそうですね。

ちょっと懐かしくて、面白かったので・・・・・
脳内メーカーのサイトを探して、今度は「熊の助」で入力してみました。
その結果です。
脳内メーカー「熊の助」
(書き写したものですので、色使いなどは違います)
ほとんど「悪」だけって・・・・・そんなぁ~。

  • mixiチェック

フォトギャラリー

フォトギャラリーを詳しく見る≫